京都に来るのは何回目だろうか?

中学の時の修学旅行の時には まるで興味のなかった京都・・・

大人になって 結婚式を京都で挙げ、式の準備で何回か足を運び その後も 庭を観に何回か京都に来ています。。

今回は 修学旅行以来の 金閣寺に行ってみました。



植木屋の専門的な見方として、金閣寺の庭木の剪定と

銀閣寺の庭木の剪定を比べたかったので、銀閣寺も行ってみました。 



私は 銀閣寺のほうが好きですが・・・時期が真夏と云うこともあり 庭木も剪定されてから2ヶ月ぐらいは経っているのか?成長時期の為 伸びすぎているのか?色々な理由があると思いますが・・・私が期待していた剪定を見ることはできませんでした。



今回の庭の収穫は・・・

『京都 大原 三千院』の近くにある 
『宝泉院』の庭は良かったです。

巨木 五葉松



この 五葉松の 庭を眺めながら お茶を頂けます。拝観料が800円と少し高いと思ったら お茶代込みの 拝観料でした。



この『宝泉院』メインの庭よりも 宝泉院の他の庭がとても 風情があり また 宝泉院まで 辿り着くまでの・・・ 

車を駐車場に止めてから歩く道が『京都ってこんなだよな!!』と思わせる雰囲気でした。

ほとんど モミジ が植わっているので、秋の紅葉シーズンには また違った風景を楽しませてくれると思います。



庭から 話はそれますが!

『sou・sou』(そうそう)と云う 京都発祥のお店は 日本の 和 をオシャレに今風にアレンジしていてとても 良いです

私の作業靴の地下足袋も こんな いい感じになってます。



店に入る前に 店先にいた 男の人が 一見 『何かの職人??』と思う服装でいたのを思い出し・・・

『sou・sou』の服もやり過ぎては ただの オシャレな職人? になってしまうのでは?

それなら私が思うには『ワークマンで充分だろ?』

『sou・sou』は日本を代表する 現代の和装のような気がします。

人それぞれ 好みが違うと思いますので 私個人的な見解です。

しかし いくら オシャレな地下足袋でも 私が履けば ただの作業靴なので買いません!!


関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL