春日部市にて赤松を剪定中




まだ半分



去年までは1人で剪定していた赤松



今年は私が教えながら3人で剪定





例年なら1人で1日で終わっている剪定ですが、今年は細かくやっているので1日で終わらず・・・



去年は1人で忙しく枝を抜く剪定をしたので、今年は新芽を伸ばし成長させる剪定に変更。

朝 植木の状態を確認し剪定方法を考えます。


結果は同じように見えても樹木の活性化を促す為には剪定方法を変えています。

なにせプロフェッショナルですから(笑)





早くも!ようやく!人それぞれ感じかたが違いますが、6月突入です。

ようやく入学式を迎えられた娘



早くも6月になってしまった庭施工



そして連日の剪定。





東京都心の交通量も通常に戻りつつあります。



我が家の子供達はようやく6月。

仕事は早くも6月。



感じ方は違うにしても時の流れは同じです。

比べてみれば、早くもと感じる方が幸せですね。











梅雨入り前の貴重な爽やかな天気。

今順調に作業を進めておかないと・・・




防草シートを敷きサビ砂利を敷きます。



飛び石も少し高くし草を取り整地して防草シートを敷いて砂利。

2日間で終わらす



順調に進み





トン袋で8個






作業の段取りを間違えれば、すぐに1日を無駄にしてしまう。

前作業の終わりがみえた段階で次の作業の段取りを考えだし、当日の作業に入る直前まで効率の良い方法を考え 作業中も考え 効率の良い事が思い付けば すぐに変更。

そして終わりが見えれば次の作業の段取りを考え出す。



天気の良い日に・梅雨に入る前に・体調が悪くないうちに。

休みなく働きます。

休みがなく仕事があるだけ幸せです。



子供達が手伝いに来てくれた作業が無事に終わりました。





今まで私が透かし剪定してきた大きい木は根元から伐採しました。

色々な事情があり、剪定管理もこれで最後になるかも知れないお客様のお庭





広い芝生も数年前に私が植え替えました。



住宅地に広い庭を維持して行くのは大変なこと。

自然との共存や家庭菜園などが見直されてきた昨今。

理想と現実を結びつける提案の出来る庭師を目指し突き進んでいます。








今日の仕事は親心として充実していました。



4月に小学生になった娘も加わり子供2人が手伝いに来ました。



木の上から見ている私

「なかなか動くじゃん」



トラックに幹を運び





枝葉を運び



枝葉のベットでくつろぎ



粉砕したチップを慣らし



昼飯はお客様が

「もみじ弁当を予約しといたから」

従業員に「弁当予約してくれたみたいだから、取ってきて」


従業員から電話があり

「持ち帰りは出来ないって」

私 「なんじゃそりゃ?」

行ってみると・・・



料亭じゃん



もみじ弁当??

確かに持ち帰りは無理だ。

職人の昼飯には豪華過ぎる昼食を頂きお客様には感謝です。

午後は幼稚園児の下の子も一時的に加わり




子供達 

「家にいるより楽しいから明日も来たい」

親としては嬉しい一言



そして帰りに偶然歩道で倒れている発見。

すぐに救急車を呼び

通報者となる経験を子供達にも感じてもらうことに



「困っている人がいたら迷わず助けるのがヒーローだよ」

日頃 私が言っている事を証明できたかな??

今日もあっという間の濃い1日でした。









今日も剪定日和

そして今日も2件の剪定

こちらも数年前に私が植栽させて頂いたお庭



剪定後



自然樹形の爽やかな剪定。

誰も言ってくれないので自ら自画自賛(笑)

そんで奇跡を発見しました。



この銀杏は去年私が伐採して私の親父が

「記念にそこに置いておけ」

とただ立てておいただけの状態





なぜ芽吹いてる??



銀杏って凄い生命力

まるで鬼ですね (鬼滅の刃)





暑くもなく寒くもなく風が涼しく最高の天気

そんな日曜日も剪定です。



剪定後



木陰を残し更に大きく爽やかに成長するように剪定しました。

徐々に庭木でも自然樹形を維持していきたい人達が増えてきました。

?playgreenでは7割ぐらい自然樹形を維持していきたいお客様です。

こちらのお庭は約2年前に私が植栽させて頂いたお庭です。



そしてもう1件違う庭に剪定に伺い

日曜日の剪定は終わりに。


そして家に帰りユンボを整備して、のんびりしたいところだけど中々のんびりは出来ず・・・


寝る前になり

息子 「父ちゃん手を見せて」

   「父ちゃんの手できたよ」

 

妻 「似てる (笑) 」


ゴツゴツで痛たそうな手。

付き合いたての頃 妻に言われた事を思いだします。












明日の天気が心配でゆっくり気が休めない、経営者職人(私)

朝の集合時間に間に合うように従業員達に連絡をしないと申し訳ない。

「よし!!今日は雨でもやるぞ」

現場から遠い従業員から先にメールしてもまだ悩む・・・

「現場に着いてから雨が凄い降ってきたら1日が無駄になる」

「他の現場を先にやっておくほうが良かったか?」

悩みながら車を走らせ現場に到着。



「平気そうじゃん」

空は雲り そして 時々 小雨

たが私の心は晴れもよう




従業員達に私の決断は正しかったと証明したくて・・・

「今日作業を決行して正解。むしろ休みにしてたら後悔してたな!」

従業員 「そうだね!」

そして私の心は快晴に  (笑)



予定通り作業を進める事ができ、今日は気が休めます。










まだ梅雨入りしていない??

本当に「ぐずついた」天気が続きます。



そんな日は自粛中の子供達も連れて来て おばあちゃん家で昼飯



今日 五歳の誕生日の2番目の娘の身長を壁に書いている間に



私は数回に別けて材木を仕入れに向かいます。



そして木材に防腐剤塗り開始です。



約200枚ある板



従業員に「綺麗に塗っといて」



その間に他のお客様の所へ

「庭木の剪定」

そして従業員から塗り終わりそうと連絡があり、現場集合




小雨の中 ドッグラン施工の続きです。



明日もぐずついた天気予報・・・

雨で予定を変更するのも一苦労。。

半日だけでも雨が降らない事を祈ります。






今日は曇り空 

普通に現場に向かえば・・・

「雨降ってんじゃん」

埼玉県飯能市街地は曇り空でも山沿いに行けば雨降り。。

「山をなめたらあかんね」

急遽予定を変更して市街地の作業に



クリーピングタイムを植栽



狭い箇所に植木を植えるよりグランドカバー植物の方が先を考えれば良いと思います。





そして明日は本降り予報。

木材を仕入れ屋根の下でペンキ塗り



梅雨に入ると作業が予定通りに進まない。
梅雨があけても暑さで予定通り進まない。

五月晴れがあと何日あるか??

外仕事は曜日で休みではなく、天気で休みが基本です。