夏を過ぎてから連休を取れなかったので 正月に 家族で京都に旅行にきました。



今回は「嵐山方面へ」



裏路地の渋い階段を見つけて…



「ちょ・ちょっと待てお兄さん!」



「法輪寺」の裏門でした。



眺めも良く 子供達がこんな所に来れば定番の「やっほ〜〜〜」



紅葉したら綺麗だろう?法輪寺の正門 階段





京都でまた一つ 良いお寺を見つけました。

今回の目的は 私達が結婚式を挙げた「豊国神社」に子供達の報告をする事です。



もう8年前になるんですね!!



宿は式の時に親戚や家族にも泊まってもらった、懐かしの宿です。



夕食は京懐石料理



ゆっくり食べたかったんですが…

子供達はじっと座っていれる訳もなく、歩き回り・遊びだし・骨董品に手を伸ばし・・・

「コラ〜!!」



子供達が小さい時は 個室でないと食事は困りますね!

いや!個室でも困ります。



部屋では妻と観光先を調べていると…「座敷わらしが3人で」



大人が楽しむ京都旅行ですが…子供達がいる場合は子供達が遊べそうな場所も計画に入れておかないと「我慢ができません」

今回は「太秦 映画村」






忍者屋敷など 行ったことのない人でも想像できる内容の映画村

しかし…

仮面ライダーが展示してあるではないですか!!



別に仮面ライダーが好きな訳でもないんですが…息子が2・3才の時に大好きで見ていたので思い出します。



初代の1号からありましたね!



「顔デカい」「顔半分出てるし…」



今も昔も仮面ライダーは奇抜なデザインが多いですね!!

子供の頃は内容が良く分からなくても、大人になり懐かしさから見てみたら「面白い」なんてテレビありますよね!!
例えば「ガンダム」再ブーム到来なんて!

2000年代に入り復活した仮面ライダーは 「再ブーム到来」を狙った内容になっています。

少子化で子供の数が少なくなるに連れて 子供達をターゲットにした企業は必死だと思います。

大人も(男は特に)好きな物は子供のまま成長している人が多いのでこれからの「おもちゃ」は大人が「ほしい〜」時代を企業は見据えて取り組みを始めています。



京都旅行なので視点を戻します。

「南禅寺」



子供達が駆け回れると思って来たものの「ここは危ない?」





ヨーロッパの技術を真似して日本人だけで造った水路



今も流れていますね



いずれは 日本人が海外活動で建設した建造物が同じように諸外国で観光名所になると良い恩返しになりますね。

下の子 二人は疲れて座りこみ



他にも妻が京都に詳しいので色々と穴場スポットにいきましたが…長くなるので掲載はしません。



京都は何が良いのか?

私なりに考えた事は「完成度の高い建造物や庭・仏像などが経年劣化により傷んだり・色褪せたり・苔に覆われたりする事で 出てくる雰囲気。庭に関して言えば…人の手で造り出された物が自然の力により朽ちながらも、人の手で管理され現状を留めようとする雰囲気」

新しい物や庭でも 完成度を高くし、人の手で管理し続ける事で 現代の庭や建造物でも歳月が経てば充分 京都の雰囲気は出せると思います。
しかし京都は人の手で長年維持管理されている庭や建造物が多いですね。

前文は私個人的な主観なので京都の良さは人それぞれあって良いと思います。



もし日本の首都が移転して100年経過すれば「古都・東京」となり今の京都のようになるかも知れませんね。

しかしその頃は京都も100年経過しているので 同じように人の手で管理されていれば、やっぱり京都なのかな!?



何はともあれ 人間の力だけでなく自然の力を組み合わせる事で 「観に行きたくなる名所」になっているんだな〜・・・と!


私も完成度の高い庭を数多く造る事で、次の世代の人にも「いいね」と思ってもらえれば幸いです。









関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL