以前 お客様の庭の撤去作業した時にでた、コンクリート棒です。



捨てるのは勿体ないので、自宅庭の北側に敷いてみることにしました。

個数が微妙に足りなかったので、現場あわせでアレンジしてみました。



砂利は廃材として捨てられたリサイクルレンガの砂利です。

ただ砂利だけ敷くよりは多少いいかと・・・?






 風が強かったですが、非常に天気が良い日でしたね〜 

そんな中 ほとんど 伐採?ってほど 庭木を手入れしてきました。

何年も手が入っていない為 荒れ放題の庭を 『スッキリ』 させてきました

作業前 ↓



作業後 ↓



画像の ↑ 『黒松』 は お客様のご要望で 半分にバッサリ伐りました。

別角度 作業前 ↓



作業後 ↓



作業風景・・・まずは メインの 『黒松』 を 半分に伐採すべく チェーンソーを 腰にぶら下げ 不要な枝を ノコギリ で伐りながら 木に登る為の足場は確保し てっぺんまで 登って行きます。








てっぺんは ロープを結び 安全な所に落とします。



作業後 ↓



葉をチラホラ 残したので 枯れはしないと思いますが・・・  可哀想な伐り方をしました。

今回は それ程 大きい樹木ではなかったですが、風が強かった為 油断は禁物でした。



私は高い所は好きで怖くないんですが、油断すると ケガに繫がるので 毎回 気を引き締めて木に登るようにしています。

その為 木に登っていて ケガをする事はないのですが・・・

ケガをする時は 意外と どうでもいい所で ケガをするものです。

今回は 今登っている 松の隣に生えている 『ゆずの木』 を剪定した時に 下に落ちた枝葉のトゲが足の裏に刺さりました。






 以前から 何回か ブログに掲載している 『花台』 をお客様のもとへ 納品してきました。

前回まで ↓



納品後 ↓





これから 色々な お花の引き立て役として 活躍してくれる事を 祈ります。

お客様にも 大変 喜ばれ 一安心です。

この 花台を納品中に 早速 知り合いのお客様に 『私にも作ってくれない?』 『私は丸テーブルがいいんだけど?』 と 相談を受けました。 また 植木屋 兼 家具職人の出番になりそうです・・・ 笑 


 今回は 自宅の庭施工ではなく お客様のお庭を施工しました。

とてもオシャレなお家で 庭もお家に合わせて提案させていただきました。

施工前 ↓



施工後 ↓



施工中 ↓ 最初は花壇の所から施工します。 道路脇などで使われている 地先ブロックを使い土留めにします。




そしてオリーブの花壇 の完成です ↓



次に飛び石のかわりに コンクリート平板を 均一に並べます ↓



奥には カシワバアジサイを 植栽 ↓



玄関横の メイン箇所 施工前 ↓



『カツラ』 の 株立ちを 植栽しました。 ↓



お客様とも 色々 悩みましたが、最初に決めていた 『カツラ』 に最終的には決まりました。

シンプルに 一本だけ 植栽するのはいいですね。 家との 相性もいい感じです。

私もカツラの木は好きです。 もし この 『カツラ』 を植栽しない場合は私の自宅に植えようと思っていました。



ここのお宅は外壁が ほぼ 真っ白でしたので、お庭の ハード面も 白で統一したほうが 合うのではないかと思いました。

お客様からのご要望でも 飛び石がわりに コンクリート平板を 並べて欲しいとの事でしたので・・・


色々な色を組み合わせると デザインが逆に難しくなってしまうのと 年齢と共に『飽きてくる』と思いましたので、土留めのブロックも コンクリートの白色にしました。

植栽も お客様との意見も一致していまして、植物の生長を考え なるべく 少ない 植栽ということで決定しました。

花壇にも 色々な品種の 『オリーブ』 だけ を植栽し、(違う品種のオリーブを植える事により 実がつきやすくなる為) いずれ 大きくなった時に 窓の目隠しになることを 考え 植栽しました。

今回の庭はシンプルだけど 実用性があり 無駄がない とてもいい お庭だと思います。
お客様のセンスも良く 家との相性もバッチリだと思います。

私も 自分の自宅庭の 施工にかかりたい所です・・・





今回お世話になったホテルが、富良野スキー場の目の前で、1ヶ月早く来ていれば、道具を持ってきたのに・・・



次の日に前から行って見たかった《上野ファーム》と云う、若い女の人が営んでいるお庭を見に行ってきました。



まだ花が満開の時期ではないので、時期的には早いのですが・・・雑誌や本などで紹介されているお庭を肌で感じられて非常に良かったです。




レンガで組んである壁は、造り込まれてない感じで、オシャレで可愛いです。
お花好きな人に好まれそうなお庭で、また私達の世代にも好まれそうで、庭を施工する私にとっても勉強になります。





北海道は気候の影響が大きいと思いますが・・・「シラカバ」の木がとても似合います





その他 美瑛・富良野の大自然を色々とドライブしたのですが・・・

可愛い家が沢山あり、寒い地方に住むなら私も同じような家に住みたいです

北海道は特に私の好みに合いますね。



因みにここのレストランで昼飯を食べました
食べ物も店の雰囲気にマッチしてます。



その他の可愛い家です






分かります??

今となれば・・・オシャレなゴロウサンの車



私は北海道には何回も来ているのですが・・・その時の年齢や状況によって見るポイントや感じ方が違いますね。

また来る時も同じ場所でも感じ方が違っていると思います。



明日帰路につきますが・・・またいくつか有名なお庭を観光してから帰ろうと思います。

今日 北海道は天気が心配でしたが、たいしたことなく天気が持ってくれて助かりました。









ゴールデンウイークはどうお過ごしですか?

私は法事を兼ねて妻の両親と共に「北海道」に来ています。

まずは羽田空港から・・・





久々に飛行機に乗りました。

最近格安料金が話題になっていますが・・・この間の高速バス事故のようにならない事を祈ります。


そして、札幌にて二泊宿泊します。




札幌も東京も代わりばえしませんね。
大都会です。


私は北海道と言えばこういう所が好きです。




「モエレ沼公園」




この公園は元々ゴミ処理場だった場所をあの有名な「イサムノグチ」が地球をテーマに、子ども達が遊べる公園を・・・と云うコンセプトで造ったそうです。

色々な意味で私は好きです。






そして・・・

競走馬だった馬又調教中の馬がいる施設
「ノーザンホースパーク」







ここも大地を感じられいい場所です。


そして、私が北海道に来て北海道らしさ!?又雪国ならでは・・・と感じる所がいくつかありましたので、紹介したいと思います。



信号機が雪対策で縦表示で、しかも
LEDライトになり電球熱で雪が溶けにくくなった為、少し斜めに取り付けられています。


そして・・・




家が建ち並ぶ札幌市が主にだと思うんですが・・・新しい家は屋根が平らな形が多いんです!!

地元の人に聞くと、「雪が積もった時に家の周りに雪が落ちないように、又積もった雪が屋根の排水溝から下に流れ落ちるようになってるんだ。」そうです。


その他にも雪国ならではの対策が至る所で発見できて、面白いです。


本日から札幌市を離れ美瑛・富良野に向かいます。

昨日までで札幌市周辺の観光地も行ってきました




小樽市



時計台



テレビ塔

まだ北海道旅行は続きます。




ゴールデンウイークが 始まりましたが・・・ この前から製作中の 花台 2つ が完成しました。

仕事の合間をみてちょこちょこ 製作し 綺麗に仕上がりました。

前回まで ↓



今回は お客様がネットで見つけてきた、この画像を参考に試行錯誤しながら 製作します。

頼りはこの画像と ↓ 指定の寸法だけです。



まずは 脚を組んでから作ろうと考え、組み方とデザインを考え カットします。



そして 脚を組みます ↓



次に 天板に 脚を取り付ける位置を決め 刻みを入れて 差し込んで組むようにしました。



刻んだ所と脚を ボンドで接着します。釘を使わなくても、少し小さめに刻んである為 差し込む形だけで しっかり 密着します。なるべく 釘は使わないほうが 私は好きです。
 
そして ボンドの もう一つの役割は細かい隙間をボンドで埋めくれる事により 乾いた時にぴったりになります。







ボンドが完全に乾いた所で 面取りと ヤスリがけ 等 仕上げにかかります。



そして ニスを塗ります。 今回は 透明なつや消しニスにしました。木の質感を見た目で残したかったので、光沢がでるニスは あえて やめました。

まずは 裏側から塗り ある程度乾いた所で 表を 塗ります。



そして 完成 

前回 作ったもう一つの 花台も 面取りをして ヤスリがけ等を してから 同じ つや消しニスを塗りました。





いや〜 綺麗にできました。 自分で使いたい感じです。

通りがかりの女の人も 『可愛い椅子があるわ』 『こーゆうのは どこで 作ってもらうのかしら?』

『値段も結構するんだよね〜』 

と 私が 見えない所で 話していました。

こうゆう 何気ない会話は 下心がなく 素直に聞けます。これなら、お客様もきっと喜んでいただけると思いますが・・・まだ 実際見せていないので 少し 緊張します。


通行人の方にも、後から 顔を出し 『お花を置く花台なんです』 『私が作りました』 と 話し 宣伝しときました。

でも 家具は 簡単そうで 結構大変なので 頻繁に製作するのは 勘弁です(笑)








 本日は高さ約10メートル位の樹木を約10本 剪定しました。

昨日の天気のように暑くなくて助かりました。

剪定前 ↓



剪定後 ↓



剪定前 ↓



剪定後 ↓



午前中で 私一人で7本剪定しました。

お客様にも 『スルスル木に登りますね!!』 と 私にとっては 褒め言葉をいただきました。

ここの樹木は 植栽してから20年位経ちますが、今回 高木の剪定に入るのは初めてです。

去年の台風で他の10メートル位の樹木が倒木した為、どうしたらいいか?と相談を受けた際に、対策として 倒木しなかった他の高木を守ること。また樹幹は保ちたいとの事でしたので、透かし剪定をして風通しを良くして 風が通ることにより樹木の健康管理にもなる事を提案していました。

そんな事があり 今日 高木剪定の作業に入りました。

新芽が芽吹き出してはいましたが・・・ 葉が生い茂る前で良かったです。葉が生い茂るとゴミの量が1.5倍に膨れあがりますから・・・。


冬を越して、ようやく 植木屋らしい 仕事が増えてきました。

やっぱり 植木剪定は 楽しいです。



 今日はいい天気でしたね〜

そんな中 私は お客様に頼のまれていた 『花台』 を 製作していました。

お客様が ネットで探した サンプル画像をもとに 似た感じのデザインで製作します。

画像と 指定の寸法だけが頼りで 後は試行錯誤しながら 仕上げていきます。

この画像 ↓ が デザインの見本です。



まずは・・・こんな感じかな? と思う部材を ホームセンターで買ってきます。



そして 製作 開始 まずは 基準になりそうな 真ん中の ×印から 作る事にしました。



大きさの違う ×印を 2つ 作り 形を整えていきます。



そして メインの 天板を 刻んでいきます。





そして・・・ 完成 ↓




サンプル画像と近い感じになったかな?

お客様は 少し 和風もお好きなようなので、あえて 面取りはせずに 角をだし 和風っぽくしてみました。

気に入って頂ければ嬉しいです。

あと 一つ 違った形の 花台を 頼まれているので また製作したいと思います。

趣味の木工も仕事になると 緊張して 疲れます。





 自宅の庭の 『グラサン部分』 にオリーブを植えようと考えていますが・・・ 中々 気に入った樹形のオリーブが見つからず、そこで家の畑に植わっている オリーブから 『取り木』 をすることにしました。

原木 ↓



取り木をする部分の枝 ↓



まずは 表面の皮を剥がします ↓



樹皮を剥がした部分に水苔をビニール等で水受けになるように巻きつけます ↓



この他に2ヵ所ほど 取り木をしました。



あまり 取り木をすると 畑の母の機嫌が悪くなりそうだったので この辺でやめておきます。



今の時期は 『リキュウバイ』 が綺麗に咲いています。 この リキュウバイを見て 何人もの お客様が リキュウバイを 購入していきました。

この リキュウバイはとても 大きかったのですが・・・

昨年の夏に 虫がついてしまった為 バッサリ 枝を落としてしまったのですが、1年も経たずに良く成長しました。



↑ 画像が横になってしまいましたが・・・ リキュウバイの 花のアップです。