2019年5月11日現時点

重さ約5トン分

直径10〜30センチ

玉切り状態

樹種 ケヤキ

薪で欲しい方 勝手に持って行って下さい。



中に杉の丸太も混ざっています。
薪にならないと思いますが、その場にある枝・幹などは全て勝手に持って行ってOKです。

連絡も要りません。

1日中 同じ現場で作業する事が多い庭師。

事業主になってからは、現場の合間に次の現場の打ち合わせ!からの問い合わせ!からの打ち合わせ!

従業員がいて仕事を任せられれば!

「ちょっと行ってくるから、やっといて!」

となる訳ですが・・・

従業員がいない今は!!

1日を打ち合わせ日にして、まとめて打ち合わせ!!

そして半日もかからないちょっとした現場をこなして

シュロの伐採





2年前に植栽したお庭へ



お客様がアレンジして庭を楽しんでいるみたいです。



仕事依頼は大変ありがたい事ですが!

今は従業員募集の問い合わせを心待ちしている私です。









今日は次女の入園式

朝雨だったのが雪に変わり…



桜咲く中で雪化粧!!



暖かくなり仕事でも邪魔だった髪をサッパリする為 前日にバリカンを買ってきて自ら坊主にするけど…



今日は寒かった…



娘には 「ハゲツルピッカン!!」 

温かい誉め言葉を頂き。



無事に3回目の入園式を終えることができました。



入園式も我が家は後 1回残ってますけど…

3回目ともなれば、流れは読めているので気は楽ですね。



この幻想的な景色も良い思い出。

前日はあんなに暖かったのに



「おかあさんにプレゼント」



娘達の笑顔が1番のプレゼント



大変だけど…

子供達は計り知れない存在。

「子を持って知る親の恩」

賛否両論 偏見もありますが

「子を持って親への恩返し」




毎年1度は訪れる「三峯神社」

今年もお参りにきました。



雪がパラパラ降ってきて





秩父市内と気温差がありますね



来る度に見上げる杉



この杉を見る為に来ているようなもんです。



大木になると、どんな樹種でもオーラのような気を感じる木。



そりゃあ 誰でも触りたくもなります



伊勢神宮の大木も人の手で触られ、高さ1.5メートル付近はテカテカでした。



私にとって毎年来る度に この杉が小さく感じるようになっているのは 高木剪定の成長の証



最近はツリークライミングが日本でも流行りだしそうな気配ですが…

私は流行っても仕事でなければ登りません(笑)



雨上がりの花粉が飛びまくりの本日は果樹園の剪定枝を粉砕する仕事です。



何坪あるか?



ここは東京とは思えない広大な農地



冬から春にかけて毎月1回は剪定のご依頼を受け、実のなる剪定の勉強をさせて頂いている 東京の果樹園。

お客様 「今日10時半から小学生が社会科見学で来るから、散らかってる枝の所を避けて粉砕しといて下さい」

お客様 「何かやらせないと、いけないみたいだから枝を片付けるのを手伝って貰おうかと…」

社会科見学か!!

小学生の頃に行った社会科見学って全く覚えてないけど?
私の時代にもあったのかな?
 



小学生 「こんにちわ~」

元気なあいさつ!



家の子は消防署に行ってたかな!

小さい子供に色々な仕事を見せるのは良い取り組みだと思いますが…

深く考えると意味がないような気がします。

私の偏見では子供は外で友達と遊ぶのが1番の勉強!!

家の子には「いっぱい遊んで来いよ!」しか言いません

自分が子供の頃を思い返すと遊んだ記憶しか残ってませんから (笑)





日曜のひな祭り



我が家は3人娘がいて、長男の名前は『ひなた』

これで4人共に『ひな祭り』(笑)



外はあいにくの雨!!

明日も雨模様なので、今日中にやらなければならない機械整備…



簡易的な屋根を作り粉砕機(チッパー)の刃を裏返します。





機械は日々のメンテナンスが大事。

人も心と身体のメンテナンスが大事。

雨が降ってる日ぐらいはのんびりして心と身体をメンテナンスしないと (笑)



家の長女5歳が自転車に乗れるようになりました!!



以前から乗れそうな気配はしていたのですが!

今日 見ていると『乗れてんじゃん』



1年ぐらい前に買ってあげたペダル無し自転車(ストライダー?)を庭で乗り回していたお陰です。



早速 近所をサイクリング



長男が自転車に乗れた時も来ていた場所



今年は長女と



来年は次女と来れたら、お父さんは嬉しいな!



そして三女と…

子供が多いと楽しみや喜びを味わえる回数も多い!

家に帰り 私の用事にも付き合ってくれた長女は力尽き



今日は一生の思い出を1つ手入れ満面の笑みだった事はお父さんも一生の思い出です。



インフルエンザで強制的に休んでいる間に

お雛様



生後3ヵ月になる娘は初節句

季節の移り変わりは一雨ごと。

もう今からの雨は春へ一歩づつ

そろそろインフルエンザ抜けたっしょ!!

続きの庭へ

柱からやり直し中



後少しなんだけど…



昨年 設置した立水栓がいい感じ



タイルテラスに敢えて垂れ流しの立水栓!!

庭に水が流れ込み土を潤す。

下にトタンのバケツを置いたら尚 良し!!

「simple is  best」

実用性より見た目

窓からの庭を眺めた時に立水栓も庭の一部になるようにと…

お客様も「ヨダレを流しながら庭を眺めてますよ(笑)」

お金以上に時間をかけて造ってきた甲斐がありました。




子供の数が少ない…

よく耳にします。

子供の数が少ない事で小学校のサッカーの試合が8人制になっている事を最近知りました。

そして近隣の小学校と合同チームで試合に出場することも…

そんな人員不足は私の母校でも



同級生の幼なじみからラインで

『3年生3人しかいなくて存続の危機だから息子はこっちでもサッカーやらない?』

『聞いてみるわ!』




そして今日 息子を連れて体験で参加させてもらいました。




数十年ぶりに来る母校は私が通っていた30年前とさほど変わらず。

私もやっていた少年団サッカーもさほど変わらず。




親御さんやコーチ達は私達より大分若い…



可哀想に伐られたケヤキ



小学生の頃は大木に感じたけど、今 見るとそんなにでかく感じない。

伐んなくてもいいのに…

息子にはのびのび育ってもらいたい

一生懸命身体を動かし、悔し涙を流すような事をやってもらいたい親心。

過ぎてみるとそんな時期って短いですよね。


色々と懐かしい1日でした。














三連休は1日ぐらい休みにしないと…

スキーに行きたいけど…遠いし乳飲み子がいるから近場で。

昔ながらの渋いスケート場がある噂を耳にして行ってみました。


ときがわ町『上サスケート場』



味がある木の橋を渡り





こんな場所にスケート場が…



しかも混んでる…



まあ~滑ってみようか!!



生まれて初めてスケートをする我が子達。

椅子を使って滑れば滑りやすい





私も数十年ぶりのスケート

『怖い』



リンク(氷)がガタガタだし…

私は『やっぱスキーの方が楽しいな!』



二時間ほど滑れば大満足。

ショボいスケート場だと思いましたが…
確かにショボい!!

しかし そのショボいのが良いのだとも思いました。

スケート場だけを見れば昭和にタイムスリップした感じを味わえます。

また来よう!!



帰りにはヤギがいるカフェを見つけて



近場で休日。

秩父に行くか!ときがわ町に行くか!東松山にするか?

都心が苦手な我が家

仕事もプライベートも自然を求めています(笑)