今週は庭施工ウィーク。



そして締めくくりの土曜日は剪定へ

そこで 最近の刈り込み剪定には欠かせなくなったマキタ18Vのバッテリートリマー



突然 動かなくなり、切れ味も悪くなったので修理することに



何処が原因か?

探った先はモーター分解



電動工具では最近流行りのブラシレスモーター。

ブラシ交換がなくハイパワーが出せる画期的なモーター。



分解してみて、構造を理解。

「やっぱり開発者はスゲーな」

部品数を減らし基盤に技術を集約

他は単純な構造でコスト削減。

基盤さえ壊れなければ、自分で直せる。

次いでに刃を研磨。



油もさして

直った



自分で使う機械はだいたいは分解して構造を理解したくなる性格。

最近  世間が推進する

プログラミング・・・

ただの使い方でしょ・・・

パソコン&スマフォなどの電子機器の構造を教えて、壊れた時に直せる人材育成のほうが 今後 日本経済を救う人材育成になると思うんだけど。

世界では機械に詳しい日本人なんて認識されているのでは?

教育が国を造る。

IT教育の次はプログラミング。

教育方針を考える人の考え方を疑いますね。























関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL