今 おじいちゃん(妻の父)が出産の手助けで泊まりに来てくれています。



出産後も年末まで居てくれるので大変ありがたく助かっています。

一緒に遊んでくれるおじいちゃんを子供達は大好き!!

私が仕事から帰り書類を書いていると、隣ではいつものように、じゃれあっている おじいちゃんと子供達。

その時の会話

娘(3歳)

『わたしね~ラプンツェルになりたいの!』

娘(5歳)

『わたしは!おもちゃドクターになりたい』

娘たち

『おじいちゃんは将来なにになりたいの?』

おじいちゃん

『わたしはもう将来はいいかな?』

娘たち

『夢はないの?』

おじいちゃん

『今こうして孫達と遊べてるのが夢だったかな!』

娘たち

『…』

『ね~なにしてあそぶ?』

私の心の中

『今 おじいちゃんが良いこと言ったぞ!!』

『聞いてないな…』

何歳になっても夢を持ち続ける事は大事な事だと思いますが、年齢と共に夢も現実的になっていき、何気ない日常が1番幸せな事に気づき欲は薄れていきます。

私にはおじいちゃんの一言が『じ~ん』ときましたが…

子供達には『何いってんの??』

ですよね~(笑)







関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL