今日は 最近 家でイベントがあると 買いに行くケーキ屋さんを紹介します。

『ミエル』 と いう ケーキ屋さんです。

http://cake-cake.net/new_cake/shop_top.html?shop=0429326718

飯能方面から車で行くと、国道299号線の六道の交差点の道を入間市方面に向かって、(大戸屋)や(かっぱ寿司)がある方面に行き、(山田うどん)を右側に見て (トヨタ自動車ディーラー)の隣にある、以前は(シャトレーゼというアイス屋)だった所が、今は 『ミエル』 というケーキ屋さんです。

この場所はお店が何回か入れ替わっていて、以前(シャトレーゼ)の時は、私も仕事でお世話になっていて植木をリースしていました。

いつ 今のケーキ屋さんになったのかは分かりませんが、私のイメージでは しょっちゅう お店が入れ替わる場所は 何か 良くない場所なのかな??と偏見があり、良く前の道は通りますが、立ち寄った事はありませんでした。

そんな事を知らない妻は 何気なしに そのケーキを買いに行き、季節のフルーツを沢山使ったケーキを買ってきました。それが 甘さ控えめで とても美味しく その時から 私達家族は気に入り イベントの時は 『ミエル』 に買いに行くようにしています。


そして今日、妻と息子は ママ友の家に集まって 誕生パーティをしてきました。
息子とママ友の子供達もみんな今月で2歳を迎えます。
その誕生日パーティーでのケーキが 『ミエル』 で買ってきた物なんですが、見た目がとても可愛くて。
キャラクターのケーキは店頭では売っていなくて事前に予約をしていたそうです。
2歳前後の子達には絶大な人気のアンパンマンです。

5号サイズで5000円と少々お高めですがグループで誕生日をお祝いするにはもってこいのケーキじゃないですか?

先程 残りを試食したんですが、やっぱり甘さ控えめでとても美味しかったです。






皆さんも お近くでしたら 一度 お試しになってはいかがですか?
 今日は台風の影響もあり 無理して仕事をする程 忙しくない為

急遽 横浜の大さん橋と赤レンガに行って来ました。



お分かりだとは思いますが、奥に見えるのが 『大さん橋』 です。当たり前ですが今日も船の出航をしていました。
手前に写っているのは 何か イベントをやっていて ライブ? みたいでした。







私は 『大さん橋』 に行くのは 初めてだったんですが、海からの風が気持ちよく 凄いデッキが張り巡らされていて、芝生との相性がとても良く、非常に気に入りました。
庭造りの参考になります。
横浜の観光スポットは大半行ってると思いますが、『大さん橋』 が一番好きかもしれません。

次に歩いて『赤レンガ』に行って来ました。



今日は 『ル・ボラン カーズ・ミート 2011』 というイベントをやっていて沢山の車が展示してあり、一部 試乗車もあり 偶然ではありますが、車 好きな私には ラッキーでした。



国産車から各有名な外国車まで沢山の車が展示してあり、中には シートに座る事が出来る車種もあり、到底 私の収入では買えない車を色々見てきました。

その中に 『レクサス』 が出展していた車種に 私は雑誌でしか見たことがなかった車がありました。
値段は何と 3000万円以上
人それぞれ 価値観が違うので 何とも言えませんが、私の価値観で(私は車好きですが)、土地や家を買ったほうがいいのでは?と 思います。

 今日は仕事の打ち合わせが川越であった為、お気に入りのパン屋さんに寄ってきました。

申し遅れましたが、私はパン好きです。

美味しいパン屋さんは他にも色々ありますが、すごく美味しいからお気に入りとかではなく、お店の雰囲気がお気に入りのお店です。
味は人それぞれ味覚の好き嫌いがありますので、あえて すごく美味しいとは言いませんが・・・。
私 個人的には ここの味は好きです。
国産小麦を使って、天然酵母・無添加などこだわりがあるようで、お店のすぐ横の工房の様子も見れます。手作り感のある素朴な味わいで、女性のお客さんが多い感じです。

私は見た目に似合わず 乙女チックなところがあるようで・・・


ここは 無料で試食のパンがあり、パンを購入すると無料でお茶かコーヒーを飲めるます。
そのコーヒーかお茶を片手に外のお庭で一休みできます。
今日は平日でしたが、週末はとても混雑しています。

もし 暇な時がありましたら 行ってみてはいかがですか?

『川越ベーカリー 楽楽』
http://www.bakery-rakuraku.com/

 9月に入りましたね。

台風の影響も気になりましたが、今日は 芝刈りと花壇の補植・竹の伐採に行ってきました。




芝刈り&花壇の補植後です。




このお庭は数年前に私が花壇を造ったお庭で、その後 花壇の管理と芝刈りを頼まれてやらせて頂いている所です。

数年前に造った 丸い花壇2つです。



本日は台風の影響で作業できるか心配でしたが、なんとか 大雨が降ってくる前に作業終了できました。

ここのお庭は 芝生が生えている部分は半分位で奥に 和風庭園のお庭があります。
そちらも草が生えるので一緒に草刈りもさせて頂いていますが、非常に植木が大きく成長していて込み入ってしまってます。
その為 風通しが悪く 蚊がすごくいて、樹木も病気にかかっていたり、野良猫が住みついていたりして、環境があまり良くありません。
若奥様も 大変 気になされてるみたいで、 私が芝刈りの度に 樹木を間引いたり、気になる所の枝を下したりしています。

そして 今回は 竹に ビッシリ 『チャドクガ』 がついてしまい、お子様もいらっしゃるので 伐採することにしました。

『チャドクガ』 は 刺されると 非常に痒くなり、刺された箇所をかいてしまうと かいた部分からどんどん広がってしまい、収拾がつかなくなる 厄介ものです。

私も刺されないように注意して伐採しましたが、『チャドクガ』 を見ているだけで 痒くなります。




皆さんも 小さい毛虫ですが糸を引いてるのがいたら 素手で触れないように注意してください。
 今日は 車両系建設機械(解体用)の操作資格を取りに行ってきました。

興味がない方には 何の資格?? だと思いますので、簡単に説明いたします。

まず 車両系建設機械 操作資格とは・・・ 主に 下の画像のような重機を操作し 穴を掘ったり 整地したり トラックに土等を積み込んだりする時に必要な資格です。

総称は 『車両系建設機械(整地・運搬・積込・堀削)』 になります。

一般道路を走行する時は また 別の 『大型特殊免許』 が必要になります。





そして・・・ 車両系建設機械の操作資格の中でも (解体用) と 言って 主に コンクリートやアスファルト道路などを 壊す時に必要な ブレーカー を 操作する時に必要な資格です。

少し分かりづらいかもしれませんが、下の画像がその ブレーカー を 装備した 車両系建設機械です。



通常はこちらを 装備しています。↓



午前中に学科授業があり 昼近くに 学科試験があり 60点以上で合格です。
学科授業を寝ないで聞いていれば ほぼ 100% 合格できます。



午後に一度だけ練習をして すぐに 技能試験です。

言い忘れましたが、この資格は車両系建設機械(整地・運搬・積込・掘削)の資格を持っていないと、申し込む事が出来ない資格です。

よって 仕事等で 日頃から 操作している人を前提にして 試験を行いますので、詳しい操作説明等はありません。いきなり 試験です。


私も日頃 操作しているので、楽勝 と思って臨んだんですが・・・

 
これも少しマニアックになりますが、車両系の操作方法は 2種類 通称 『コマツパターン』 と 『JISパターン』がありまして、以前はほぼ全て コマツパターンでしたが、操作方法が 異なると 操作しづらいので 統一しよう と 言う事になったそうです。

今 資格を習得しよとすると、試験は 『JISパターン』 が共通になっていて、 私が車両系の資格を習得した10年近く前までは どっちの操作方法か、試験や練習の時に選べたのですが、今回は全て『JISパター』)という事で 頭で考えて操作するより 体が勝手にコマツパターンで動くようになっていたので 非常に操作しづらく 頭で考えながらで ギクシャクして 合格はしましたが、ヒヤヒヤ しました。

因みにリース会社で建設機械を借りる場合は何も言わないと『コマツパターン』になります。
大体の建設機械は簡単なスイッチで 2種類の操作方法を切り替える事が出来ます。

これで ほぼ 建設系の資格は取得したので 教習所には行かないと思いますが、最後にヒヤヒヤして 少し疲れました。 
 本日は雨の中 花壇の土を入れ替える作業でした。

花壇の大きさは、さほど大きくないのですが土壌が岩を含む石や砂等が混ざりこんだ土だったので、花を植栽しづらいので土を入れ替えて欲しいとのことでした。



取り除いた土です。画像で見るより 石が多量に入ってました。
量的には0.5立米ぐらいでしょうか・・・。



土を取り除いた後の様子です。



花壇用の土をせっかく入れるので、下の砂利の層と混ざり合わないようにシートを敷いてから花壇用の土を入れます。



黒土ベースで土壌改良剤を入れて混ぜ込みます。



今回はサービスで花苗を植えました。



画像では分かりづらいですが『ユーホルビア』をメインに『日々草』『ムラサキツユクサ』等を植えました。
霜がおりるまでの短い期間ですが、良く咲いてくれるといいです。





今日は雨が降ったりやんだりで、頭に巻いたタオルを搾りながら、濡れたシャツを脱いで搾りながら作業していたので、作業終了後 体調が悪くなってしまいました。

早く寝て風邪を引かないようにしたいと思います。
 本日は『キンモクセイ』の移植作業です。



高さ 3メートル位でしょうか?
植えてから かなりの歳月が経っている為 かなりしっかり根が張っていました。



フェンスを外して ユンボにて 持ち上げます。
この状態でもまだ 太い根が下に張っています。



根巻をしてトラックに積み込みます。
掘り出してみると 結構大きいです。

フェンスを戻し完了です。



次は『モッコク』の伐採です。




当初は移植する予定でしたが・・・

排水升がすぐ近くにあった為 根巻するのは諦め 泣く泣く伐採することにしました。







植木も生きているので なるべく 移植してあげたいのですが、排水升や排水溝・水道管などが 近くにあると、壊す怖れがあるので そちらを壊すのはリスクが大きいので 通常植木の移植は諦めます。

植木を植える時は この辺にも注意が必要ですね。

普通抜くつもりで植えたりしないと思いますが。
 本日 無事帰宅しました。

昨日のブログには載せれなかった 『日光白根山』 の登山口です。
120号線を丸沼高原スキー場をこえて、車で10分位 進んだ所です。



昨日は一日中 曇り空でした。



サマーゲレンデで有名な丸沼の 『グラススキー』 の風景です。
平日にかかわらず結構滑っている人達がいました。



もう一つの丸沼の夏のレジャーです。 『リュージュ』 
試しに一度乗ってみました。想像以上にスピードが出て楽しいです。
夏はスキーより こっちのほうが 楽しいのではないか??と 私は感じました。



冬はスノーパークで キッカーやら レール・ボックスが ある 所で、毎回お世話になってる場所ですが・・・ 雪がないと こんな感じでした。






本日 帰宅する日は天気よく 気持ちよく風も吹いていい日でした。




画像では芝生が生い茂っていて とても 綺麗で 駆け回りたい感じですが・・・

実際はキャンプサイト以外の所は シカや  その他の野生動物の糞がいっぱいです。
夜 寝ている時はシカの鳴き声や足音がして、テントのすぐ近くで走り回っていた気配がしました。

やはり 人工的に造った所とはいえ 人間界ではなく 自然界の中にいるんだ、と 改めて実感しました。子供や妻は少し怖がっていて、夜1人でトイレに行けないぐらいでした。

とはいえ 非常に満喫した キャンプでした。


丸沼高原キャンプ場は設備や安全面にも気を使ったキャンプ場で ちょっとした アスレチックも備えてあり 温泉にも 入れて 一日中 ゲレンデ内で遊べる所ですので、皆さんも機会があれば是非 一度 行ってみてはいかがですか?

サマーゲレンデにスキーに来ていた 子供2人とご両親の4人家族も私達のテントの近くで 同じくテントを張ってキャンプをしていました。

ホテルや旅館に泊まるよりは キャンプ道具があればリーズナブルでしょうね。
F1000690.jpg
今日から三連休のお盆休みに入り、群馬県の丸沼高原スキー場に2泊3日のキャンプに来ました。
 
丸沼高原スキー場は冬にスキーでかなり来ているスキー場なので、夏にキャンプに来ると、冬の真っ白な光景が頭に焼き付いてるので、とても新鮮でいい感じです。
 
毎回スキーに一緒に行く、団子屋家族にも勧めたいぐらいです。
多分『俺はいいや』って言いそうですが…
 
 
20110822161853.jpg
 
さて、天気予報では雨が続くみたいでしたが、こちらは曇り空でたまに霧雨が降る程度で、とても涼しく日中でも気温が18℃ぐらいでした。
 
 
 
今日は午前中に日光白根山を登山してからキャンプ場に入る予定できたのですが、登山中の雨とキツい登りの為、大量の汗で、服の外も服の中のパンツまで濡れてしまって、体調もあまり良くなかったのと、これからテントを張ったり食事の準備をしたり色々ある事を考え途中で下山してきました。
 
日光白根山は数年前に一度登ったことがあり、すごく綺麗な山なので、家族が出来たら連れてきたいと思っていたのですが…
また次回に楽しみはとっておくことにします。
 
それにしても、キャンプは最高ですね。
 
二泊するので明日はのんびり、外で昼寝でもして癒やされたいと思います。

 ここ数日涼しいですね。夜が快適に寝れて嬉しいです。

今年も夏の甲子園が終わりました。

西東京代表の日大三校 おめでとうございます。

私は野球をやっていた訳ではないのですが、一生懸命やってる姿にはどんな競技でも感動します。
最近は特に涙もろくて、高校球児の涙やスタンドで応援している人達の涙でも、泣けてしまいます。

当たり前ですが・・・甲子園で優勝できるのは全国で一校だけ。 他は全て負けて終わります。

どんな競技でもそうですが、勝って学ぶ事より負けて学ぶ事のほうがはるかに大事だと思います。

それに 野球やその他の競技でも共通して言える事ですがスタートラインに立つまでや競技開始までに どれだけ言い訳できないように練習に取り組んできたか。

自分で自分に頑張ったというのは、決して自分が自分に言う言葉ではなく 他人の評価だと思います。

昔 マラソンの有森裕子さんが 『はじめて自分で自分を誉めてあげたいと思います』とメダルを取った時に名言を残してから、『自分自ら頑張った』みたいな発言が認められるようになった気がします。でも有森裕子さんは 自他共に認める努力を重ね、世界でメダルを取ったから 素直に聞けた言葉であって 一般の人が言っても ただの甘えや冗談にすぎないと思います。

と 話がそれましたが・・・ 

競技開始までに自分で言い逃れをつくらず 競技に臨めたか?によって、勝っても負けても、いい経験になるし、自然に涙がこぼれる姿に見ている人も感動できます。伝わるものがあると思います。

甲子園という テレビ放映されてる 花形な部分だけではなく 地区予選の一回戦で負けてしまった高校でも 一つも言い逃れや言い訳を言えない状態で試合に臨んで負けた高校は 甲子園の決勝戦で負けた高校と変わらないと思います。

世の中はどんなに努力しても勝てない事や叶わない事がある 事を学ぶ事が大事ですね。

何事もそうですが、言い訳がでるような負け方は悔いが残ります。

私の経験上の事なので 偏見もありますが ご了承ください。