またまた 行ってきました。 今回は 『岩鞍』 です。

第2駐車場からの ゲレンデの様子

天気予報はすごい! 午後から天気が悪くなると言っていたのですが、この天気でホントに天気悪くなるの?って感じです。

しかしホントに午後から天気が悪くなり雪になりました。

数百年前だったら、神と崇められるかもしれないですね



最初はとりあえずロープウエーに乗り 一番高い所へ・・・



今回は シーズン中で一番の大人数かもしれません。

私を含めスキーヤーだけで4人います。

スキーヤーだけで人数が集まるのは珍しいです。



遊ぶこめやさん のブログにこの時の画像が載ってました 笑

今回のメンバーは まず 地元の有名人 『遊ぶこめやさん』



遊ぶこめやさんが スキースクール でナンパした 『カケイさん』



毎回 私と一緒に行く リョウジ



そして 私・・・



今回は 主に 整地されたゲレンデをメインに滑りました。

整地されたゲレンデを 下の画像のように スピードをだして滑ると カッチョよろしく 雪が舞います

スキーヤー リョウジ



今回は モーグルバーンができていましたので、数回程 楽しませて頂きました。



たまには皆で滑ります



そして 今日の昼飯の相談・・・?



今回 ロープウエーに乗車中 おじいさんに 『このゲレンデで美味しいお店はどこかの〜?』 と 話しかけられ それを きっかけに 世間話しました。
奥さんと2人で来ていらして、奥さんは 2年前にスキーをしていて複雑骨折をしたらしく、大分良くなったから、またスキーに行きたいとのことで、旦那さんは 『まだやめとけば?』 と言ったそうなんですが、本日 2人でいらしたそうです。

そんな世間話しだったんですが・・・ 年齢を聞いたら 奥さん 79歳、旦那さん 81歳 !!!

色々な意味でいい刺激になりました
私も 80歳過ぎても 妻と元気にスキーをしていたいです。





 昨年末にやった焼き芋の美味さを忘れられず・・・早くも2回目の開催です。

前回の様子は ブログの12月30日をご覧ください。

前回の経験をいかし 今回はスムーズに芋を焼き上げる事ができました。

焼きあがってであろう?芋を取り出し 軍手をして 握って確認します。柔らかくなっていれば、出来上がり。



画像は前半の焼き上がりで、今回は全部で30本近く焼き上げました。



焼きあがりを確認したら すぐに素手で持てるぐらい表面は冷めているので アルミホイルと下の新聞紙をめくります。



これだけで いい匂いが広がります。



そして 中は ホクホク アツアツ 激ウマです。

スプーンで食べれるぐらい柔らかく、まるでスウィートポテトです。 



今回は シチューも 作りました。

外で食べるシチューは美味いです。



今日は風が吹いていて 非常に寒かったですが、充実した1日になりました。

すごく寒い冬の皆でできる遊び 『焼き芋会』 ありだと思います。




 またまた スキーに行って来ました。 今回は 『かぐらスキー場』 です。

スキー相棒の リョウジと2人で行きました。

駐車場です。ここから ゴンドラにて山の上のスキー場に向かいます。



ゴンドラからの景色です。絶景ですね



まずは 足慣らしに 平坦な斜面を滑ります。

スキーヤー・リョウジ



そして 私・・・



その後 寒かったのでコブ斜面を数本滑り 身体を暖めました。

スキーヤー 私・・・





身体も暖まり それに伴い 脚も 程よく疲労した所で 無理はせず ゲレンデ下部にある パークに移動です。

15メートルのキッカーがありました。

まじかで見ると デカい!!



その下には 18メートル・・・

いい歳ですし、『少しの勇気で大きな怪我』 に繫がる為・・・

私達2人が遊ぶのはその横の半分位の大きさの キッカーです・・・ 悲

スキーヤー・リョウジ

綺麗なグラブ(板を手でつかむ姿勢)をする 動画が撮れましたので興味のある方は ↓

http://www.youtube.com/watch?v=yB28xIsYp5Y



怪我なく 遊ぶ事ができ 再び平地を滑り帰路につきます。

スキーヤー 私 

平坦な斜面はスイッチ(後ろ向きで滑る事)で滑ります。



今回は それ程滑りませんでしたが・・・ 画像と映像に残すことにより すごく楽しそうに滑ってるように感じます。
それは 私達の思い出が美化されるので良いと思います。

ホント 自己満足な ブログですみません 恥・・・


 年が明けてすでに仕事はスタートしていますが、もう少し 私の趣味ネタを書かせて頂きます。

泊まりでスキーの最終日は 前日からの猛吹雪で天気予報でも引き続き大雪の予報でしたので、シャルマン火打ちスキー場まで 車でたどり着ける自信がないのと また 霧が出ていて 視界が悪いと危険なので、スキー場を変更し斑尾高原スキー場に行くことにしました。

そして いざ 高速に乗り 帰る方面の高速に乗ると・・・高速道路とは思えない程の 雪 雪 雪。。



二車線道路が 一車線道路になっていました。



高速をおりて下道はもっと 豪雪で・・・



また ナビが選んだ道は、山道・・・

前日のスタックした状況を思い出し、隣にいる リョウジ が 『いつもと声のトーンが違うな・・・』

と 感づかれました。山道に入ると 携帯の電波は バリサン? と 度々聞き いつでもJAFが呼べるか確認し ガソリンはまだ 平気?などなど スキーをやる前から 非常に疲れました。・

スキー場に着くと やはり こちらも 大雪。今日はどこにいってもこんな感じみたいでした。



しかし 昨日と違うのは 霧がそんなに 出ていない為 視界が見えるんです。

大雪にもかかわらず、ゲレンデ下は家族ずれ等が多く リフト待ちがある位でしたが・・・

山頂付近では ほとんど人がいなかったので 2人で貸切状態で パウダースノーを満喫する事ができました。



山頂付近からの滑走映像を撮りましたので興味のある人は↓

http://www.youtube.com/watch?v=emZWFP-PB4w

映像だと いまいち 伝わりづらい部分が多いですが、参考程度にしてください。

今日はずっと滑っていたい雪質でしたが・・・相変わらず 雪が降り続いていた為 車が心配になり 早めにきりあげる事にしました。

早めに帰ることにより、昼飯を食べる時間が勿体なく、また昼の時間帯はリフトがすく為 昼抜きで滑り続け、かなりの自己満足で滑ることができました。

今シーズンの初滑りでしたが、パウダーしか滑らなかったのは始めてです。
スキーヤーにとっては 非常に贅沢なことです。

そして 駐車場に戻ってみると 案の定



今日は昨日の経験をいかし 着替える前に 車の通る道を確保し 吹雪の中 帰路につきました。



帰り道は 下り坂、普通なら下りの雪道のほうが 怖いですが、私は下り坂のほうが、滑りながらも進んでくれるので、行きよりは ストレスなく 運転する事ができ 無事 埼玉まで帰って来れました。

今度から雪山に車で行くときは スコップを積んでおこうと思います。スコップがあるとないとでは大分違います。
今年はこんなに雪がすごいとは・・・ 『備えあればうれいなし』 確かに。。。


 




 昨日の続きで 『シャルマンスキー場』 で滑った日の夜は 宿の人に教えてもらった 日本海沿岸にある 糸魚川市の駅近くにある 地元の漁師さんが営む居酒屋さんで 夕食を食べに行きました。

店内はこんな感じの雰囲気でした。

店構えはとても入りずらい感じの雰囲気のある居酒屋さんです。

店の名前は忘れてしまいました。



漁師さんが 今朝採ってきた魚をさばいてもらい メニューは あってないような物で 今日ある材料で料理を注文しました。

本日は『アジ』 『イカ』 しか 採れなかったとの事だったので・・・ それを注文



お刺身にしてもらい、イカの内臓をワサビしょうゆで・・・。



〆に汁物を頼み出てきたのがこれです。残った魚等をふんだんに入れてもらい、非常にいいダシがでていてとても美味しかったです。
やっぱりせっかく遠いい所まで来ているのですから、地元の物を頂かないと。

漁師さんに話しを聞くと 年末から海がしけっていて 中々漁に出れない日が続いていて、お金は欲しいが、命のほうが惜しいから 漁にはでないと言っていました。


地元の人と話をする機会は自分からアクションをおこさないと中々ありませんが・・・年齢と共に話しかけたい衝動にかられてくるのはなぜでしょう?

漁師さんも 本音で話しているのか?たてまえなのか?は分かりませんが、あまり考える様子もなくすぐに出てくる言葉は 意外と本音だったりするので 中々面白い話が聞けました。

地元の人しか入らないようなお店で、料理もとても美味しくお腹一杯になり とても満足な夜になりました。 

帰り道を宿まで歩いて帰りましたが・・・ 猛吹雪で激寒い夜道でした。
こんな吹雪の中 早朝から海に出る時もある漁師という職業はとても厳しい・・・。 話しを聞いた後すぐだったので 肌(ホホ)で実感しました。



日中の冬の日本海です。



波が高く サーファーには最高なのでは??

海に雪!! 太平洋側の海が馴染みの私には不思議な感じがしました。

















 昨日と今日で 毎年恒例の 『男2人でお泊まりスキー』 に行って来ました。

今年は泊まりでないと 中々行く気にならないけど・・・一度は行ってみたいスキー場の一つ
『シャルマン火打ちスキー場』に行って来ました。

雑誌等では 非圧雪エリアが非常にあり パウダー天国のようなことが 書かれていましたが、実際行ってみて、その通りでした。

今回 初めて日本海側のスキー場に行きましたが、豪雪地帯だけあって、また今年は非常に雪が多いこともあってか、想像以上の豪雪でした。また海の近くだからか?風が非常に強い。。。

到着して準備をしている時はこんな感じでしたが・・・



あまりに 雪と風と霧で視界が見えず恐怖さえ感じた為 14時頃には 車に戻ったのですが・・・



ほんの数時間で駐車場がこの状態で、車を発進できるように除雪するのが大変でした。

一応 除雪して出発したんですが、吹雪の為 駐車場の出口が分からず 迷っている他の車がいた為 一旦停止した所 案の定 スタック(タイヤが滑ったりして動けない状態)してしまい、せっかくウエアーから着替えたのに 雪にうたれながら 2人で再度除雪、それでも 動かないので タイヤの空気圧を抜き、雪面の設置面積をかせぎ 前後に車を動かし、どうにか 脱出成功しました。



その後 私達も 駐車場の出口が分からず迷いましたが、再度スタックせずに駐車場から出る事が出来ましが・・・
道路もやばいぐらい 雪が積もっていて 一度でも 止まったら マズイと思いながら道路の雪が浅い所を見つけ 対向車が来ない事を祈りながら、進んでいた所 ようやく 除雪車が 来てくれて ひと安心できました。



雪国にはスキーで何度も行って慣れてはいますが、やはり自然の力 雪の怖さは 何度経験しても怖さを感じます。
また 自分一人ではどうにもならない事 地元の人々の除雪作業等あって 快適にスキーに行ってこれる有難さ 色々と考えさせられます。

話しは戻りますが・・・毎回一緒に行く 『リョウジ』 です

小 中学校と一緒で だいたい同じ時期にスキーにハマリだしました。
レベルも滑るスタイルも一緒なので非常に貴重な友達です。

私達がスキーを始めた頃は皆 スキーやボードをやっていましたが・・・
今となっては 同年代では私とリョウジの2人だけです。 悲




そして 私。



スキー場も 非圧雪が多いとは 聞いていましたが・・・ 本日は100%非圧雪でした。
雪が多すぎて圧雪車が間に合わないみたいです。



最近スキー界ではブームのファットスキー(幅の広いスキー板)のレンタルもあり 借りてみようか迷いましたが、実際は板の太さより 個人の力量で滑りは決まるので、必要ないと思いやめました。

でも スキー場から離れて家などにいると 欲しくなるのはなぜでしょう?



実際に私が滑っている動画を少し載せましたので興味のあるかたは↓


http://www.youtube.com/watch?v=E2wInEYkeUE



今回 シャルマン火打ちスキー場にて 感じたことは 私達は 所詮 人間が管理している所でないと 楽しく滑れないのでは?、本当の雪山では 滑る楽しさよりも 無事に 安全な所まで 下山するのが精一杯であるのでは? いくら 雪山に慣れていても 軽はずみなことで 遭難や死に繋がってしまうのでは?そう感じるスキーでした。

管理され安全ですよ。と されている スキー場内ですら 雪&風&霧で視界が狭くなると 上も下も右も左も360度 真っ白で 方向感覚が鈍ります。 

最近のスキー場の傾向として、樹木が生い茂ってる所を滑れるように開放しているのは ある程度のレベルのスキーヤー スノーボーダーにとっては 非常に魅力ではありますが・・・
他に滑っている人が誰もいない樹木が生い茂った場所は怖いです。
まして 霧で視界が悪いと 不安で仕方ありません。

そういった事も実際経験してみないと 私も分かりませんでしたが、スキー場の管理運営者さん等でしっかり安全を確保していただいているゲレンデが最高に楽しいです。

自然を相手にするウインタースポーツではありますが・・・

人間が管理している自然の中でやるウインタースポーツ。

(一部プロの方やホントの山を滑る山岳スキー等の魅力は別の話ですので、ご了承ください)

決められたルールをしっかり守り、自分でお金を払ってはいますが、管理している人達がいるからこそ 快適に滑べらせていただいている。

自然様 お手柔らかにお願いします。と いう気持ちで安全に続けて行けたらと思います。








 

昨日 スキー仲間の集まりがあり、スキー談義に華が咲き 色々と思い出したので・・・

季節はまだ先ですが・・・今回は私の一番の趣味 『フリースキー』 の醍醐味をお話ししたいと思います。

スキーとは 整備された ゲレンデを滑るだけじゃないんです。(もちろんボードもそうですが)

もちろんコース外滑走は危険なのでしませんが、
ここ最近、フリースキーやボードのブームもあり 普通のゲレンデでも あえて 整地をしない斜面が増えてきて  
バックカントリー と言う スキー板をかついで 山を登らなくても リフトでたどり着けるゲレンデ内で極上のパウダースノーを味わえるんです。

ただ 雪が降った次の日の朝一 等の運的 要素がありますが、スキーに行こうと決めた日で運が良ければ・・・

You Tube にその時の動画を投稿しましたので、言葉で説明もしますが、見てもらったほうが分かりやすいかと・・・。
因みにスキーヤーは私です。

 http://www.youtube.com/watch?v=k8wIgmUBpts


これは 群馬県 尾瀬岩鞍スキー場のエキスパートコース(上部)です。

この日は 私がスキーを本格的に滑り始めて以来 最高のパウダースノーでした。

板を外して 雪上に立つと 胸くらいまで 埋まってしまう位の積雪で、170センチのスキー板を履いても ヒザぐらいまでは 埋まってしまいました。

リフト下まで雪が積もり 営業できるかギリギリの豪雪でしたので 滑っている人達も少なく 友達と2人で 自然の恵み を 堪能してしまい、申し訳ない 罪悪感さえ ありました。

ウインタースポーツをやらない人には 申し訳なく ない と 思いますが、とにかく 滑りながら ニコニコしてしまう 雪でした。

生まれて初めて 滑りながら雪の中で息ができなくなり、慌てて ウエアーの襟で口元を 覆い、下まで滑ってから スキー用のマスク(バンダナ)を巻きました。

ゴーグルと鼻の隙間から雪が入ってきて 前が見えなくなり、一度滑ったら ゴーグルを掃除し、3本位滑った所で 替えのゴーグルに取り換えました。

雪崩に巻き込まれた事はないですが・・・ なんとなく 雪崩に巻き込まれたら死ぬな!!と実感しました。
自然の偉大さ 凄さ 怖さ 等を ただ スキーを滑っているだけで感じる事ができ、人生において、とてもいい経験になりました。

だから スキーはやめられない。

イントドア派の人や その人自身の 価値観にも よりますが、他にもサーフィンやフリークライミング・ヨットなどなど 自然を相手にするスポーツは是非 お薦めします。

学ぶ事が多いです

ただ 危険は伴います。


 今日は朝 一件だけ仕事でリースがあったんですが、その後は予定がなかったので、家族で川遊びに行って来ました。

場所は・・・ またちょくちょく 時間があれば行こうと思うので 内緒です。



日曜のお盆休みといこともあり、こんな 山奥まで他にもBBQをしに来ている人が多数いました。

今日も気温が高く暑かったんですが、川の水は冷たく 足だけ浸かっているだけで、涼しく天然のクーラーでした。



やっぱ 夏は川ですね。

山も海もいいですが、私には夏の川が最高です。

10年位前 オフロードバイクで山の中を走りまわっていた時に色々 いい場所を探しておいて良かったです。

母に昔 『人生無駄な事は一つもない』 と言われたように、バイクで山を走っていた事ですら無駄ではなかったのかな? 

どこに行っても混んでる中 ちょっと行ってすぐ 遊べて お金もかからず混んでもいない場所。



半日だけでも時間がとれれば また 行きたいと思います。 

皆さんも 自分だけの『秘境』を見つける旅に出かけてみるのはいかがですか??
 「暑いですね」 最近 定番の挨拶になってます。
私が思うに、夏だから暑くていいですね。 夏が暑いと その年の冬は寒い。 スキーが大好きな私は冬が寒く雪が沢山降る年は最高です。
ですから 夏が暑いのは嫌いですが、まあ許せます。暑い夏の年は冬が寒く雪が良く降る。

因みに去年は例年にないぐらいの豪雪でした。スキーに毎年行きはじめて13年位 経ちますが、去年が一番の豪雪でした。

尾瀬岩鞍スキー場の駐車場に半日停めて置いただけでこれだけ積もりました。
隣の車は宿泊客の車です。
 

ゲレンデもかなりのパウダースノーでしすた。「ほんの半年位前の光景が懐かしい〜」




私のコブ斜面の滑りです。「早く冬にならないかな〜」



と まったく 季節外れな内容でした。

夏が暑いのは冬が寒い 笑