本日は来週 植木を植栽する予定箇所に 土留めを造り 土を入れる作業です。

植物を植えるには あまり 環境の良い場所ではないのですが、お客様のたっての希望で なるべく日陰と寒さに強い植物を選択し、下草も植える予定です。

この場所は地面に配管が通っていて、所々に排水升や水道元栓などがあり、植木を植えるのに地面を掘る事が難しく、雨が降った時等 水はけはとても良いので 土留めをし、水道元栓の所は埋めないように 土留めで挟む事にし、植栽用の土を足す事で植える事にしました。



施工前の植栽予定の場所です。



幅が48僂阿蕕い△蠅泙后植木の根鉢も40僉^米發望さく根巻して 準備してあります。

因みに植える予定の植木は 『キンモクセイ』 『アオキ』 で 下草に 『ヤブラン』 を植える予定です。



お客様はただ ブロックか何か?で土留めすればいいよ。 と おっしゃっていましたが、私の判断で覗きこまないと見えない所で 植物で覆ってしまう所ほど ちゃんと やって おいたほうが いいのでは?と 思い、中古であらかじめレンガタイルを張ってあるブロックがあるので、目に見える部分はレンガになるように アレンジしました。鉄筋を入れて補強です。



多少 レンガタイルが欠けている箇所があり、色合いも新品ではないのですが、それはそれで 風合いがあり 私はいいと思います。
真ん中に見えるのは 水道元栓の箇所で コンクリート板で 挟み 塞がれないようにしました。



上の部分もレンガタイルを張り 見栄えを良くしました。



コンクリート板の上まで土が入る予定ですが、目に見える 上の部分は レンガタイルを張りました。



土留めの完成です。

これで 来週 植栽用の土を入れながら植栽です。

お客様にも 花壇みたいに なってとてもいいと 喜んでいただきました。

お家で 日陰だったり 環境があまり良くない所でも 植物や植え方、施工方法によっては すごく 良くなると思います。

心当たりのある方は 佐野園芸の 問い合わせフォームより ご相談ください。


http://www.playgreen.jp/contact.html








コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL