今日は 車両系建設機械(解体用)の操作資格を取りに行ってきました。

興味がない方には 何の資格?? だと思いますので、簡単に説明いたします。

まず 車両系建設機械 操作資格とは・・・ 主に 下の画像のような重機を操作し 穴を掘ったり 整地したり トラックに土等を積み込んだりする時に必要な資格です。

総称は 『車両系建設機械(整地・運搬・積込・堀削)』 になります。

一般道路を走行する時は また 別の 『大型特殊免許』 が必要になります。





そして・・・ 車両系建設機械の操作資格の中でも (解体用) と 言って 主に コンクリートやアスファルト道路などを 壊す時に必要な ブレーカー を 操作する時に必要な資格です。

少し分かりづらいかもしれませんが、下の画像がその ブレーカー を 装備した 車両系建設機械です。



通常はこちらを 装備しています。↓



午前中に学科授業があり 昼近くに 学科試験があり 60点以上で合格です。
学科授業を寝ないで聞いていれば ほぼ 100% 合格できます。



午後に一度だけ練習をして すぐに 技能試験です。

言い忘れましたが、この資格は車両系建設機械(整地・運搬・積込・掘削)の資格を持っていないと、申し込む事が出来ない資格です。

よって 仕事等で 日頃から 操作している人を前提にして 試験を行いますので、詳しい操作説明等はありません。いきなり 試験です。


私も日頃 操作しているので、楽勝 と思って臨んだんですが・・・

 
これも少しマニアックになりますが、車両系の操作方法は 2種類 通称 『コマツパターン』 と 『JISパターン』がありまして、以前はほぼ全て コマツパターンでしたが、操作方法が 異なると 操作しづらいので 統一しよう と 言う事になったそうです。

今 資格を習得しよとすると、試験は 『JISパターン』 が共通になっていて、 私が車両系の資格を習得した10年近く前までは どっちの操作方法か、試験や練習の時に選べたのですが、今回は全て『JISパター』)という事で 頭で考えて操作するより 体が勝手にコマツパターンで動くようになっていたので 非常に操作しづらく 頭で考えながらで ギクシャクして 合格はしましたが、ヒヤヒヤ しました。

因みにリース会社で建設機械を借りる場合は何も言わないと『コマツパターン』になります。
大体の建設機械は簡単なスイッチで 2種類の操作方法を切り替える事が出来ます。

これで ほぼ 建設系の資格は取得したので 教習所には行かないと思いますが、最後にヒヤヒヤして 少し疲れました。 

 ここ数日涼しいですね。夜が快適に寝れて嬉しいです。

今年も夏の甲子園が終わりました。

西東京代表の日大三校 おめでとうございます。

私は野球をやっていた訳ではないのですが、一生懸命やってる姿にはどんな競技でも感動します。
最近は特に涙もろくて、高校球児の涙やスタンドで応援している人達の涙でも、泣けてしまいます。

当たり前ですが・・・甲子園で優勝できるのは全国で一校だけ。 他は全て負けて終わります。

どんな競技でもそうですが、勝って学ぶ事より負けて学ぶ事のほうがはるかに大事だと思います。

それに 野球やその他の競技でも共通して言える事ですがスタートラインに立つまでや競技開始までに どれだけ言い訳できないように練習に取り組んできたか。

自分で自分に頑張ったというのは、決して自分が自分に言う言葉ではなく 他人の評価だと思います。

昔 マラソンの有森裕子さんが 『はじめて自分で自分を誉めてあげたいと思います』とメダルを取った時に名言を残してから、『自分自ら頑張った』みたいな発言が認められるようになった気がします。でも有森裕子さんは 自他共に認める努力を重ね、世界でメダルを取ったから 素直に聞けた言葉であって 一般の人が言っても ただの甘えや冗談にすぎないと思います。

と 話がそれましたが・・・ 

競技開始までに自分で言い逃れをつくらず 競技に臨めたか?によって、勝っても負けても、いい経験になるし、自然に涙がこぼれる姿に見ている人も感動できます。伝わるものがあると思います。

甲子園という テレビ放映されてる 花形な部分だけではなく 地区予選の一回戦で負けてしまった高校でも 一つも言い逃れや言い訳を言えない状態で試合に臨んで負けた高校は 甲子園の決勝戦で負けた高校と変わらないと思います。

世の中はどんなに努力しても勝てない事や叶わない事がある 事を学ぶ事が大事ですね。

何事もそうですが、言い訳がでるような負け方は悔いが残ります。

私の経験上の事なので 偏見もありますが ご了承ください。

 今日は仕事が早く終わったので、数年ぶりに名栗湖の上の有間峠までドライブに行って来ました。



地元の人は車の免許取りたての頃とかに 夜景や星を見に行った事がある人は多いと思います。

夕方でまだ明るかったので星は見えませんでしたが、風景は良く見えました。



右のほうに薄っすら見えるのが 『名栗湖』 『有間ダム』 です。

もう何年も前に林道を見つけにこの辺の山にバイクで来たり、夜景を見にきたりした時とほとんど変わらない風景でした。

前に来た時に、夜くると決まって鹿が出没して 親子でいて道路を封鎖してたり、一度に数頭 見ることも珍しくなかったんですが・・・。


少し前に鹿が 大量に繁殖してしまい 植物の新芽を食べたり、材木として利用する為に伐採した切り株に新しい苗を植えても食べられてしまい、山が荒れて困るとのことで、地元のハンターが駆除すると 地元の新聞に載ってから、あまり見かけないような気がしていました。

道中 『前はよく鹿が出たんだよ』 なんて話をしていたら・・・



まだ日中なのにいました。一頭だけでしたが、久々に野生の鹿を見ました。



かなり警戒していましたが、ここまで近寄っても平気でした。まだ子供ですね。

毎月植木のリースでお伺いするあるお客様は、数々の山をドライブして風景を写真におさめるのが趣味な方なのですが、私も山が好きなので、毎月 お伺いした時には 『この間はどこに行ったよ』 等のお話しをさせて頂いてます。

丁度今月お伺いしたときに、長野県の霧ヶ峰や群馬県の尾瀬にまで鹿が繁殖して多くなりすぎ 植物を食べてしまい 毎年咲くはずの花がごくわずかしか咲いてないので、困ったものだ 等の お話しをお伺いしたばかりでした。 

動物との共存は難しといいますが、確かにそう思います。決して鹿だけが悪い訳ではないのですが、人間が望む自然を維持しようとすると増えすぎた動物は駆除しないと自然環境が守られないとなってしまいますね。

地球上で一番増えすぎた動物は人間なのに。

難しいですね。。

 皆さんはどこかに出掛けましたか??

私 自営業はお盆は関係なく仕事をしています。 お客様の所にリースに出掛けても 休みの雰囲気がただよっていて、私は好きです。
私は休みではないのですが、まわりが休みだと 何か 気持ちが 『マイペース』 でいいかって感じになり、気持ちにゆとりができます。

年に3回 ゴールデンウイーク・お盆・正月 と 私は休みではなくても 好きです。

次は正月かぁ〜

皆 言うことですが、1年は早いですね。

なので・・・ 結婚してから 私は1年・1年、目標を決めて実行するようにしています。

何もしなくても あっという間に1年が過ぎてしまうので 何か 目標を決め それを 達成できるように計画し生活を送るようにしました。

今の所は計画通り進んでいます。 

そして10年後、さらに先の 私が60歳になった時にどういう人間になっていたいかを 大雑把にでも考え一年一年 一月一月を生活するようにしています。

そうしていったら さらに 1年が早く感じられるようになりました。

日々意識して年を重ねるのとそうでないのでは大分 差がつくと思いませんか?
  
 ここ数日 蒸し暑いですね。

今日はこの前 蜂に刺された時の事をお話しします。 

アシナガ蜂に刺されて1日目の右手です。一応 応急処置として、刺されてすぐに毒を吸い出す器具で何回か吸出し、その後 仕事を続行しましたが、終了後はずっとアイシングで冷やしてました。



次の日には もう少し腫れ 指が曲がらない程になりましたが、その後 徐々に腫れも引き治りましたが、治る過程は非常に『かゆい』です。

植木屋という仕事をしていて 蜂と遭遇する機会は多々ありますが、刺されるのは恥ずかしい限りです。前もって 蜂がいないか 確認してから作業しているのですが・・・

蜂の巣がある枝を揺らした時 危険を感じ 攻撃蜂が一直線に向かってくるので、刺されてから気づく事がほとんどです。


スズメ蜂に2回程さされましたが、幸い 『アナフィラキシーショック』 は今のとこないです。
他の蜂でも 発症する可能性があるので 侮れないですが・・・

毎年 一回以上 蜂に刺されますが、スズメ蜂は『ナイフで突かれた位 痛いです。』 応急処置ですぐに 刺された箇所の毒を多少なりとも吸い出さないと、この画像以上に腫れあがり、人にもよりますが、発熱もします。

皆さんも蜂に気を付けてください!!

 7月29日に地元の友達と飲みに行って来ました。



1人は来れなかったんですが保育園の時からの友達で他も小学、中学の時からの友達です。

社会人になるまで、なってからも色々な友達が出来ましたが一番 気の合う友達だと思います。

男だけで10人位いますが、今では ほぼ みんな結婚していて、家族ぐるみでBBQをしたりして、たまに集まっています。

集まると、お互いに言いたい事を言える仲間なので 最近は減りましたが 時には討論になり 白熱してくるとケンカしたりしていました。

ケンカをしても根に持つ事はなく、お互いの性格を理解しているので、その時 感情的になりへんな事を言っても 時間が経てば納得しあえる仲なのでくだらない派閥みたいな事もありません。

子供の頃は学校が終わると、とりあえず 私の家に集まり色々な遊びを考えだして遊んでいました。
大体は山・川 どちらかに行くのですが・・・

山に行けばロープを持ち高い木を見つけ登ったり、学校の校舎の窓から見える高い山の木に、そこに一緒に行った友達だけにしか分からない目印を付け、翌日 学校に行った時『あった!』と 楽しみ。
洞穴を見つけ入ったり、自分達でも洞穴を掘ったり、木の上に基地と称した見張り台みたいな物を造ったり、自分達で考え出したルールのチーム戦の対戦ゲーム[ケガをしない程度の旗の奪い合い]などをしました。

川では イカダを造り川を下ったり、川底が深くて高い岩がある所を見つけ飛び込みをしたり、ただ飛び込むだけでは飽きたらず、回転したり ロープを使い勢いをつけて飛び込んだり、仕掛けで〔ナマズ〕などを捕まえたりして、暗くなるまで 良く遊んだ 仲間です。

その後 中学では 小学校からやっていたサッカーの延長で、みんなではないですが、サッカー部に所属し キツイ練習にも耐え、引退試合の時は泣いている人もいました。

高校は別々になり、その後 色々な道に進みましたが、私が地元に戻ってからはまた一緒に集まり遊ぶ事が多くなりました。

富士山や八ヶ岳 等に登ったり、海に行ったり、キャンプをしたり・・・。

徐々にみんな結婚し子供ができたりして年々集まる回数は少なくなりましたが、今でも年に数回は集まっていて、年末にはここ数年 [餅つき] をするのが恒例になりつつあります。

ブログに一度では掲載しきれないほどネタがあるので大まかに書きましたが・・・

今 思えば 子供の頃に遊んだ経験や感じた事が大人になってこれ程 役に立つとは思いませんでした。
また 子供の頃に見た風景や経験した事をこんなにも生かす事の出来る仕事を選んだ事を誇りに思います。

数年前から、友達の仕事が休みで都合がつく時は同じ環境で育ち、頼みやすいこともあり、仕事が忙しい時など手伝ってもらい非常に助かっています。

よく 持つべきものは 『友』 といいますが、本当ですね。
面と向かって『友達だろ』なんて言いませんが・・・

人生の色々な時に相談でき、妻や家族とはまた違った存在で、とても大事です。

これからも共に人生を歩み、引退後は佐野園芸に引き入れたいぐらいです。
 結婚式を挙げてから3年経ちました。

妻が京都が好きで、式を挙げるなら京都の神社で挙げたいとのことで 京都に下見に行くことになり、当初は〔上賀茂神社〕がいいと言っていたので、見に行きました。



境内には川も流れていて、広々していて、普通の神社とは違った雰囲気でとてもいい感じでした。

所が式となると、上賀茂神社は 人気が高く 大安の土日だと 一日に10組ぐらい 式をするみたいで、この下見に行った日も式をしている所を見れたのですが、流れ作業っぽい感じで 次から次に式をしていました。
どーも 私達が想像していた 式と違ったので、上賀茂神社はやめることにしました。

他にも神前式をやっている神社をいくつかまわったのですが、最終的に〔豊国神社〕にしました。



理由は・・・ 一日 午前と午後で二組のみ、一般の参拝客が入れない奥で式をする等です。



結婚式 当日まで泊まりで5回位 京都に行く事ができ 色々 京都を見学でき 今となってはいい思い出ですが、仕事に関してもいい経験にもなりました。

結婚してまだ3年ですが、毎年 色々な事があり あっという間です。

まだ新婚みたいなもので、長年 結婚生活を送っている方々してみれば、まだ分かってないのかも知れませんが・・・

私なりに結婚について思うことは、結婚は新たな生活のスタート。恋愛中は結婚がゴールのように思いがちですが、結婚してからが始まりかなと・・・
あと 一番大事なのは お互いがお互いを思いやる気持ち・思いやりのある行動だと思います。
一言で言えば 思いやり ですね。

思いやりが なくなってくると 自分勝手な行動や態度等が出てきて 毎日の生活が少しずつ ギクシャクしてくのではないか?相手に対する 愚痴がでてくるのではないか? と思います。

ブログにこのような事を書いて 自分でも忘れなうように言い聞かせている部分がありますが、これからも 思いやりをもって 生活して いきたと思います。
        
 本日は某 埼玉県の市場をお借りして
国家試験・室内園芸装飾技能士1級・2級の実技講習会です。

私は講師として試験に受かる為のコツ等を教えに参加してきました。



室内園芸装飾技能士とは・・・?

分かり易く説明すると、雨のあたらない所 室内等に色々な植物を用いて、小庭を造る資格です。長期的に小庭として飾っておくのではなく、短期的に臨時で小庭を作製する作業です。

例: イベント会場や展示会で植物で季節感を出したりする時に飾り付けをする 又は 室内に主に観葉植物等で庭を造る作業です。

主に園芸関係ですと、フラワー装飾技能士・造園技能士・園芸装飾技能士 等があり 1級・2級・3級に分かれています。


1級の実技課題の途中です。
受験者には前もって仕様書と図面が配られ、図面通りに仕上げていきます。
図面通り! というのが 簡単そうで・・・細かいニュアンスの違いや、仕様書に書かれた通りに作業を進めないと減点になり、時間制限もありますので練習をしてこないと簡単には受からないです。




2級です。
こちらも細かいコツや減点ポイントがいくつかあります。





市場に出荷された花が並んでいました。




台車を連結して運んでいます。



今年は例年になく 涼しく快適でした。過ぎ去った台風の影響でしょうか??

講習会の講師を頼まれてから数年経ちますが、毎年 自分が受験した事を思い出します。

皆さんも 何かしらで経験されてるとおもいますが・・・。
練習していても 試験となると緊張して自分の実力を出し切れないもんですね。
試験はそこを見越して練習しないと安心できません。

今回 講習を受けていただいた方 全員が合格するとよいです。

毎年 受験者数が減ってきて 講習会も受験者がいないと成り立たないので来年はどうなることやら・・・
景気の影響か、知名度・お金になる資格 でないと 受ける人も減るのは仕方ないことです。

園芸装飾技能士も私のブログを通してでも世間の人に知ってもらう事が少しの知名度アップに繋がればいいと思います。
 今週は毎日 各店舗や銀行、役所等に 飾っていただいている観葉植物を交換又は管理しにまわっています。




温室での管理 画像


あまり世間的には知られていない仕事だと思いますが、皆さんが普段の生活で多分 目にしてると思います。

一見すると「あれってリースだったんだ」 と 思うと思います。

あんなの買ってきて置いておけばいいのでは??と思うかもしれません。

それが 観葉植物は意外とすぐに枯れたり傷んだりしてしまう物なんです。そんな所に目を付けた人達が始めた職業です。

世の中には、その時代によって色々な職業があり、新しく出てきたり 無くなったり また 形を変えて存続したりしています。
例えば・・・無くなってしまった職業は 電気が普及して街灯に油をさす職業。電気の冷蔵庫が普及して氷を入れていた冷蔵庫が無くなり、氷屋さんも結構減りました。かき氷屋としてとか、形を変えて存続してる所も多々ありますが・・・江戸時代からだと かなりの職業が無くなったりしてるみたいです。

そして 私の父が脱サラして始めた 観葉植物をレンタルする職業もバブル景気のあおりをうけて20年位前はかなり儲かったみたいです。
今は経費削減でいち早く削減されてしまう所ですが、人それぞれ考え方が違いますので 室内環境で自然な植物があったほうが仕事がはかどるとか、空気の浄化作用とかで完全に消滅することなくやっております。

私も最初はリースからこの園芸という分野に入り、今でも続けています。
でも、お客様の所に ただ交換管理にいってくる だけではなく お客様のタイプによりますが、少しは世間話しなどして 色々な事を勉強させていただいております。

観葉植物のリースは私にとって営業活動の一環だと思っています。お客様の所に行って お話しをさせてもらっていると、直接のお客様以外にも植木屋さんということで 色々な植物の質問を受けますし、庭の仕事も色々頼まれます。もちろん 観葉植物のリースを入れて頂いてる お客様にも色々聞かれたり頼まれたりします。これは 飛び込みで営業するより 断然 いい営業活動になっています。

園芸業界では 「花屋さん=花の事しか知らない」 「造園屋さん=庭木の事しか知らない」 「観葉植物のレンタル屋さん=観葉植物の事しか知らない」
というのが一般的で、実際 仕事で普段から接していないと植物のことは分からないのは良くわかります。

ただ 普通の人は 「造園屋さん・花屋さん・観葉植物レンタル屋さん=植木屋さんであり 花屋さん」でもあります。

私はまだまだ 勉強中ではありますが、全て 質問された事は調べてでも お答えするようにし、分からなければ すぐ 花の販売生産をしている 母や 植木の仕入れをしている 父に 携帯で聞き答えるようにしています。

聞ける人がいる事 事態が恵まれている環境だと思いますが、分かりませんで済んでしまう所もめんどくさがらず 「面倒なこと=売上につながる」 と思ってやっております。

観葉植物も枯れてしまったら 市場から仕入れたほうが効率がいいのですが、あえて市場からはなるべく仕入れを減らし、自分で再生したり、株分けや挿し木等で増やしてやっております。今では 温室にある半分位は自分で増やした植物です。
実際 自分で生産等をしてみると 植物の事が図鑑等で載っていない事 や 色々 学ぶことができ自分の為になります。

私が育て植え替えした観葉植物の一例です。(ドラセナ・ワーネッキー)


効率を求める所は効率を求めますが、そんなに効率を求めなくてもいい所は 自分でやったほうが、その後にいい経験等 プラスになることが多いです。

ペペロニア・チレンドシア・サンセベリア等 



人によっては (職人染みた人は)経験がすべて 資格・勉強が大事など色々 言う人がいますが、私は両方大事だと思います。 経験しないと分からない事は沢山ありますし、経験だけしていても、頭で理解していないのと 見当違いの事をひたすら やっている事もあります。

学校で昔 「勉強も運動もできないと」 なんて言われた事がりありますが、仕事でも 何事でも共通して言えるこどだと 今更ながら思います。

これからも 何事も前向きに考え 好奇心をもって 行動に移していけるように やっていきたいとおもいます。



 本日よりホームページを公開いたします。

興味のある方はご覧ください。

http://www.playgreen.jp/