今日も庭木剪定作業でした。

今日は1人で作業でしたので、マイペースでいいのに 次第に忙しくなり・・・

どうやら 私のマイペースは 次々にやる事を見つけて、自分で忙しくしてしまうのかも知れません?


作業前



作業後



芝生も伸びていたのと、草もはえていたので、ついでに 綺麗にしました。

作業前



作業後



それから・・・低木も刈り込み時期になるので 丸く刈り込みました。

作業前



作業後



と・・・ここまでは 当初の予定通りの作業内容なんですが、この他にも 6メートルぐらいらある チャボヒバ もやっとこう! 少し込み入った箇所の植木はつまんどこう! など 

ここのお庭は年間を通して ほぼ毎月 管理させていただいているので、一度に剪定する植木も決めていて、順序よく 剪定し、今の時期は 剪定前に芝刈り&草刈りを毎月おこなっています。

有り難いことに、お客様にも信頼され、庭の事は全て私が任されているので それこそマイペースでやればいいのに、性格なんでしょうね。。



台風 凄かったですね。

佐野園芸でも台風がくる前に温室を閉めたり、外の植木が倒れないようにヒモで縛ったりと 台風に備えました。

お陰様でなんの被害もなく済み ホッとしています。

台風が行った後は 一気に蒸し暑くなりましたね。

そんな中 庭の剪定作業をしてきました。

半日ぐらいで終わるだろう?と 計画をたてて、午後は 違うお客様の花壇の植え替えに行こうと考えていましたが・・・

午前中だけではとても 終わらず 汗

お客様にも 「午前中で終わる予定です」なんて 言ってしまった為 午後には出掛ける用事がある お客様に 「すみません・・・午前中では終わらないんですが?」と話をしたところ、「14時半すぎに 出掛けるから、まだ平気よ」との回答。

頑張れば どうにか 終わるかな? と思い「分かりました その時間までには終わらします」と返事をして、昼休み休憩も 速攻で終了させ、、、

どうにか、14時半 ギリギリに終わらす事ができました。 

汗だくですけど・・・!!

まあ しょうがない。

剪定前



剪定後



剪定前 別の位置



剪定後 別の位置



画像 以外にも 刈り込み箇所がまだあります。

今日のお客様は 昨年 ホームページを見て連絡をいただき、昨年は垣根だけを刈り込みしてほしいとの事で作業させて頂きましたが、今年からは全ての植木を剪定して欲しいと 有り難いお言葉をいただき 作業させていただきました。

以前までは お客様のご主人がご自分で 刈り込みをしていた為 植木の枝が密集してしまい、虫が発生して どうしょうもなくなり やはりプロに任せよう となったみたいです。

剪定前は自然樹型を楽しむ ヒメシャラの木も丸く刈り込みをしていて、可哀想だったんですが・・・私が手を入れ 自然樹型になるように剪定しました。
とは言え、すぐには 良くならないので、何回かの剪定で徐々に樹型を整えたいと思います。


透かし剪定をすれば・・・
風通しがよくなり 万遍なく光が当たれば樹木は生き生きしてきますし、病気予防にもなります。

そして、お客様にも大変満足していただき 無事 剪定作業を終了しました。

慌ただしく作業した為 疲れましたが、明日は雨の予報なので、午後に予定していた花壇植え替えに向かい こっちも無事終了することができました。


焦って行動すると あまり良くないですが、事が上手く進んだ時は気分がスッキリします。

梅雨に入る前に 大きな庭の剪定を終わらす事ができて良かったです。

ここのお宅はお庭が広すぎて、お客様のご要望通りに剪定してくれる植木屋さんが見つからず何回か植木屋さんを変えているお宅なんですが・・・

ご縁があり佐野園芸が依頼を受けてから二年目になります。

今のとこはご満足いただけてるみたいで、庭剪定 以外にも 植木の移植や植えかえ等の相談を受けています。

剪定前



剪定後



剪定前 別角度



剪定後 別角度



画像の範囲は一部分だけで、まだ大きな植木が沢山あります。

以前 剪定管理作業していた、造園屋さんは 6人で作業し、3日間で終わらしていたみいですが、

私達は3人で作業の2日間で終わらしています。

それは・・・一度に全ての植木に手を入れる訳ではなく、これから花が咲く花木は秋に剪定を行い、害虫に害されいる植木はよく検討しています。

少人数でも1人1人が効率よく動けば仕事の能率はかなりのものです。

そして、植木はどんな種類でも、とりあえず 剪定すればいい訳ではないと思います。

お客様にも 朝早くかり作業に入り、休憩もそこそこに、一生懸命やっているのが伝わり、「良くやってるね」と お褒めのお言葉をいただいています。
 
とは言え、基本的には何日もかけて、のんびり 作業するより、短い時間で集中して作業するほうが好きな佐野園芸です。

勿論 時間をかけなければ無理な作業は時間をかけて行います。

植木の管理、剪定作業もお客様の要望を聞き、臨機応変に対応するように心がけています。


しかし、肉体的には疲れます。


昨年は真夏日に作業して、辛い思いをしたので、今年は早めに作業計画をたてといて正解でした。



最近日差しが強いですね。

外仕事は日焼けし過ぎに注意。

昨年から庭管理を任せていただいているお客様の所に剪定作業に行ってきました。

剪定前



剪定後



別角度・剪定前



別角度・剪定後



剪定後





低木のサツキ以外は刈り込まないで、鋏で樹型を整えます。キンモクセイも秋には花を咲かせる為 強く刈り込みはしないで強く伸びている枝だけを抜きます。

その他 草取り・芝刈り・追肥など 気づいた所も作業しておきました。


2人で午前中で終了です。

お客様にも 「綺麗になったわ」と喜ばれ一安心です。


その後は、お客様のお庭に去年の秋に植えた 「アオダモ」がうまく根付かず、佐野園芸で植えたので無料にて 植えかえです。

原因不明?枯れてしまった アオダモ



植えかえ後



今度こそ 根付いてくれる事を祈ります。
枯れないように、色々考えて植えるんですが・・・生きている植物ですので、たまに 原因不明で枯れてしまうことがあるんです。

こうゆう事があるので植木屋さんに植えてもらったほうが安心ですね。


これから 植木剪定の仕事が忙しくなる時期に入りました。

体調管理と天候が気になる毎日です。



 今年も徐々に 庭の剪定時期になりました。

今回は比較的 大きな庭の剪定作業です。樹木によっては剪定時期ではない樹木も含まれますが・・・ お客様との打ち合わせで 一回で全ての樹木を剪定して欲しいとの事ですので、これから 花が咲く花木も 剪定してしまいます。

本当は 花木は 花が咲き終わってから 剪定するほうが良いのですが・・・仕方ありません。

剪定前



剪定後




『シャラ』 が列稙してある所なんですが・・・ 今年は 虫が ついていませんでした。

去年はすごく チャドクガ がついていたのですが、今年の天候は比較的 湿度が低く蒸し暑い暑さではないので チャドクガの発生が遅れているのでしょうか?

『シャラ』は 別名 ナツツバキ。名前の通り 夏に 白い花をつけます。今は 花芽をもっていますので 本来なら剪定はさけたほうがいいのですが・・・多少 花芽を残して剪定します。

剪定前



剪定後




そして ここの お庭の メイン部分 茶室の前にある お庭です。

剪定前



『サルスベリ』 剪定後



『サルスベリ』 も 夏に 綺麗な花を咲かせますが・・・他の樹木と一緒に剪定してしまいます。
すこし 残念ですが、多少は花芽を残してあるので まったく咲かないことはないと思います。

この 『サルスベリ』 の凄いのは 幹の太さです。 これだけ 成長した 『サルスベリ』 は他で見たことがありません。 これだけ 成長しているって事は 結構老木なので 枝を伐りすぎると 新芽を芽吹くのに 負担になり 枯れてしまう可能性があるので 枝葉は残し気味で、来年の剪定も考えて枝を伐ります。

樹木の剪定 全般にいえる事ですが、
うまい人の剪定は 綺麗に整えて剪定してあることも 見た目では大事ですが、
一番は その樹木の状態(老木なのか?若木なのか?病気にかかってないか?など)を把握して 伐ることを考えいるかです。

枝の太さにたいして何芽 残して、残す芽の芽吹く方向はどっちを向いているか、その新芽が成長した時にどういう 樹形になるか、剪定後 数ヶ月で 暴れない(枝葉が無造作に生い茂ってしまう事)伐りかたをするかなど・・・ 色々 考える事があります。

私もまだまだですが、毎回 一枝一枝 考えながら剪定しています。
職人であるからには 完璧はないですが、 いつかは それなりに剪定できるようになりたいと思います。 

しかし 毎回 疲れます。

樹木の剪定は奥が深いです。 だから 面白い。

話しは戻りますが・・・ ここの庭の『サルスベリ』 を含めた他の樹木や 石が 非常に大きい物なに対して 茶室自体は そんなに 古い建物ではないのと、庭が茶室と自宅に囲われた場所にあるので、 茶室を建てる前に 先に庭を造ってから 茶室を建てたのだと思われます。

現在の持ち主が 建てた茶室ではないと聞いていますので、この 茶室を含め お庭を 建てた 施主の方は 相当 庭好きだっと思います。



私も これだけの お庭を 管理させていただくのは 有難いことです。




 本日は 『ヒノキ』 『エノキ』 の伐採作業でした。 

予定では午前中いっぱいかかると思っていましたが、2時間たらずで終了でき、お客様にも 『あっという間だね』 と お褒めの言葉をいただきました。

作業前
『ヒノキ』 のみを 根本から伐採です。他の樹木は残します。 



作業後 



作業前 『ヒノキ』 根本付近



作業後 根本付近



作業中 『ヒノキ』



ハシゴを使い 細かい枝を下し その後 木に登り 上から順に 伐っていきます。



続いて 『エノキ』 を 伐採します。『エノキ』は『ケヤキ』と樹形が良く似ている為 ケヤキと間違えやすいですが・・・ ケヤキとは 葉の形と樹皮が違います。

作業前



作業後



作業前 根本付近



フェンスと壁の際から生えている為 お客様と相談して根本から伐採しなくても良いとの事でしたので フェンスの高さまでで 幹の下は残します。



作業中



木に登り 徐々に枝を伐っていきます。お隣さんの敷地に枝葉が落ちないように注意しながら作業します。



ここの お宅のすぐ裏側が 保育園の校庭 だったので 保育園の人に お声掛けをして 園児達に ケガがないように作業しました。

私としても お隣さんや 保育園に 葉を一枚も落とさず 作業できる自信がありましたので、作業前に 『なるべく葉を一枚も落とさずにやります』 と お話ししておきました。

最初は 不安そうに 下から見ていましたが・・・ 手際の良さから? 『へ〜 !!あーやって伐るんだ』 と 会話が聞こえてきたので 私としても まだ作業中でしたが・・・信頼されたみたいで安心しました。



葉のついた枝はノコギリで 手で持てる重さを見極め伐り、幹の部分は 上から順に ここも手で持てる重さを見極めながら 今度はチェーンソーで伐りながら下りてきます。

作業前



作業後



周りを住宅等で囲われている場所で 樹木を伐採するのは 樹木を安易に倒せないので 結構 気を使います。

でも 私は こういった 作業は好きです。  

  




以前 お客様の庭の撤去作業した時にでた、コンクリート棒です。



捨てるのは勿体ないので、自宅庭の北側に敷いてみることにしました。

個数が微妙に足りなかったので、現場あわせでアレンジしてみました。



砂利は廃材として捨てられたリサイクルレンガの砂利です。

ただ砂利だけ敷くよりは多少いいかと・・・?






 風が強かったですが、非常に天気が良い日でしたね〜 

そんな中 ほとんど 伐採?ってほど 庭木を手入れしてきました。

何年も手が入っていない為 荒れ放題の庭を 『スッキリ』 させてきました

作業前 ↓



作業後 ↓



画像の ↑ 『黒松』 は お客様のご要望で 半分にバッサリ伐りました。

別角度 作業前 ↓



作業後 ↓



作業風景・・・まずは メインの 『黒松』 を 半分に伐採すべく チェーンソーを 腰にぶら下げ 不要な枝を ノコギリ で伐りながら 木に登る為の足場は確保し てっぺんまで 登って行きます。








てっぺんは ロープを結び 安全な所に落とします。



作業後 ↓



葉をチラホラ 残したので 枯れはしないと思いますが・・・  可哀想な伐り方をしました。

今回は それ程 大きい樹木ではなかったですが、風が強かった為 油断は禁物でした。



私は高い所は好きで怖くないんですが、油断すると ケガに繫がるので 毎回 気を引き締めて木に登るようにしています。

その為 木に登っていて ケガをする事はないのですが・・・

ケガをする時は 意外と どうでもいい所で ケガをするものです。

今回は 今登っている 松の隣に生えている 『ゆずの木』 を剪定した時に 下に落ちた枝葉のトゲが足の裏に刺さりました。






 今回は 自宅の庭施工ではなく お客様のお庭を施工しました。

とてもオシャレなお家で 庭もお家に合わせて提案させていただきました。

施工前 ↓



施工後 ↓



施工中 ↓ 最初は花壇の所から施工します。 道路脇などで使われている 地先ブロックを使い土留めにします。




そしてオリーブの花壇 の完成です ↓



次に飛び石のかわりに コンクリート平板を 均一に並べます ↓



奥には カシワバアジサイを 植栽 ↓



玄関横の メイン箇所 施工前 ↓



『カツラ』 の 株立ちを 植栽しました。 ↓



お客様とも 色々 悩みましたが、最初に決めていた 『カツラ』 に最終的には決まりました。

シンプルに 一本だけ 植栽するのはいいですね。 家との 相性もいい感じです。

私もカツラの木は好きです。 もし この 『カツラ』 を植栽しない場合は私の自宅に植えようと思っていました。



ここのお宅は外壁が ほぼ 真っ白でしたので、お庭の ハード面も 白で統一したほうが 合うのではないかと思いました。

お客様からのご要望でも 飛び石がわりに コンクリート平板を 並べて欲しいとの事でしたので・・・


色々な色を組み合わせると デザインが逆に難しくなってしまうのと 年齢と共に『飽きてくる』と思いましたので、土留めのブロックも コンクリートの白色にしました。

植栽も お客様との意見も一致していまして、植物の生長を考え なるべく 少ない 植栽ということで決定しました。

花壇にも 色々な品種の 『オリーブ』 だけ を植栽し、(違う品種のオリーブを植える事により 実がつきやすくなる為) いずれ 大きくなった時に 窓の目隠しになることを 考え 植栽しました。

今回の庭はシンプルだけど 実用性があり 無駄がない とてもいい お庭だと思います。
お客様のセンスも良く 家との相性もバッチリだと思います。

私も 自分の自宅庭の 施工にかかりたい所です・・・






 本日は高さ約10メートル位の樹木を約10本 剪定しました。

昨日の天気のように暑くなくて助かりました。

剪定前 ↓



剪定後 ↓



剪定前 ↓



剪定後 ↓



午前中で 私一人で7本剪定しました。

お客様にも 『スルスル木に登りますね!!』 と 私にとっては 褒め言葉をいただきました。

ここの樹木は 植栽してから20年位経ちますが、今回 高木の剪定に入るのは初めてです。

去年の台風で他の10メートル位の樹木が倒木した為、どうしたらいいか?と相談を受けた際に、対策として 倒木しなかった他の高木を守ること。また樹幹は保ちたいとの事でしたので、透かし剪定をして風通しを良くして 風が通ることにより樹木の健康管理にもなる事を提案していました。

そんな事があり 今日 高木剪定の作業に入りました。

新芽が芽吹き出してはいましたが・・・ 葉が生い茂る前で良かったです。葉が生い茂るとゴミの量が1.5倍に膨れあがりますから・・・。


冬を越して、ようやく 植木屋らしい 仕事が増えてきました。

やっぱり 植木剪定は 楽しいです。