ここ数日涼しいですね。夜が快適に寝れて嬉しいです。

今年も夏の甲子園が終わりました。

西東京代表の日大三校 おめでとうございます。

私は野球をやっていた訳ではないのですが、一生懸命やってる姿にはどんな競技でも感動します。
最近は特に涙もろくて、高校球児の涙やスタンドで応援している人達の涙でも、泣けてしまいます。

当たり前ですが・・・甲子園で優勝できるのは全国で一校だけ。 他は全て負けて終わります。

どんな競技でもそうですが、勝って学ぶ事より負けて学ぶ事のほうがはるかに大事だと思います。

それに 野球やその他の競技でも共通して言える事ですがスタートラインに立つまでや競技開始までに どれだけ言い訳できないように練習に取り組んできたか。

自分で自分に頑張ったというのは、決して自分が自分に言う言葉ではなく 他人の評価だと思います。

昔 マラソンの有森裕子さんが 『はじめて自分で自分を誉めてあげたいと思います』とメダルを取った時に名言を残してから、『自分自ら頑張った』みたいな発言が認められるようになった気がします。でも有森裕子さんは 自他共に認める努力を重ね、世界でメダルを取ったから 素直に聞けた言葉であって 一般の人が言っても ただの甘えや冗談にすぎないと思います。

と 話がそれましたが・・・ 

競技開始までに自分で言い逃れをつくらず 競技に臨めたか?によって、勝っても負けても、いい経験になるし、自然に涙がこぼれる姿に見ている人も感動できます。伝わるものがあると思います。

甲子園という テレビ放映されてる 花形な部分だけではなく 地区予選の一回戦で負けてしまった高校でも 一つも言い逃れや言い訳を言えない状態で試合に臨んで負けた高校は 甲子園の決勝戦で負けた高校と変わらないと思います。

世の中はどんなに努力しても勝てない事や叶わない事がある 事を学ぶ事が大事ですね。

何事もそうですが、言い訳がでるような負け方は悔いが残ります。

私の経験上の事なので 偏見もありますが ご了承ください。

 今日は仕事が早く終わったので、数年ぶりに名栗湖の上の有間峠までドライブに行って来ました。



地元の人は車の免許取りたての頃とかに 夜景や星を見に行った事がある人は多いと思います。

夕方でまだ明るかったので星は見えませんでしたが、風景は良く見えました。



右のほうに薄っすら見えるのが 『名栗湖』 『有間ダム』 です。

もう何年も前に林道を見つけにこの辺の山にバイクで来たり、夜景を見にきたりした時とほとんど変わらない風景でした。

前に来た時に、夜くると決まって鹿が出没して 親子でいて道路を封鎖してたり、一度に数頭 見ることも珍しくなかったんですが・・・。


少し前に鹿が 大量に繁殖してしまい 植物の新芽を食べたり、材木として利用する為に伐採した切り株に新しい苗を植えても食べられてしまい、山が荒れて困るとのことで、地元のハンターが駆除すると 地元の新聞に載ってから、あまり見かけないような気がしていました。

道中 『前はよく鹿が出たんだよ』 なんて話をしていたら・・・



まだ日中なのにいました。一頭だけでしたが、久々に野生の鹿を見ました。



かなり警戒していましたが、ここまで近寄っても平気でした。まだ子供ですね。

毎月植木のリースでお伺いするあるお客様は、数々の山をドライブして風景を写真におさめるのが趣味な方なのですが、私も山が好きなので、毎月 お伺いした時には 『この間はどこに行ったよ』 等のお話しをさせて頂いてます。

丁度今月お伺いしたときに、長野県の霧ヶ峰や群馬県の尾瀬にまで鹿が繁殖して多くなりすぎ 植物を食べてしまい 毎年咲くはずの花がごくわずかしか咲いてないので、困ったものだ 等の お話しをお伺いしたばかりでした。 

動物との共存は難しといいますが、確かにそう思います。決して鹿だけが悪い訳ではないのですが、人間が望む自然を維持しようとすると増えすぎた動物は駆除しないと自然環境が守られないとなってしまいますね。

地球上で一番増えすぎた動物は人間なのに。

難しいですね。。

 皆さんはどこかに出掛けましたか??

私 自営業はお盆は関係なく仕事をしています。 お客様の所にリースに出掛けても 休みの雰囲気がただよっていて、私は好きです。
私は休みではないのですが、まわりが休みだと 何か 気持ちが 『マイペース』 でいいかって感じになり、気持ちにゆとりができます。

年に3回 ゴールデンウイーク・お盆・正月 と 私は休みではなくても 好きです。

次は正月かぁ〜

皆 言うことですが、1年は早いですね。

なので・・・ 結婚してから 私は1年・1年、目標を決めて実行するようにしています。

何もしなくても あっという間に1年が過ぎてしまうので 何か 目標を決め それを 達成できるように計画し生活を送るようにしました。

今の所は計画通り進んでいます。 

そして10年後、さらに先の 私が60歳になった時にどういう人間になっていたいかを 大雑把にでも考え一年一年 一月一月を生活するようにしています。

そうしていったら さらに 1年が早く感じられるようになりました。

日々意識して年を重ねるのとそうでないのでは大分 差がつくと思いませんか?
  

 今日は朝 一件だけ仕事でリースがあったんですが、その後は予定がなかったので、家族で川遊びに行って来ました。

場所は・・・ またちょくちょく 時間があれば行こうと思うので 内緒です。



日曜のお盆休みといこともあり、こんな 山奥まで他にもBBQをしに来ている人が多数いました。

今日も気温が高く暑かったんですが、川の水は冷たく 足だけ浸かっているだけで、涼しく天然のクーラーでした。



やっぱ 夏は川ですね。

山も海もいいですが、私には夏の川が最高です。

10年位前 オフロードバイクで山の中を走りまわっていた時に色々 いい場所を探しておいて良かったです。

母に昔 『人生無駄な事は一つもない』 と言われたように、バイクで山を走っていた事ですら無駄ではなかったのかな? 

どこに行っても混んでる中 ちょっと行ってすぐ 遊べて お金もかからず混んでもいない場所。



半日だけでも時間がとれれば また 行きたいと思います。 

皆さんも 自分だけの『秘境』を見つける旅に出かけてみるのはいかがですか??

 暑い日が続きますね。

この猛暑の中 植木の剪定作業です。 シャツからパンツ・ズボンまで汗でビショビショです。

休憩の度に シャツを脱いで 水で流し絞って、着て 『気持ちいい〜』ってやってます。

麦わら帽子の良さを最近の猛暑で気づき見た目を気にせず、直射の強い日の外作業では欠かせません。
このまま コンビニに 普通に入ってたんですが、 手伝いに来てもらってた友達に 『コンビニで麦わら帽子は見ないな』 と 言われ 最近は脱帽して 店に入ってます。









さて ゴーヤは 簡単に良く育つと思っていたら・・・

実際に育てたり 植栽した事はなかったので・・・  水さえ たっぷりあげていれば平気だろう??

なんて甘い考えで6月の始め頃 お客様の所に 植えたのがこれです。



まだ枯れてはいないですが・・・




日中直射が当たらない場所でさえ あまり 生育がよくないです。


 水管理も 気温が35℃ 以上の日になると 1日 朝 夕 だけでは すぐに乾いてしまい、プランターだと厳しいこと に気づきました。

雑誌や本・ネット・実際育ててる人の話・栽培してる人の話 等を聞き ゴーヤについて 勉強しました。

この経験を次回に生かしていきたいと思います。

ゴーヤには苦い経験まで味あわせていただきました。
 7月のはじめ頃 長瀞にドライブに行って来ました。

長瀞は家からそんなに遠い所ではないのと、車 バイクで何回も通っていたのですが、実際 立ち寄るのは 初めてでした。



噂のライン下りの風景も見れ 丁度 前日のテレビ番組『アド街ック天国』?で長瀞が紹介されていて、私もそれを 見て行ってみることにしたので、 混んでるとは思いましたが・・・
多分 皆も「テレビで放映された次の日は混むからやめよう」と考え すいてるのでは?? と 裏をかいたんですが・・・ 普通に混んでました。

テレビで紹介されていた、「ナスの一本漬け」「天ぷらそば」「天然氷のかき氷」等を食しに行ったのですが、「天然氷のかき氷」は かなり混んでいたので やめました。


私個人的にはナスの一本漬けより 普通にキュウリの一本漬けのほうが美味しかったです。

「天ぷらそば」は美味しかったです。



川沿いの岩の所から「コナラ」が生えていました。

すごい生命力ですね。少ない栄養分でよくここまで成長してます。

こういった場所に生えている樹木はすごく根が強く張っていて 移植困難です。
移植しないでしょうけど・・・



岩の上なのに、これだけ 樹木が生えているのは 意外と川沿いでは良く見れる光景ではありますが、その環境に適応する力はすごいですね。 
文句一つ言わないで。言えないですが・・・。



昔懐かしい感じの 『長瀞駅』 です。



もう少し涼しくなったら かき氷を食べに 行ってこようと思います。

あと 宝登山も登ってこようと思います。 
 今日は朝は天気が良かったので、山中湖に家族でサイクリングに行ってきました。

あいにく 途中で雨が降ったりやんだりの天気で、午後からは本降りになってしまいましたが、本降りになる前にサイクリングを終えたので良かったです。

途中 雨宿り中です。



雨がやんで再び出発。



我が子と三人でサイクリングがしたい為に 二人乗り用の自転車を買いました。

前かごも付けてママチャリとしても使えるようにカスタムです。

雨雲が次から次にやってきました。



山中湖に出掛ける前にネットで調べた。美味しそうなサンドイッチ屋さんに先に寄って、お昼のサンドイッチを買いました。

とても美味しい サンドイッチとスープ・ポテトチップのセットで700円〜800円でした。

もし 山中湖に行く機会がありましたら立ち寄ってみてください。

『マーリンズ・ピクニック』

山梨県南都留群山中湖村山中249−8

筺。娃毅毅機檻僑押檻隠沓沓

営業時間:金・土・日のみ営業 11:00〜13:30

とても 営業時間が短いのと 分かりずらい所にありますので計画的に行ってください。


可愛らしい お庭で 寄せ植えも綺麗にお手入れをされていて とても かわいい店舗です。



お薦めは『照り焼きチキン』です。私は『アボガド&エビ』を食べましたけど。

最近 アボガド料理がお気に入りな私です。


その後 国道413号線を道志村を通って帰って来ました。

途中 『道の駅 道志』 に立ち寄り こちらも 美味しかった 串焼き豚 を食べて帰路に着きました。
 以前 ブログに載せた コンクリートの壊し作業で、その後です。

今日 現場に行ったら メインにブルーベリーを植えて、その他は鉢植えプランターを置いてありました。コンクリートの上に置くより土の上に置いたほうが乾燥しずらいですね。ただ そのままにして置くと蜂の底から根が張ってしまいますが・・・








イヌが土の上のほうが涼しいらしく涼んでいます。





たまに通る道で今が見ごろの『サルスベリ』が街路樹で植栽してある道です。

日高市役所の裏側?の道で直線道路の所です。
分かりますか??





画像だと あまり綺麗ではないですが、実際は綺麗です。

『サルスベリ』の由来は・・・ 私の知る限り、木登りの名人の猿でさえ幹がツルツルしている為、滑ってのぼりづらいことから 『サルスベリ』 だそうです。

私的には そんな 適当な事から 名前を決めてしまう所が 凄いと思います。植物の名前って意外と適当に決まっている事が多いです。


私の個人的な意見ですが、個人的悩みや大事な事、悩んで決められない事ほど 適当に決めたほうが すっきり する事が多い気がします。始めから適当ではなく 色々悩んだあげく 適当でいい。みたいな感じで、ですけど。 

話は戻りますが・・・

あれだけ 『サルスベリ』 が植わっている道は珍しいのではないでしょうか?
一年で夏の暑い時期にしか 咲かない サルスベリの花 花が終わると 秋には葉が紅葉しだし、一枚も葉を残さず落ちてしまうので、存在感がなくなってしまいます。

花木はほとんどが 一年に一度だけ 花を咲かせますが・・・ せっかく 綺麗に咲いている時なので、『綺麗だなぁ』 等 何かを感じてみてはどうでしょう?

正式な道の名前を知らないですが・・・

私の中では 『サルスベリ街道』

通った方は気にとめてみてください。
 ここ数日 蒸し暑いですね。

今日はこの前 蜂に刺された時の事をお話しします。 

アシナガ蜂に刺されて1日目の右手です。一応 応急処置として、刺されてすぐに毒を吸い出す器具で何回か吸出し、その後 仕事を続行しましたが、終了後はずっとアイシングで冷やしてました。



次の日には もう少し腫れ 指が曲がらない程になりましたが、その後 徐々に腫れも引き治りましたが、治る過程は非常に『かゆい』です。

植木屋という仕事をしていて 蜂と遭遇する機会は多々ありますが、刺されるのは恥ずかしい限りです。前もって 蜂がいないか 確認してから作業しているのですが・・・

蜂の巣がある枝を揺らした時 危険を感じ 攻撃蜂が一直線に向かってくるので、刺されてから気づく事がほとんどです。


スズメ蜂に2回程さされましたが、幸い 『アナフィラキシーショック』 は今のとこないです。
他の蜂でも 発症する可能性があるので 侮れないですが・・・

毎年 一回以上 蜂に刺されますが、スズメ蜂は『ナイフで突かれた位 痛いです。』 応急処置ですぐに 刺された箇所の毒を多少なりとも吸い出さないと、この画像以上に腫れあがり、人にもよりますが、発熱もします。

皆さんも蜂に気を付けてください!!
 本日も昨日の続きの剪定作業です。

涼しい気候で仕事がはかどり 久しぶりに予定通り終わりました。

剪定前



剪定後

今回キンモクセイは秋に剪定予定です。



引きで



違う角度



この他にも 剪定しましたが、画像には載せてません。

植木の種類は主に『モチノキ』 『モッコク』 『ラカンマキ』 『オオモミジ・大鏡』 など・・・。

同じ作業でも涼しいと、疲労度が全然違いますね。



昨日のブログに似てますが・・・

発見!!



剪定作業していると良く見つけます。

今年は2回目です。



もう巣立った後で卵やヒナはいませんでした。

来年使うか分かりませんが、取り除くのは 気が引けるので毎回 そっと そのままにしています。