天辺が枯れている桜を短く剪定です。



斜めになっていて 幹が半分枯れている為 
台風等で倒木する前に上を軽くします。



クレーンが届く範囲の枝打ちは早く安全に作業できます。





登るのは危険なのでクレーンで静かに揺らさないように幹に着地



クレーンのフックに人がぶら下がり動かすのは違法です。



事故があれば保険は効かないかな。

しかし 作業効率と枯れている木に登る事を考えれば フックにぶら下がり登るほうが断然 安全です。





太く伐った箇所は殺菌剤を塗ります。



これでもし倒木しても庭に倒れる程度で済みます。



庭側にはえる元気の良い枝を残したので、ここから再び成長してくれる事を願います。


人にとって安心。

木にとっても上を軽くする事で幹の負担を軽減。

まあ 人通りの多い住宅街は木の事より人の安心安全の方が重要です。





毎年 夏の台風シーズンにはぐっすり眠れなかったお客様も今年からは快眠できると思います。















関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL