今週は本日から 日曜まで 毎日 お庭の手入れ作業です。

今日と明日は 練馬区にある 個人宅のお庭の手入れです。

作業前



作業後



作業前



作業後



別の位置から 『モッコク』 の透かし剪定



本日は1人で作業でしたので 疲れましたが、自分のペースで作業できるので 私は好きです。

明日は残り 約半分と ゴミ処理です。

冬は日が暮れるのが 早いのと 都内は道が混むので 朝 早く行かないと 効率のいい作業ができません。

今年も 朝 車のガラスが霜で凍る 季節になりました。
ガラスの霜を溶かす時間も考慮して 朝 時間を考えないと 事故のもとですね。



                                                      

 
本日は 仕事が早く終わったので 以前から 妻に頼まれていた 棚を作ることにしました。 


色々 検討した結果 キッチン棚は 今までの物をそのまま使い 補助としての棚を 自分で作ることになりました。


大まかな寸法と デザインは 妻に 考えてもらい ホームセンターで いいサイズの物を買ってきて 作りました。

製作中・・・




以前から 趣味で 色々と家具を作っているので 電動工具は揃ってます。 

なるべく シンプルに なおかつ 強度と安定感があるように 考え 製作中です。




今までに 家具屋さんを 見てまわり 最近の流行りというか・・・ オシャレ家具は 脚が 細くて 丸いのが 目についたので 早速 真似してみました。



寸法は 置きたい場所に合わせて 作りましたので 実際 配置してみるのが 楽しみです。

実用性とデザインを 兼ね備えるて 作るのは 簡単なようで 結構 考えます。
はたして 妻が 気に入ってくれるか??




完成。。。 


妻にも気に入ってもらい 自分でも 中々 可愛くできた? と思います。

これから 『ダイニングテーブル』 『テレビ台』 『土間収納棚』 と 製作予定です。

家具も 買うと非常に 高価な物ですが 自分で真似して作れば 十分の一 以下でできます。

当たり前ですが・・・売っている物ほど 上手く 作れませんが 自分で製作した物は 非常に愛着がでますし、作っている時が楽しいのと 自分以外の人に喜んでもらえると すごく 嬉しいですしね。

今度はもっと 上手く作りたいと思います。




 もう パンジーの時期になり 佐野園芸で 栽培している 色とりどりの花達が農場をにぎやかにしています。 

近くを通った際には 一度 お立ち寄りください。

花好きな 母が 花の気持ちになってアドバイスをしています。





左に写っているのが 花好きな 母です。








パンジーやストック・葉ボタンなど 一般的な 花はもちろん ありますが、少しかわった 花や ハーブ苗も栽培しています。






こちらの 色は 珍しいみたいです ↓




白い色も 可愛いですね




買っていただいた お花を その場で プランターなどに 植え替える事も 対応してます。

その他 なんなりと お申しつけください。

庭木も 販売しています。





 ポストの下に 『ネームプレート』 を取り付けました。

ネットで注文した ネームプレートでしたが ネジの穴が 少し ずれていて なおかつ 文字があまりにも小さく 目立たないので 下に 3ミリの 黄色いアクリル板を かませて ネームプレートが浮き出るようにしました。





他では見ない デザインになり とても 満足です。

後は ガーデンライト を ポストとインターホンの間に設置する予定です。



 
 本日は  インターホン&ポストの取り付けです。



そして 取り付け完了。

コンクリが完全に固まるまでは 支えは外さずにおきます。

インターホンとポストの間に 『ヒメシャラ』 を植栽しました。




そして 雨樋の浸透桝を 本管の浸透桝につなぐ作業です。



作業中

本管の浸透桝の高さも 10センチ 上げました。



埋め戻して平らに整地し一応 完了です。



仕事の休みの日に出来るだけ作業を進めたい所でしたが・・・ 最近は16時を過ぎると暗くなってくるので、予定していた作業内容まで行きませんでした。

でも インターホンとポストが付けば 一先ず生活には支障なく、あと これからの時期 秋の長雨で一雨ごとに寒くなる季節に入る前でしたので 雨水がしっかり浸透してくれれば 安心です。




 ここしばらく 新居引っ越しをしていまして、やっと ネットに接続することができたので ブログを書く気になりました。

今日は 丁度 震災から8ヶ月で 浮かれた話題は 思わしくないかも知れませんが・・・

人それぞれ この8ヶ月間 色々あったなか 前に進んで生活してきたので 今日があり 明日が来るので あえて 前向きな話題にします。
 
というか・・・ 単に 自慢したいだけなのかも知れません。

でもここでは 皆さんにも 私達の幸せを 少しでもお届けできればと思います。

約3ヶ月前はこんな状態だった所が



因みに この 土地を購入した日が 3月11日 でした。

銀行で手続きを済ませ 帰宅した所 震災になりました。

あの時は 今から 新築を建てていいのか?と 罪悪感も感じていました。




引渡しの時です。

住宅メーカーさん の ご協力のもと 理想通りの形に仕上がりました。 

色々 悩みましたが、予算に限りがあるので 私の予算内で 自分が納得できる最善のデザインが これです。

人それぞれ 好き嫌いはあると思いますが、私達は気に入っています。

外観とは裏腹に 室内は 白をベースにデザインし 間取りも 非常にシンプルにしました。

家を建てるというのは 凄い人生勉強になり 世間を知るいい機会にもなりました。
ここでは 語りきれないぐらい 知らなかった事を 自分で調べ 覚える事ができ、家という 形ある物を手にしましたが、それ以上に いい経験をさせてもらいました。


何事も お金を出して 人任せにして 済んでしまう事も あえて 時間と労力をつかい 自分で調べ 交渉するのは 大変だけど 得ることが おおくて いいですね

まだ 引っ越したばかりで 家の中も片付いてないので 色々ありますが 楽しみながら やりたいと思います。




 本日は 『ヤマモモ』 『モッコク』 『カエデ』 『モミジ』 の剪定 管理でした。

バイトの Hシー君に来てもらい 草刈と掃除をしてもらい、その間に植木の剪定を行いました。

『モッコク』 『ヤマモモ』 等は 刈り込む訳にはいかず 次に伸ばす枝を考えなから調整するので時間がかかり 思っていたより 作業が進みませんでした。

作業中



剪定 終了



次に伸ばす枝と幹の太さによって 葉の数を調整しながら、葉と葉の隙間がなるべく均等になるように また  樹形を 整えるように 剪定するのは 何度やっても 難しいです。

剪定作業の時は 毎回 今 剪定している樹木にとって 一番いい剪定は??と 考えながら作業します。
また お客様に 『綺麗だね』 と思われるように プロとして 自覚しながら 作業するようにしています。
でも、まわりの人からいくら 褒められても 自分が納得できる 日は来ないと思います。

何でもそうですが、 自分で納得してしまったら、成長するのは 終わりですね。


常に向上心がないと 今を維持する事すら難しくなりますから・・・






 昨日と今日で 駐車スペースの 寸法だし・掘削・整地・砂利敷き まで やりました。

これで一先ず 車が入っても タイヤが汚れる事がなくなるので、デザインを考えながら 作業ができます。

いつまでも 土の所に車を止めて置くと 雨の日には 近隣の方々にも 迷惑になるので、ゆっくりやろー と 思ってましたが、ここまでは 急いでやりました。

2tダンプ 山積み 5台分 残土がでました。

1人作業だと 残土を運搬するのに 時間がかかり 2日間で終わらすのは 大忙しです。

作業前



寸法をだし 掘削・積込作業



整地 完成



砂利敷き




これで 寸法を出しながら ヌキ板で土留めをし 鉄筋メッシュを敷き・・・ ポストの設置 インターホンの設置 植木の植栽箇所決め レンガにて土留め などなど 汗

考えた だけでも まだまだ・・・

作業内容を少しずつ 公開していきますので 気長に 見守ってください。




 



 ようやく 庭の施工に入れる時が来ました。

色々 デザインを考えていたのですが、実際 作業に入ってみると 色々 思う事がでてきて 大分 デザインを変更しそうです。

施工前



施工前



これから 徐々に 作業を進めていきますが・・・ 他にもやることが 沢山あり 思うように進みそうにありません。

気長に根気よくやることにします。




 先日 同業者の庭造りの手伝いに行って来ました。

私のデザインではないので とても 参考になりました。人それぞれ 価値観や感性は違いますので、私とは違った 感性で造る お庭は 新鮮で とてもいい勉強になります。

まだ製作途中なので 完成までは行きませんが、完成したら 見に行きたいと思います。

アプローチ部分です。



杉皮の壁です。




本日 手伝いで製作する 向かい側の 壁です。



朝の段階ではまだ 何もない状態でした。





一日でここまでの作業でした。

全て 手作業で 説明書がある訳ではないので 現場で寸法を合わせながらの作業です。
なかなか作業が進みませんでしたが、私が造る時もそうですし、細かい所は図面通りにいかないので 同業者の 頭をかかえる姿が 良く分かりました。

完成が楽しみな お庭ですね。