本日は 7〜8年前に私が作った ぶどう棚の修理作業です。

アイアンウッド系の材で作ったのではないので 良くもったほうだと思います。

これはお客様が年に一度、塗料を塗っていただいていたからこそです。

そして植木屋の私に再び修復の依頼をしていただき感謝です。

まずは お客様からの要望で、私が作ったのではない パーゴラを 修理します。
左端の斜めの支えが腐っていました。

外した所です。



そして・・・修理完了



この他に、もう1カ所 修理しました。

そして 私が7〜8年前に作った ぶどう棚です。上の部分が腐っているので 上の部分だけ 
現場合わせで作りなおします。





まずは 外せる箇所のボルトを外し 外せない所は 切って 撤去します。



その場で寸法を計り 製作していきます。なぜ現場で? それは 年月とともに 木材は歪んだり曲がったりしている為 寸法通りにはいかないので 現場で計測しながら 作ったほうがぴったりできるからです。



今回は 防腐剤が浸透してある材を使用します。それでも やはり腐るので お客様には 引き続き年に一度は塗料を塗っていただく事を約束いただきました。

上と下で色が違うのも お客様には了承済みです。

仕上げにブドウのツルを這わせて完成です。

前回よりシンプルにそして 頑丈に作りました。

自分で言うのも・・・ですが。 やはり 私の腕も進歩してます 笑





今日の作業は他にも 塗装屋さんも 居たのですが、私の作業を見て 植木屋とは 思わなかったと思います 笑

ここのお宅のお庭も私が作ったのですが、最近ご無沙汰だった為 以前作った時の事を色々思い出しました。
その当時 試行錯誤して作った バラをはわせる物です。枕木を両端に建てて 鉄筋を曲げて、鉄筋をバラがはうように作りました。
7〜8年経った今も季節になれば元気にバラが咲く姿が目に浮かびます。



お庭は形として残るので その時 その時で 全力でやらないと 後で見て 自分で恥ずかしくなります。
今だったら、今までの経験で得たひきだしがあるので もっと 上手く作れるな、と思いました。





 昨日は桶川市にある個人宅の 『抜根・整地作業』 でした。

作業前



作業後



作業前



作業後



始めに どこに 配管(水道官・汚水桝 等)があり どの位の深さでどこに通っているか確認します。
この確認作業が実は一番大事なことです。

もし 破損でもしたら大変です・・・。

今回は水道栓と汚水桝が所々にありました。



配管から離れた箇所の植木は簡単に抜根できるのですが、 
壁やフェンス近くも ユンボで傷をつけたり壊してしまう可能性があるので慎重に作業します。

今回のお宅は 壁際に大きな木が植わっていて、伐採してはあるのですが・・・

まだ力強く生きていて、一度根本近くから伐採して生き残っている樹木は非常に生命力が強いので また 生きようと ぐんぐん 徒長枝を出し 一本木だったのが、株立ちになり 尚更下に強く根を張ります。

こういった樹木は抜根するのに大変です。



まわりから少しずつ堀りすすみ、壁際の太い根は のこぎりで切ります。こうしておかないと ユンボで根を引っ張った時に一緒に地中から壁も壊してしまう可能性があるからです。



後は慎重に かつ大胆に ユンボで 根を切断し あまりに太いのは のこぎりで 切りながら 抜根します。



今回の作業で一番の切り株が抜けました。



幹まわりが直径20センチ程度の樹木でも 植木の種類や植わっている場所・環境によって違いはありますが、半径1メートル位の大きさの穴を掘らないと抜けない事が多々あります。

もし ご自宅等で 抜根したい植木がありましたら ご相談ください。


 またまた スキーに行って来ました。 今回は 『かぐらスキー場』 です。

スキー相棒の リョウジと2人で行きました。

駐車場です。ここから ゴンドラにて山の上のスキー場に向かいます。



ゴンドラからの景色です。絶景ですね



まずは 足慣らしに 平坦な斜面を滑ります。

スキーヤー・リョウジ



そして 私・・・



その後 寒かったのでコブ斜面を数本滑り 身体を暖めました。

スキーヤー 私・・・





身体も暖まり それに伴い 脚も 程よく疲労した所で 無理はせず ゲレンデ下部にある パークに移動です。

15メートルのキッカーがありました。

まじかで見ると デカい!!



その下には 18メートル・・・

いい歳ですし、『少しの勇気で大きな怪我』 に繫がる為・・・

私達2人が遊ぶのはその横の半分位の大きさの キッカーです・・・ 悲

スキーヤー・リョウジ

綺麗なグラブ(板を手でつかむ姿勢)をする 動画が撮れましたので興味のある方は ↓

http://www.youtube.com/watch?v=yB28xIsYp5Y



怪我なく 遊ぶ事ができ 再び平地を滑り帰路につきます。

スキーヤー 私 

平坦な斜面はスイッチ(後ろ向きで滑る事)で滑ります。



今回は それ程滑りませんでしたが・・・ 画像と映像に残すことにより すごく楽しそうに滑ってるように感じます。
それは 私達の思い出が美化されるので良いと思います。

ホント 自己満足な ブログですみません 恥・・・


 最近ずっと続いていた、乾燥注意報から解放されたと思いホッとしましたが・・・

先週の金曜日から天候が悪く、土日に予定していた仕事が延期になり、昨年引っ越しをしてから始めて家にずっと居る日ができました。

私は 暇でもずっと家に居るのは好きではないのですが、今回は外はミゾレ交じりの雨で寒く たまには家に居るのもいいなと思い家に居ました。

ですが・・・ 土日とも家にいるのは無理でした。

そして・・・この間 リニューアルオープンした 『サンシャイン水族館』 に行ってきた事を ブログに書きたいと思います。

リニューアルオープン前の『サンシャイン水族館』は 何度か行った事はあったのですが、どうだったか?あまり記憶に無いのが本音です。

入館してたまたますぐに アシカショー をやっていたので 見学



奥に座っている お姉さんの声が アニメ声で 私はそっちばっかりに 耳が ダンボになり わざと、あの声なのかな?やっぱ 声優目指してんのかな?など・・・
アシカの目玉が飛び出そうなぐらい出ていたのもきになりました。 

アシカショーのほうは子供が楽しんでたみたいで良かったです。

そして 今年の干支でもある 辰

現物は非常に神秘的で生きて動いているのが不思議なくらい、芸術ですね 



水槽の中にダイバーが入り 魚の紹介をしてくれてました。



息子が好きな 映画 『ニモ』 に登場する主人公です。



横のエビの色が鮮やかすぎる赤で目を引きました。

水族館は大人になって行くと見る視点が子供の頃とは全然違いますね。

私と妻が水族館で見ていて一番好きな生物は クラゲです。

色・形・行動 全てが神秘的で癒されます。

クラゲコーナーの展示版に書いてあったのですが・・・

クラゲは プランクトン だそうです。

 『へぇ〜』

これを知っただけでも行った甲斐がありました。






 
 本日は植木のリースでしたが・・・ 会社に戻ってから、今年に入り二回目の 丸太を指定の長さに切る作業です。

4メートルの丸太が4本あります。



材質は杉です。

指定の長さにチェーンソーで切断していきます。



今回は一本余ったので、またの機会にとっておきます。

人力では身体を痛めそうなので ユンボにて 下します。



時間があったので、ついでに ユンボの整備もしておきました。



各所に油をさし エアクリーナーを掃除し その他 もろもろと・・・

その後 温室の中の水やりをし 本日は終了です。

昨日のブログで紹介しようと思って 書き忘れたので 一つ 追加です。

昨日の 『岩鞍スキー場』 からの帰り道 昼飯を食べていなかった為 帰り道沿いにある適当なお店で食事をして帰ろうという事になり、毎回 横を通るのですが、一度も立ち寄ったことはないが、少し気なっていた野菜の直売所があり、最近 葉物の野菜の値段が高いので もしかしたら ここは安いかもよ? ってことで 立ち寄ってみる事にしました。 そこの並びに食事をする所もあったので そのお店で食事も済ませることにしたのですが・・・



ここの 食事が 美味かったので 紹介したいと思います。

私は 『尾瀬ラーメン』と『たまごかけごはん』 を頼んだのですが、尾瀬ラーメンのスープが非常に美味しく 醤油ベースのスープですが、透明でいて 味がしっかりした 濃厚のようで 後味はサッパリしたスープで 私は醤油スープはあまり好きではないのですが、ここのは また 食べたくなる味でした。

『たまごかけごはん』 も もちろん 美味しく

妻が注文した『から揚げ定食』も 油が染み出てくるから揚げでとても 美味しかったです。

その他 蕎麦も美味しそうでしたので 次回の楽しみにしたいと思います。

もし スキーやボード ドライブ等で沼田から日光方面に行く機会がありましたら、沼田インターから120号を 日光方面に向かう途中右側にありますので 食事に迷ったら試しに立ち寄ってみてはいかがですか? 





 昨日と今日で急遽 家族でスキーに行って来ました。

場所は私が大好きな『尾瀬岩鞍スキー場』です。



私がはまっている事もあり、息子が1歳いなってから仕事の都合で時間が取れれば 冬は なるべくスキーに行っています。 息子が小さい為 スキーをするのは 私だけなので 家族も楽しめて 1人で滑っても楽しいスキー場という事で 家族で行く時は毎回 『岩鞍』 に来ています。

今年からは 息子にも少しずつ スキーをやらしてみようかと、今回はスキー板等を購入して ゲレンデに行きました・・・ 



まだ 怖いだけで 自ら滑る事は一切なく 始めからすごく怖がらせてしまうと その後やらなくなってしまうので、プラスチックの板を履かせ 歩かせる程度にしておきました。

昨年から ソリは楽しんでいるので 今年も ソリは平気なようで。



しかし・・・ まだ こっちのほうが 好きみたいです。



動きずらい ウエアーは嫌いみたいでして・・・ちょっと目を離すと 寒い中すぐに どっかに行ってしまいます。



そのうち 一緒に滑れる日を楽しみに スキーを嫌いにならないように連れて行きたいと思います。

少しの間 妻に息子の面倒をみてもらっている流れが定番なのですが・・・私の心は本番です 笑

岩鞍に来たら急斜面で足慣らしをした後は ひたすら コブ斜面



こちらは 私の好きな リーゼンコースという 斜面です。



ここ数年は数本コブ斜面を滑るだけで かなり疲れてしまい・・・ また 家族ができて守りに入ったせいか、勢いが大分なくなりました。しょうがない事ですが。

逆にプラスなのが、妻&息子をあまり 待たせる事なく すぐに疲れてしまうので 家族で行って、私だけ滑っていても 『まだ休んでるからもっと滑ってきていいよ』 と 暖かい言葉をいただけるようになり・・・ しかし すでに結構満足な足腰。

体力が落ちるのは意外とプラスの面もある事を実感する今日この頃です。




 先日の成人式の日に友人の結婚式に出席してきました。

友人とは、私達夫婦の縁結びのきっかけをつくってくれた友人であり、また仕事でもご実家のお庭を造らせて頂いた、ご両親共に仲良くさせていただいている貴重な友人です。

友人の結婚相手が外国の方で 仕事の都合上 今は ロンドンに在住しているため式の為に帰国し、またすぐにロンドンに戻るみたいです。

式はレストランを貸し切って行われました。 料理が非常に美味しく、新郎新婦また親族の方々の手作り感があるとても素敵な式でした。


式には2歳の息子も出席して良いとの事もあり、私は電車が嫌いなので 場所は都内の青山だったのですが、車で行きました。

式だからって訳ではなく、私は出掛ける時は大体 車で出掛ける事が多いのですが、都内はコンビニに駐車スペースがある所が非常に少なく、気軽に立ち寄れず、その他でも中々車を停める事ができないので トイレにも気軽に行けず不便です。

また脇道に入ると一方通行が多く、道も狭いしこれまた不便。毎回 都内を車で走ると 今度は電車で来ようと思うのですが、家に帰ると・・・たまにしか行かないし荷物を手で持つの嫌だから車のほうがいいや、の繰り返しです。

都内は色々と日本を代表する所などあり、またオシャレな店も多く魅力的ではありますが・・・
昔の歌である歌詞のように 『ラ・ラ 東京砂漠 ♪ ♪ ♪ 』 確かに砂漠を感じさせる時があります。(本当の砂漠に行った事はないですが)

式の後 せっかく都内に来たのだからと、六本木ヒルズに行ってきました。



陽も暮れかけた頃 ヒルズから見る 東京タワーが綺麗でした。



今は スカイツリーのオープンも近い事もあり スカイツリー観光を特集した雑誌テレビをやっていますが、私は東京タワーのほうがいいかな。。




 本日は まず 丸太を切る作業と 昨年から お客様に頼まれていた、縁側と 親父がとってきたお客様なので 直接 お客様に伺っていない為、何に使うか良く分からない物を製作しました。

丸太は 材木市場から直接仕入れてきました。

材質は杉です。




チェーンソーにて指定の長さに切ります。



終了



そして 近くのホームセンターにて 材木を買ってきました。



お客様のご要望の寸法で 『縁側』 を製作します。

完成品を見れば簡単そうで、誰にでもできそうに見えますが、色々とコツがあり綺麗に仕上げるには簡単にはいきません。



長さ1800ミリ×幅600ミリ×高さ450ミリ との指定でしたので 寸法通りです。
作りだしたら1時間位で完成しました。



そして・・・親父がとってきた仕事で 親父に簡単な絵と寸法を描いてもらい その通りに製作しました。

製作前



完成



数年前から植木の仕事に行った際に 『私でも出来ますよ』 と宣伝しているので、木材で出来た製品(ウッドデッキやパーゴラ等)の修理や製作を頼まれる事が度々あります。

専門の植木の仕事以外でもお金を頂いて、やらせて頂くのは庭に限らず物を作るのが好きな私には有難いことです。




 年が明けてすでに仕事はスタートしていますが、もう少し 私の趣味ネタを書かせて頂きます。

泊まりでスキーの最終日は 前日からの猛吹雪で天気予報でも引き続き大雪の予報でしたので、シャルマン火打ちスキー場まで 車でたどり着ける自信がないのと また 霧が出ていて 視界が悪いと危険なので、スキー場を変更し斑尾高原スキー場に行くことにしました。

