今日は仕事が早く終わったので、数年ぶりに名栗湖の上の有間峠までドライブに行って来ました。



地元の人は車の免許取りたての頃とかに 夜景や星を見に行った事がある人は多いと思います。

夕方でまだ明るかったので星は見えませんでしたが、風景は良く見えました。



右のほうに薄っすら見えるのが 『名栗湖』 『有間ダム』 です。

もう何年も前に林道を見つけにこの辺の山にバイクで来たり、夜景を見にきたりした時とほとんど変わらない風景でした。

前に来た時に、夜くると決まって鹿が出没して 親子でいて道路を封鎖してたり、一度に数頭 見ることも珍しくなかったんですが・・・。


少し前に鹿が 大量に繁殖してしまい 植物の新芽を食べたり、材木として利用する為に伐採した切り株に新しい苗を植えても食べられてしまい、山が荒れて困るとのことで、地元のハンターが駆除すると 地元の新聞に載ってから、あまり見かけないような気がしていました。

道中 『前はよく鹿が出たんだよ』 なんて話をしていたら・・・



まだ日中なのにいました。一頭だけでしたが、久々に野生の鹿を見ました。



かなり警戒していましたが、ここまで近寄っても平気でした。まだ子供ですね。

毎月植木のリースでお伺いするあるお客様は、数々の山をドライブして風景を写真におさめるのが趣味な方なのですが、私も山が好きなので、毎月 お伺いした時には 『この間はどこに行ったよ』 等のお話しをさせて頂いてます。

丁度今月お伺いしたときに、長野県の霧ヶ峰や群馬県の尾瀬にまで鹿が繁殖して多くなりすぎ 植物を食べてしまい 毎年咲くはずの花がごくわずかしか咲いてないので、困ったものだ 等の お話しをお伺いしたばかりでした。 

動物との共存は難しといいますが、確かにそう思います。決して鹿だけが悪い訳ではないのですが、人間が望む自然を維持しようとすると増えすぎた動物は駆除しないと自然環境が守られないとなってしまいますね。

地球上で一番増えすぎた動物は人間なのに。

難しいですね。。
関連する記事
コメント
ここ行った事ない、こんなことあるんだんね。
  • by sato
  • 2011/08/21 7:44 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL