ノーマルタイヤの溝が減り交換時期になったのを口実に…

「ホイールも変えていい?」

妻を説得しました。

交換前



交換後



ホイールは(MKWー46 GB )

タイヤは(BFグッドリッチ・AT KO2)



デリカD5にとっては定番のホイール&タイヤかもしれません。

私個人的にはインチアップしてもっと太いタイヤを履かせたい所ですが…

良く行く コストコ&IKEAの立体駐車場に入れなくなるので断念です。

まあルーフボックスを外せばいいんですが…



私は今も走り屋系の車が好きなんですが…

家族がいてライフスタイルが変わればゴツいRV車がいいですね。

妻「いやいやワンボックスでしょ!!」

私の趣味半分・家族の事半分で デリカD5 です。

久し振りに経費にならない高額商品を買いました。

また家族でドライブに行くのが楽しみになりました。






小学校に通い始めた息子が居ると 大人にとっては懐かし「春休み」なんてものを意識させられます。

友達だけで何処かに出掛けたり、部活で忙しい時期はまだ少し先なので 親が何処かに連れて行かないと…

「何処にも行かなかった」

と…なる訳でして。

しかし私が子供の頃もそんなに家族で出掛けた記憶がないので、親の趣味や性格また経済力・仕事内容で出掛ける出掛けないは決まると思います。

まあ〜結局はその親によるんですね!!

そして 今は私が親の立場。

仕事が忙しいながらも色々出掛けましたね〜

私の性格です

(イチゴ狩り)


(小川町の滑り台)



(水上高原スキー場)



(東松山・子供自然動物園)





(千葉県・マザー牧場)



(海ほたる)



(千葉県・館山市)



全て別の日に行ったのではなく千葉県内は妻の両親と一緒に行った旅行です。

しかし3週間たらずの春休みで良く出掛けたもんだ!!

そしてシメは「担々麺・杉山」



たまに無性に食べたくなる味。





私は長時間のドライブが気分転換になる性格で、車の運転では疲れません。

妻「ホント助かる性格だよ」

なんて言われてます。

さて!これから忙しくなるのは想像できるけど…

「次の旅行の計画をたてよう」






仕事がこんなに忙しくなるとは予想していなかった数ヶ月前に予約した

「家族スキー」

仕事と同じように大事です。

いくら忙しくても外せませんね。

今回は小学1年の息子をスキー教室に入れてみました。



朝から緊張して何回も高速のパーキングに停車

息子「トイレ…」

妻「また〜」「緊張してんの?」

妻「お父さんと一緒」



スキー教室が始まれば 緊張もほぐれすぐに「楽しい〜」となるのが息子の良い性格。



先生に優しく誉められながら、同年代の子供達と一緒なら上達も人一倍早いですね。

1日終えた息子はリフトに乗り初級コースを1度も転ばずに滑れるまで成長していました。



私が思い描いていた夢の一つ

「息子とスキーを滑る」

第一歩が早くも達成。





無理してでも来た甲斐がありました。

来シーズンは中級コース!!

そして下の娘もスキーの楽しさを…



親のエゴですけど…

5年後には家族皆でスキーを滑る夢の実現が既に始まっています。



仕事にしてもプライベートにしても、数年後の目標を持って計画する事で5割は達成していると思います。

行動に移せば8割!諦めないで続けられれば9割!




それにしても3月後半だというのに、2日間 吹雪でしたね!



スタッドレス外さないで良かった。




イチゴの季節だしテレビでも海外から日本のイチゴは甘くて評判とやっていたので「イチゴ狩り行きたいな〜」なんて話しをしていたので…

この前 秩父市にイチゴ狩りに行きました。



ホームページ等あり宣伝に力を入れている イチゴ農園は午前中で その日に収穫できる赤いイチゴが取り尽くされてしまい 店じまい なんて情報をキャッチしたので 穴場を探して行ってきました。



予想が的中して昼過ぎに着いてもすぐにイチゴ狩りができました。



30分間食べ放題で大人1人1,500円 「高くない?」少し悩むも 「滅多に来ないしいいよ!」と子供を含めて5,300円払い いざ食べ放題!!





本当に「甘〜い」





食べ放題が終わる頃には「1,500円は安いかも!」「イチゴ狩りにハマる人の気持ち分かるわ」

家族で80個位は食べたかな??イチゴでお腹一杯なんて中々経験しないですね

ハマりはしないものの「また来たい気持ちが湧いてきました」





そして 今回 秩父市に来た目的は「三峯神社に厄除けです」



友達からのラインで今年は厄年だと気づかされ「厄除けしとく!!」と妻と2人で厄払いをしました。

三峯神社はデカイ檜・サワラがあり雰囲気がとても好きですね。



まだ雪が残る境内。

子供達は雪を踏みにいきますね



同じ埼玉県でも奥秩父は雰囲気が違いますね

厄払いも 何かあれば「厄年だからだ」なんて後付けしますが…何事もなく過ぎれば気づかない事だと思います。妻は気づかないで厄年が過ぎました。

まあ〜人それぞれの考え方ですが…

厄払いをしときながら「信じていません」

説得力なしですが…






粉砕機(チッパー)を導入して数回しか使っていない内に




こういった機械はメンテナンスを怠るとすぐに不調になるので、カバーを外して 油を指す場所や注意が必要な場所を説明書と見比べながら覚えていきます。



昨年 流行った歌 「西野カナ・トリセツ」私を良く知って下さい!!って内容の歌です。

歌詞は「何それ?」って感じですが…曲がいいですね。

機械はトリセツを良く読んで ある程度 構造を理解してから使う方が断然故障を防ぎます。



このトリセツは分かりやすくていいですね



チェーンソーやユンボなど…整備を豆にする私にとっては 使う事より その後の整備を考えると、なるべく使うのを控えたくなってしまいますが…本来 沢山使うから買った道具。



機械もあまり詳しく知らないほうが 何も考えずに 使えるからいい時もあります。



恋愛は相手の事を詳しく知り過ぎると長続きしないかも知れません。

結婚は詳しく知っておいた方が良いですね。

機械も知っておいた方が長く付き合えるので良いですね。

恋愛・結婚・他人との人間関係は 分からないから面白い!分からないから悩む!

誰もが1番 苦労する事ですね。









この間の家族スキーで
「しばらくは私のフリースキーは封印です」

なんて言ったんですが…



予定してた日にちの2日も早く終わった伐採作業のお陰で「尾瀬岩鞍スキー場」に来ました。



妻にも「半日ならいいよ」と許しを頂き
朝6時に出発して9時から滑りだし11時までの2時間滑ってきました。

2時間でも1人で休みなしで滑り続ければ太ももがパンパンです。



平日は人が少ないので勿論リフト待ちなんて無縁。

私の大好きな「岩鞍のリーゼン」も誰も滑っていません。
ゲレンデを貸し切りにしたみたいで「気持ちいい」



11時にはスキー場を後にして13時半には帰宅。


これならシーズン中は仕事の都合がつけば1人でちょこっと行けるかも!!

滑るだけでなく「ブナの原生林も観察」



ブナに混じり シラカバ&ダケカンバが生えていますね



冬は厳しい雪山ですが…

「夏は涼しくて爽やかな山なんだろうな?」

なんて妄想してみたり…



雪山は一歩間違えば死に繋がる危険な場所。
スキー場という管理された範囲なら自然を多少観察できます。

昔 親父が私に話していた「スキーじゃなくて山を観に行く」

我が子にも伝えていきたい言葉ですね。

私達は地球によって生かされてるだけですから。





地元の仲間達と焼き芋パーティーをしました。

忙しくてもこの時期に焼き芋すると「1年が過ぎるな〜」と実感します。

先ずは 剪定などで出た枝を燃やせるだけ 河原に持ち込み、自家製コンロを作って炭を作ります。

本当の朝飯前に友達を呼び 炭を作るのを手伝って貰いました。

幼なじみの「ヒロシです」



普段はサラリーマンで身体をあまり動かさないので…

「明日は筋肉痛確実だ〜!!」と言いながらも

ノコギリで枝を細かく切ってくれました。





ある程度 炭を作った所で子供達の登場。



少しずつ人数が増えていき…



子供達は崖っぷちが遊び場



やっぱり「いつもギリギリで生きていたい」んですかね〜?(笑)



妻が豚汁を作ってくれた事に皆が「いいね」のボタンを押すと次は…



安納芋の焼き芋です。



アツアツ



ホクホク



やっぱ 冬は焼き芋ですね



数年ぶりに姿を表した幼なじみも 相変わらずのままで 中学生ぐらいの時に河原で焚き火をしながら 食べたソーセージ が懐かしく感じました



忙しい日々の中にも息抜きは重要ですね。






家族で近所の「日和田山」に登ってきました。

3歳の娘もそろそろ歩いて登れるかな?

娘の気分を「登るぞ〜」という気分にのせてからハイキング開始です。



男坂は3歳にとってはちょっと急斜面だったかな?



兄貴は登ったり降りたり「早く〜」とか言いながらも妹を心配して様子を伺っていました。



1番眺めの良い場所でゆっくり昼飯を食べます。



やっぱり 山で食べる温かい カップラーメンは旨い!



登頂目前で余裕な娘



登頂後に転んで一気にご機嫌ななめになり帰りは 私がおんぶして下山しました。



家族でハイキングっていいね〜




私は凄く癒された休日でした。







今日は息子がお世話になっている
先生の個展を見に行ってきました。



先生と一緒に



3歳の娘は入っていきなり

娘「なにこれ〜ぐしゃぐしゃだよ〜」

私「しっー!! 芸術だよ」



確かにぐしゃぐしゃに見えますが…

良く見ると隠し絵がある事に気づきます。

大人の目線で見ると芸術って難しい〜

多分 目で見るより 心で感じるのが芸術作品なのかも知れませんね。









仕事が早く終わった時は…

川に小さいエビを捕まえに行きます。

その前に デカイ蛙を発見!!



「じーっと…」



水槽に魚だけではつまらないので…

「小エビが居たらいいんじゃん」

なんて考えて



小エビやらドジョウやらを捕まえてきました。



我が家の癒し系は進化しています。



何でもそうですが…

水槽の管理って結構 手間がかかりますね!!