今週はようやく終わった枝打ちに続き



タマリュウの植栽です。



私が木登りをしている間に従業員に植栽をしてもらっていた箇所。



今日から私も参加して、今週中には終わらす予定です。





予定していた100ケース(1ケース40入り)も既に植栽し終わり追加で50ケース。



足りるかな??

木登りと比べたら安全で楽勝な作業。

しかし結構(数)植わるね・・・






今日は日曜だけど、明日は雨予報。

前に頼まれていたプランターを設置する作業を済ませました。



お客様と相談して決めたプランターを注文しといたのが届いたので植栽。



子供達も連れてきて、先ずは昼飯





子供達にも手伝ってもらい



一歳半の娘はここが気に入ったみたい



こんな感じかな!



シルバープリペットを真ん中に植えて、回りを土を覆い尽くすようにグランドカバー植物を植栽。



一段落したら



こうなりますよね(笑)



そしてお客様の所に設置





シンプルだけど、バランスは良いかな。



子供達に「今日の任務は終了」を告げて

家に帰り



高い所が好きなのは、私の影響か・・・



不要不急外出禁止の中。

子供達のストレス発散の為に人混みでない外で遊ぶことは不要なことではないと私は思います。

皆さんの協力のもと1日でも早く正常な生活に戻れることを願います。






 

今週はずっと木登り枝打ち

どこにいるでしょうか?



画像のヒノキを1人で枝打ちしています。



子供たちも 散歩ついでに昼飯を持ってきてくれ



平均すると1日8本ぐらいかな。



残り8本ぐらい。

合計100本弱。

ヒノキはもうお腹一杯です(笑)






今週は剪定の合間の1週間

先ずは清瀬市へ



ユンボで抜根から



疲れた身体の休息。

ユンボのオペレーター

日高市に戻り枯れかけている赤松の植え替え



お客様が「一重のヤマブキ」が良いとのことで。



数年後にはかなりのボリュームになっているでしょう。



そして余ったヤマブキを山側に植えに行きます。



先月 大量に植えた 「ミツバツツジ」



薄暗い山の中を華やかに彩り



株が成長した5年後位が楽しみ。


先月は「ミツマタ」が満開



登山者 「こんな所にミツマタが咲いてる!」



山に登る人達は植栽されているとは気づいていない人が多いです

私の思惑通り(笑)

桜が散った後もまだまだ春は花の季節です。






今月は山の剪定。



毎日 山で木に登り剪定しています。



1本1本同じようで微妙に違い、その都度 臨機応変に対応。



大きな失敗は許されない剪定。

小さなミスの内に改善してミスを減らす。

1本1本真剣勝負

なので家に帰るとすぐに眠くなる



命懸けの仕事でも

仕事があるのは有り難い。





playgreenは人混みとは無縁の仕事だけど

妻 「コンビニ行く時はマスクしてね」

私にも緊急事態宣言が出ました。


既にウィルスが身近にいます。




外出自粛中

Netflixで「鬼滅の刃」を見てから、私もはまってしまいました。

そしてネットで大人買い



私は一晩で読み終わり

小学生の息子も夢中で読んでいます。

下の娘達もはまり、絵を書き出しました



夜は寝る支度をしてから家族で「キングダム」

布団に入る前は「オオキ将軍」になった私に息子が戦いを挑む。

娘達もそれぞれのキャラクターになりきり応戦。

妻が「いい加減しろ!!」の一声で就寝。




外出自粛中でも我が家は騒がしいです。







もう4月になってしまった・・・

4月まで長引くとは思わなかったコロナウィルス。

まだまだ続きそうですね。

経済が大打撃、外出自粛が続く中 生き残れる企業はどんな企業か?

そしていづれ感染するコロナウィルスに身体がどう反応するか?

私の家族は感染したらどうなるか?

かなり不安が募る今日この頃。



仕事はコロナウィルスとはほど遠い山の中。



木に登り剪定して、次の木へ

身体が疲れるまでひたすら木登り剪定



予定通りには終わらなそうな気配がしてきました。

でも仕事があるだけ有り難い

慎重に仕上げていきます。


昨年 アプローチまで施工して芝張りは暖かくなってからと引き延ばしていた

「ドッグランのある庭」

ようやく芝生を張りました。

施工前



施工後



アオダモとジューンベリーだけ植栽して他は芝生。



施工中



















シンプルで実用的な庭



お客様にも大変喜んで頂き一安心。

明日は雨予報。

順調に終わって良かった。











今日は同級生が営む料亭 「4代目高島家」 のメインツリー 紅葉を剪定しました。



道路側にはみ出た枝葉を短く 電線や母屋にかかる枝葉を短くする剪定。



樹齢100年近い紅葉。

しっかり枝葉を残し、剪定した事で紅葉がストレスを感じないように。

むしろ元気になるように。

幹もだいぶ老朽化しているので枝葉を少なくする事で強風などによる幹にかかる負担を軽減。



同級生の父親 

「非常に大事にしている木だからよろしく頼みます」

時間的にはすぐに終わる作業でしたが、非常に気を使う剪定。

美容師が髪を切るようなイメージですね。

ただ短く剪定するのではなく、次に剪定する事を意識し更新枝の成長を促してから、剪定して大きさを保つ。

プレッシャーのかかる作業ですが、

プレッシャーのかかる事を乗り越えた先に技術・実績・お金がついてきます。






まだ20本弱



登っては降りて



庭師なので、山師が行う材木として節を残さない為の枝打ちではなく、景観と樹木の健康管理の為の剪定。

下枝だけを伐るのではなく不要枝も剪定してから降りてくる



あと40本ぐらいかな??



これだけ木登りできる幸せ。





昨年末から100本近く30メートル弱の木に登る事ができます。

登山者 「大変仕事ね」

    「かなりの金を貰わないとな」

    「若い人が空師とはありがたいね」

    「どうやって登ってるの?」

    など・・・

色々な意見を聞く事ができます。


何を言われても私的には趣味的要素が大半でもっともっと上手くなりたい、ただそれだけ(笑)

「これはかなりのスキルアップ」

ワクワクです。