大木を伐採すると大量の枝・葉・幹がでます。



大量の枝葉は産業廃棄物中間処理場に持って行き、お金を払い引き取ってもらいます。



伐採現場の近くにある産廃業者をネットで探し、トラックで何回も往復して運びます。



重量のある幹も同じような 産廃業者がありますが…

薪で欲しい人や木工品を造る芸術家が欲しいと言うので、お金を払って処分するよりは 使ってもらった方が良いので持ち帰ります。





今回は家の息子が通うアトリエ教室の先生が欲しいというので 届けて来ました。



ここに置いて下さいと書いてあります。



とりあえず 一部だけは再利用して貰える事に感謝です。



薪で欲しい方・木工で使いたい方・桜の燻製で使いたい方 無料ですので勝手に持っていって下さい。

ただ チェーンソーを持ってないと 人力では持てない重さです。

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL