年金が68歳〜の支給になるか?はたまた 70歳〜の支給になるか? 色々と議論されてますね〜。

もう過ぎてしまった事は しょうがないですが・・・ これからの事を決めるのですから しっかり 検討してもらいたいものです。

支給年齢をあげる事に関しては 賛否あると思いますが、大半の人は 反対なのではないでしょうか? 少し考えただけでも 分かる事ですが、日本人の平均寿命が大体 80歳位だと 聞いていますので、支給年齢をあげれば、年金を20歳〜ちゃんと 納めた方で 68歳だと 48年間 払い続けて 貰えるのが 12年 また 早くにお亡くなりになる方ももちろん いると思いますので まったく貰えないで払うだけ の方もでてきます。

計算してもらえば 分かると思いますが、もし 本当に 支給年齢をあげるのであれば、年金を払わなくなる人が増えるのではないでしょうか?

物事を決める時、企業なら 最悪、最低を想定して 物事を決めていくと思います。
ポジティブな気持ちは大事だし、始まる前から ネガティブな事を考えるのは あまり 良くないですが、時と場合によっては・・・
でも 年金という 将来 国民があてにする事や期待されてる事に関しては、良い事ばかり言ってては 話になりません。最高潮やこれから益々 繁栄していく事を前提に 事を進めるのは どうなんでしょう?

過ぎてしまった事をグチグチ言ってしまいましたが、知れは知るほど 腹が立つので申し訳ありません。

これから 国を動かす人達は過去のツケを処理しながら 未来の事を 考えていかなければ いけないので 相当大変だとは思いますが、もっと頭のいい人に決めてもらいたいですね。

とはいえ・・・所詮 欲・感情・理性がある人間が決める事なので全然期待できませんが。 

今 私達庶民ができることは、国や政府に頼るのではなく 自分の老後は自分でなんとかする 強い意志と計画ですかね。

やはり 誰かに期待したり 頼ったりするから いけない・・・ 私自身やまわりを見ていれば分かるように 他人をあてにするほど 心配な事はないです。

出来ない人もいると思いますので、一概には言えないですが 大半の人は自分の事は自分で、と 言う考えの世の中になっていくような気がします。 





関連する記事
コメント
いや〜、難しい問題っすねぇ。。。
でも、法律や政策を決める政治家を決めたのは国民なんですよねぇ…
  • by 特命バイト Hシー
  • 2011/10/21 9:49 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL