炎天下と戦いながら施工していた庭が一先ず完成しました。

施工前



施工後



今回は人工芝に上海レンガのテラス・錆び砂利アプローチです。



施工中

















部分的な画像を見直しても「暑かったな~」



今回の人工芝の庭を施工したplaygreen的に表すと

ケツメイシの「夏の思い出」が頭をよぎります



お客様にも

「暑い中 丁寧に作業して下さりありがとうございます」

有難いお言葉を頂きました。

そして再び次の現場へ

とりあえず明日から9月に入りますが、

まだまだ残暑厳しい日が続きます・・・

だけど炎天下はまた来年でよろしくお願い致します(笑)








新規のお客様。

見積りも画像をメールで添付してもらい。

半日かかるかな??



1時間半で終了



やはり庭木程度(電信柱の高さ以下)の伐採は

早い・安い・安全

(株)playgreenは 3拍子揃ってます (笑)





今週は炎天下から解放された感じの夏晴れ。



今月中に終わるよう庭施工に奮闘中



ダンプ3台分 砂利搬入



夏場の手作業はすぐに気持ちが折れる・・・

そして 諦めて 我慢する



あと1日で終わるとこまできた所で

次の日は剪定へ

途中 恵みの豪雨



からの スズメバチ駆除



今日は3年前に私が造った庭の剪定へ



ブナ・コナラ・カシワなどの雑木林にはえる樹木を主体とする庭



剪定後



年々 味が出て良い雰囲気になる庭



木の中は木陰で多少涼しく



今週は日曜まで仕事なので、まだ今週は続きます。






今週は庭施工ウィーク。



そして締めくくりの土曜日は剪定へ

そこで 最近の刈り込み剪定には欠かせなくなったマキタ18Vのバッテリートリマー



突然 動かなくなり、切れ味も悪くなったので修理することに



何処が原因か?

探った先はモーター分解



電動工具では最近流行りのブラシレスモーター。

ブラシ交換がなくハイパワーが出せる画期的なモーター。



分解してみて、構造を理解。

「やっぱり開発者はスゲーな」

部品数を減らし基盤に技術を集約

他は単純な構造でコスト削減。

基盤さえ壊れなければ、自分で直せる。

次いでに刃を研磨。



油もさして

直った



自分で使う機械はだいたいは分解して構造を理解したくなる性格。

最近  世間が推進する

プログラミング・・・

ただの使い方でしょ・・・

パソコン&スマフォなどの電子機器の構造を教えて、壊れた時に直せる人材育成のほうが 今後 日本経済を救う人材育成になると思うんだけど。

世界では機械に詳しい日本人なんて認識されているのでは?

教育が国を造る。

IT教育の次はプログラミング。

教育方針を考える人の考え方を疑いますね。
























本当に夏は嫌いです。



子供の頃 感じていた「清々しい暑い夏」



まるで感じません。



暑さは諦めてコツコツ確実に庭施工する事に専念







図面と実際を比べながら、お客様に喜んで頂けるようにコツコツ。





まあ~夏だから仕方ない・・・

なんて言葉は無し。

既に来年の猛暑日対策を考えないと。




標高1000m以上の高地に移転しようかな。。。


なんてね (笑)

暑さはどうにもならない猛暑日の作業。。。





もう連日なので当たり前の天気。



この場所に砂利を敷きます。



お客様 「なんとなく平らに敷いてくれれば良いよ」

とは言え、ある程度 整地しないと



空調服が必需品。

汗のでかたに差がでます。



空調服を着ないとパンツから足袋まで汗でビッショリ・・・

お客様にも炎天下で平気?
なんて心配をかけてしまう天候・・・



午後は別の現場で庭施工 開始。



私より従業員が熱中症で倒れないか心配な、殺人的な猛暑日


連日の猛暑日。

どんな天気でも続くと嫌になりますね。

程々で勘弁してもらいたいです。

既に夏バテ気味な今日この頃。

そんなんでも剪定へ

シルバープリペット

標識が見えなくなっているのを

「見えるように、尚且つ爽やかに」






注文に答えるのがプロフェッショナル




だいぶ透かして、爽やかに



そして枝葉が生い茂り病気になっている

イチゴノキ



軽く透かし剪定



風が抜け光が入り病害虫も徐々にいなくなると思います。



そうそう この間 大量に毛虫が付着している松を剪定していて気づいたこと。

毛虫も炎天下を嫌う。

光が入ると幹の下に身を隠す。

蚊も炎天下だと葉の裏に身を隠す。

やはり透かし剪定して光と風通しを良くする事は樹木にとっての病害虫予防になる事を実感。

毎日 剪定していると教科書では教えてくれない事や文章では書ききれない事を感覚で学べます。

どれだけ回りの変化などに気づけるか?

色々な事に感心を持っているか?

なぜ?と 疑問に思うか?

大人だけど、子供心の好奇心は忘れてはいけませんね。



猛暑だからって休めない・・・



集中して1人黙々と剪定



猛暑だからって、品質は落とせない新規のお客様。



お客様「あら 綺麗ね~」

安心の一言



ご新規 松は前庭師さんの剪定の良し悪しで形を整えるのに年数がかかる。



今回の松は私好みの剪定をする庭師さんでしたね。



1回で形が整いました。













今日も猛暑。

夏だね~



午前中1件目の剪定に



何処を剪定したか?

画像では分からない剪定。

実際に見ると分かります。

梅雨明けして猛暑日が続くと



蜂が元気になります。



今シーズン2回目

そして本日2個目



35度を越えると蚊がいなくなるが、蜂が旺盛に・・・



そして2件目の剪定へ



これだけ暑いと・・・



すぐさま車内へ避難。



30分程で小降りになり



無事に剪定終了。



一雨降るとだいぶ涼しく感じます。

殺人的な猛暑・ゲリラ豪雨による水害。

地球様に生かさせて頂いていることを実感する今日この頃。




「北海道の気温23度ぐらいだったな~」

「激暑い・・・」

何を思っても涼しくはなりません。



松の葉が道路に落ちれば、すぐに枯れる



今日は40度ぐらいあるね・・・

無風だし・・・



1日中 炎天下

剪定前



剪定後



雨にめげて・風にもめげて・暑さにまいり・寒さにも弱い・・・



こんなんでも外仕事を20年以上続けています。