まだ20本弱



登っては降りて



庭師なので、山師が行う材木として節を残さない為の枝打ちではなく、景観と樹木の健康管理の為の剪定。

下枝だけを伐るのではなく不要枝も剪定してから降りてくる



あと40本ぐらいかな??



これだけ木登りできる幸せ。





昨年末から100本近く30メートル弱の木に登る事ができます。

登山者 「大変仕事ね」

    「かなりの金を貰わないとな」

    「若い人が空師とはありがたいね」

    「どうやって登ってるの?」

    など・・・

色々な意見を聞く事ができます。


何を言われても私的には趣味的要素が大半でもっともっと上手くなりたい、ただそれだけ(笑)

「これはかなりのスキルアップ」

ワクワクです。





コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL