今日は自治会の集まり。




「繭玉祭り」





繭玉祭りが残る自治会も数少なくなっていますその為か 毎年 素人カメラマンがインスタ映えを狙いに沢山来ています

私もそのなかに混じりインスタ映えを狙い「パシャ」



私が7月に刈り込み剪定したドウダンツツジとツゲが葉が落ちてもまるく仕立てられ、寺を引き立ててます。

この刈り込み剪定も色々な人のカメラに写り込んでいることを想像し自己満足(笑)


おじさん達は焚き火が一段落すれば 焚き火を背に宴会



私はこの後出掛けるので 堂々と「ドロンします」(笑)

そして娘達を公園に連れて来てチャリンコ



晴れていても寒い



1年で1番寒い時期

早く帰ろうよ(心の声)



お父さんお母さんは色々やりたい事があっても個人的な趣味は我慢。。。

さーて!!

明日からまた山に入ります



今の私の趣味は仕事。。。





数年ぶりに飲み会に参加。

主催は小中とサッカーをしていた時の同級生&後輩



自分達の子供が当時と同じサッカーチームに入団している事がきっかけで集まる事に。

懐かしい思い出話しに盛り上がり、当時は後輩とあまり話さなかった私。

「スゲー恐い先輩でしたよ」

だよね・・・(笑)

真剣に取り組んでいた事は、その時は厳しくても辛くても過ぎてみれば、嫌だった事や辛かった事のほうが胸に刻まれています。

上手くても下手でも真剣に取り組むことで得られる事は多いです。

これからの子供にもどんな事でも真剣に取り組んでもらいたいですね。





植栽部分をリフォームする工事が一応は終了しました。

あとはグランドカバーで植えたセダム類が土を覆ってくれるのを待ちます。

リフォーム前



リフォーム後



















その他の箇所

リフォーム後





植栽を替えるだけでも雰囲気が変わります。

庭施工後 2年経過ぐらいでしたら、植木もそんなに根が張ってなく移植しやすいです。

新しく庭を造っても「なんか違う?」と感じたら、思いきって変えてしまうほうが、管理費を控えられ、植物の成長を楽しめる庭になると思います。








今日から川越にある神社のケヤキを剪定です。



剪定後



境内の樹木を大切にしている宮司さん

宮司さん 「佐野さんけっこう透かしたね~」



結果だけを見れば何処を剪定したか分からない透かし剪定。

残り2本あるので宮司さんのご要望にお答えできるように、もっと枝を残して透かしたいと思います。

因みに

これ以上 枝を残して剪定すると 画像で見比べても 難問の間違い探し程度になってしまうので明日の剪定はブログを見送ります (笑)










高さ約40メートル・根元直径約85センチ

カシノキ・ケヤキを倒しました。



倒しやすい場所ですが・・・

重心が逆



しょうがないので、重心を倒す方向にする為、上を伐ります。

その為 まずは 紐を投げて



登ります





チルホールに結ぶ支点を上の方に



倒す方向を刻み



チルホールで引っ張り



3本伐採



安全に終わって一安心



伐採は事故やケガ 下手すれば死亡など危険な仕事。。

まして直径1メートル近くあると危険度も増します。

無事に安全に終わっても精神的に凄く疲れます。。。



昨日に引き続き「地先ブロック」を並べています。





色々 細かい事もしながら 今日は3人で作業だったので 余裕をもって予定していた所まで終わることができ一安心。

明日から本業の木登り職人になります(笑)



毎年 冬に1度はインフルエンザ・風邪・感染症を引く私・・・

この1週間ずっと微熱&大量の鼻水がとまりません。

そんな時でも従業員の原島君には現場に出てもらい





シマトネリコなどを移植するべく根巻きをやっておいてもらいました。





そして今日は鼻水を垂らしながらインターロッキングの修復







明日も引き続き違う箇所のインターロッキングの修復です。



日曜に休む予定が平日に体調不良で休んでしまったので、今日から忙しくなります。

やはり 

「元気があれば何でもできる」 by 猪木

ホント 元気さえあれば・・・



天辺が枯れている桜を短く剪定です。



斜めになっていて 幹が半分枯れている為 
台風等で倒木する前に上を軽くします。



クレーンが届く範囲の枝打ちは早く安全に作業できます。





登るのは危険なのでクレーンで静かに揺らさないように幹に着地



クレーンのフックに人がぶら下がり動かすのは違法です。



事故があれば保険は効かないかな。

しかし 作業効率と枯れている木に登る事を考えれば フックにぶら下がり登るほうが断然 安全です。





太く伐った箇所は殺菌剤を塗ります。



これでもし倒木しても庭に倒れる程度で済みます。



庭側にはえる元気の良い枝を残したので、ここから再び成長してくれる事を願います。


人にとって安心。

木にとっても上を軽くする事で幹の負担を軽減。

まあ 人通りの多い住宅街は木の事より人の安心安全の方が重要です。





毎年 夏の台風シーズンにはぐっすり眠れなかったお客様も今年からは快眠できると思います。















今日は雨予報。

作業内容は砂利敷き。

「OK Go!!」

ユンボを搬入



伐採後 数年経過し、腐りきった切り株を徹底。





根の下に大きい石がゴロゴロあり



戦時中はこの下に芋などを保管する貯蔵庫があったそうで、その上にミズキが芽吹いた感じです。



根株を取り除き



砂利を敷きなおし



久々に登場の「プレート」



数年は使われずに眠っていたけど、キャブレターのガソリンまで抜いていたので、すぐに使え助かりました。



作業前 



作業後



そして次の現場へ




こっちも砂利敷き


車のタイヤで削られた箇所だけ砂利を足します。

ユンボで慣らしたら再びプレート君登場



機械はあると便利です。

便利だけど、しっかり整備できる人がいないと

「イライラの原因になります」











毎年1月の数日は植木を抜いています。

今日はその日。



新人 原島君に根巻きのやり方を教えながら



根の大きさにより巻き方が違うけど、要は根鉢が崩れなければOK





正しいやり方・正しい方法。

どうでも良いです。

やり易く早くしっかり出来れば独自のやり方が1番。



やればやるほど、教科書通りがやり易くなってくるんですが、試行錯誤する事でそのやり易さがより分かるのが狙いです。



今日1日で結構 抜きました。



今年は数百本以上は植栽する予定なので、今まで伐採した穴埋めに多少はなるかな。。

木を伐り、木を植える。

木がある事で生活させて頂いている職業。

植える時も伐る時も感謝の気持ちを忘れないようにブログに書いてます(笑)