そして いざ 高速に乗り 帰る方面の高速に乗ると・・・高速道路とは思えない程の 雪 雪 雪。。



二車線道路が 一車線道路になっていました。



高速をおりて下道はもっと 豪雪で・・・



また ナビが選んだ道は、山道・・・

前日のスタックした状況を思い出し、隣にいる リョウジ が 『いつもと声のトーンが違うな・・・』

と 感づかれました。山道に入ると 携帯の電波は バリサン? と 度々聞き いつでもJAFが呼べるか確認し ガソリンはまだ 平気?などなど スキーをやる前から 非常に疲れました。・

スキー場に着くと やはり こちらも 大雪。今日はどこにいってもこんな感じみたいでした。



しかし 昨日と違うのは 霧がそんなに 出ていない為 視界が見えるんです。

大雪にもかかわらず、ゲレンデ下は家族ずれ等が多く リフト待ちがある位でしたが・・・

山頂付近では ほとんど人がいなかったので 2人で貸切状態で パウダースノーを満喫する事ができました。



山頂付近からの滑走映像を撮りましたので興味のある人は↓

http://www.youtube.com/watch?v=emZWFP-PB4w

映像だと いまいち 伝わりづらい部分が多いですが、参考程度にしてください。

今日はずっと滑っていたい雪質でしたが・・・相変わらず 雪が降り続いていた為 車が心配になり 早めにきりあげる事にしました。

早めに帰ることにより、昼飯を食べる時間が勿体なく、また昼の時間帯はリフトがすく為 昼抜きで滑り続け、かなりの自己満足で滑ることができました。

今シーズンの初滑りでしたが、パウダーしか滑らなかったのは始めてです。
スキーヤーにとっては 非常に贅沢なことです。

そして 駐車場に戻ってみると 案の定



今日は昨日の経験をいかし 着替える前に 車の通る道を確保し 吹雪の中 帰路につきました。



帰り道は 下り坂、普通なら下りの雪道のほうが 怖いですが、私は下り坂のほうが、滑りながらも進んでくれるので、行きよりは ストレスなく 運転する事ができ 無事 埼玉まで帰って来れました。

今度から雪山に車で行くときは スコップを積んでおこうと思います。スコップがあるとないとでは大分違います。
今年はこんなに雪がすごいとは・・・ 『備えあればうれいなし』 確かに。。。


 




 昨日の続きで 『シャルマンスキー場』 で滑った日の夜は 宿の人に教えてもらった 日本海沿岸にある 糸魚川市の駅近くにある 地元の漁師さんが営む居酒屋さんで 夕食を食べに行きました。

店内はこんな感じの雰囲気でした。

店構えはとても入りずらい感じの雰囲気のある居酒屋さんです。

店の名前は忘れてしまいました。



漁師さんが 今朝採ってきた魚をさばいてもらい メニューは あってないような物で 今日ある材料で料理を注文しました。

本日は『アジ』 『イカ』 しか 採れなかったとの事だったので・・・ それを注文



お刺身にしてもらい、イカの内臓をワサビしょうゆで・・・。



〆に汁物を頼み出てきたのがこれです。残った魚等をふんだんに入れてもらい、非常にいいダシがでていてとても美味しかったです。
やっぱりせっかく遠いい所まで来ているのですから、地元の物を頂かないと。

漁師さんに話しを聞くと 年末から海がしけっていて 中々漁に出れない日が続いていて、お金は欲しいが、命のほうが惜しいから 漁にはでないと言っていました。


地元の人と話をする機会は自分からアクションをおこさないと中々ありませんが・・・年齢と共に話しかけたい衝動にかられてくるのはなぜでしょう?

漁師さんも 本音で話しているのか?たてまえなのか?は分かりませんが、あまり考える様子もなくすぐに出てくる言葉は 意外と本音だったりするので 中々面白い話が聞けました。

地元の人しか入らないようなお店で、料理もとても美味しくお腹一杯になり とても満足な夜になりました。 

帰り道を宿まで歩いて帰りましたが・・・ 猛吹雪で激寒い夜道でした。
こんな吹雪の中 早朝から海に出る時もある漁師という職業はとても厳しい・・・。 話しを聞いた後すぐだったので 肌(ホホ)で実感しました。



日中の冬の日本海です。



波が高く サーファーには最高なのでは??

海に雪!! 太平洋側の海が馴染みの私には不思議な感じがしました。