ついに 長瀞 行くこと3回目にして 天然氷のかき氷に ありつけました。



5時に閉店することを知らずに 5時チョイ過ぎにお店に着くと 『5時に閉店なんですが・・・どうぞ』 って事で ギリギリでした。

平日の閉店間際にもかかわらず 他に3組並んでました。

因みにここは 長瀞駅近くの支店で 本店に最初に行ったら すでに 『本日は終了』 と書かれた看板がありました。

店内は ほぼ 大学生であろう?カップルばかりでした。

店内はこんな感じです。



そして 苺ミルクのかき氷です。



味は 定番の 『氷みつ』 のほうが 柔らかい甘味で 美味しかったです。
『苺ミルク』も 苺の甘酸っぱい味がしてとても 美味しいです。

ここはなんと言っても やっぱ 『天然氷』 が味の決め手だと思います。
氷を削っただけとは思えない ふんわり感 がして・・・


しかし・・・

天然氷とはいえ 氷なのに コンビニやスーパーで売ってる大きめの 氷を削るのと 何が違うのだろう? 削る機械が違うのかな?削り方が違うのかな? やっぱ 天然氷だから? と 疑問が でてきて、解決できずじまいでした。

推測・・・ 氷のふんわり感は 機械や削り方であろう。味は・・・天然氷って事は水道水を外で凍らしただけなのか? いや さすがに それはないであろう? って事は 天然水を 冬に外気で凍らして、夏まで貯蔵しておいたに違いない。 天然水は、色々なミネラルが含まれている為 真水(純水)より 多少味がして美味しい。 って 事は 長瀞の水が 美味しいのでは?

一応 調べた所・・・ ↓

宝登山の源流水を凍らせて、平安時代から続く伝統的製法と真冬の寒さで氷を育てています。
切り出した氷は氷室に貯蔵し、かき氷になります。

だそうです。

まっ いっか!!



味わったことがない方がいらしたら、もう そろそろ 夏も終わりますので、多少 すいてくると 思いますので、一度味わってみてはいかがですか?
関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL