昨日 スキー仲間の集まりがあり、スキー談義に華が咲き 色々と思い出したので・・・

季節はまだ先ですが・・・今回は私の一番の趣味 『フリースキー』 の醍醐味をお話ししたいと思います。

スキーとは 整備された ゲレンデを滑るだけじゃないんです。(もちろんボードもそうですが)

もちろんコース外滑走は危険なのでしませんが、
ここ最近、フリースキーやボードのブームもあり 普通のゲレンデでも あえて 整地をしない斜面が増えてきて  
バックカントリー と言う スキー板をかついで 山を登らなくても リフトでたどり着けるゲレンデ内で極上のパウダースノーを味わえるんです。

ただ 雪が降った次の日の朝一 等の運的 要素がありますが、スキーに行こうと決めた日で運が良ければ・・・

You Tube にその時の動画を投稿しましたので、言葉で説明もしますが、見てもらったほうが分かりやすいかと・・・。
因みにスキーヤーは私です。

 http://www.youtube.com/watch?v=k8wIgmUBpts


これは 群馬県 尾瀬岩鞍スキー場のエキスパートコース(上部)です。

この日は 私がスキーを本格的に滑り始めて以来 最高のパウダースノーでした。

板を外して 雪上に立つと 胸くらいまで 埋まってしまう位の積雪で、170センチのスキー板を履いても ヒザぐらいまでは 埋まってしまいました。

リフト下まで雪が積もり 営業できるかギリギリの豪雪でしたので 滑っている人達も少なく 友達と2人で 自然の恵み を 堪能してしまい、申し訳ない 罪悪感さえ ありました。

ウインタースポーツをやらない人には 申し訳なく ない と 思いますが、とにかく 滑りながら ニコニコしてしまう 雪でした。

生まれて初めて 滑りながら雪の中で息ができなくなり、慌てて ウエアーの襟で口元を 覆い、下まで滑ってから スキー用のマスク(バンダナ)を巻きました。

ゴーグルと鼻の隙間から雪が入ってきて 前が見えなくなり、一度滑ったら ゴーグルを掃除し、3本位滑った所で 替えのゴーグルに取り換えました。

雪崩に巻き込まれた事はないですが・・・ なんとなく 雪崩に巻き込まれたら死ぬな!!と実感しました。
自然の偉大さ 凄さ 怖さ 等を ただ スキーを滑っているだけで感じる事ができ、人生において、とてもいい経験になりました。

だから スキーはやめられない。

イントドア派の人や その人自身の 価値観にも よりますが、他にもサーフィンやフリークライミング・ヨットなどなど 自然を相手にするスポーツは是非 お薦めします。

学ぶ事が多いです

ただ 危険は伴います。

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL