今日から高木を半分にする作業です。



安全に伐り落とせるか二人で相談して





なるべく大きく伐り落とす事で作業を早くします。

そしてユンボで回収



今日は林業の多田さんに木登り作業をお願いして。



やはり機械を使いこなせる二人でやる作業は早い。

1日で3分の2は終了。



明日は私が木登りでチャチャッと終わらせます。






昨年から予定していた、崖っぷちに生えるケヤキを半分位に短くします。



この爽やかな樹形を台無しにするのは気が引けますが…
お客様のご要望なので仕方ありません。

寸胴伐り後



お客様は「サッパリした!」と喜んでいました。



私はこっちの樹形の方が良いですね…



伐るのは崖側に落とせるので1日で終了。

大変なのは枝・幹をトラックに積み込む作業



大量にある枝幹をトラックに積み込むにはチェーンソーで刻み込み体積を減らさないと沢山積み込めません。



崖に落ちた枝はクレーンで回収



1人で2時間程で終了できました。



クレーンを使い回収するので、崖では無駄に刻まない事ですね。

そして生木専門の産業廃棄物中間処理施設へ



産業廃棄物と言っても再処理されるのでゴミではありません。

大きい木は短くしたい衝動は昨年の台風の倒木被害により、若者まで浸しない事を祈ります。

私の仕事が増えるのは有難い事ですが…

地球規模で考えれば木は切らない方が良いです。









正月休みも去年の仕事が順調に終わっていないと… 
少しでも進めたい衝動にかられます。

妻に許しを得て仕事を開始しました。

先ずは土入れから



3トンダンプにコンパネを立てて山積みにした土



約4立米ぐらいあるかな?



今日がplaygreen勤務初日の江澤くん

肉体的にはきつくても精神的には楽な仕事で私的には色々話をしながら作業できました。



江澤君は頭に入ってなかったかもしれませんね(笑)



まだダンプ数台分は土を入れるようです。

短い正月休みもあっという間に過ぎ、また早い1年がスタートしました。

自ら行動していても止まらない時。

どうせ同じ時が過ぎるなら早く感じる日常が有意義で幸せだと思います。









今春 私が施工した庭。

木塀の隙間から犬が逃げないように網を創作しました。



色々検討した結果

塗装アルミで樹脂の網を抑える事にしました。



耐久性&見た目ともに違和感なく設置できました。



どうにか年内に設置できました。

そして畑にて枝葉を粉砕してお客様の所に持って行きます。



トン袋に9個





慌ただしかった今年もお客様の所に伺う作業は無事に終わる事ができました。

後は機械整備&トラックの洗車。

1日で出来そうな作業を詰め込み忙しかった12月も終わります。
気が抜けて風邪を引かないようにしないと…






この間 剪定中に『ゴツッ』なんか変な感触…

切箸(植木鋏)が折れた



剪定シーズンなのに…

変わりの切箸はあるのけど、次の日には修理に出しました。

12月だし鍛冶屋さんも忙しいだろうから いつ戻ってくるだろうか?

念のため 他の切箸を買いに…



新潟の平行(ひらゆき)



新潟の鋏は切れ味抜群。



しばらくは平行で剪定だ!!

なんて思っていたら…



もう修理から戻って来ました。



はやっ

お礼の電話をすると

『職人さん待たせる訳にはいかないから…』

さすが!職人の道具を作る職人さん

ここの鍛冶屋さんは注文殺到で注文受付を中止していると噂で聞いています。
忙しくてもすぐに修理してくれるのは有難いですね。

私も見習わないと。




高木剪定に行った日




お客様『雨樋と屋根を掃除してくれますか?』





今日のメインは掃除屋さん

高所作業車があると雨樋の掃除は頼まれ次いでにやっていますが…

屋根の掃除は初めてでしたね。。


まあ~こんな日もありか!?

今日は黒松の剪定です。



剪定後



以前だったら1人1日で終わるか心配する大きさの松ですが、今は余裕で終わります。

1年に1度の松の剪定で良い時期は5月〜6月中ですね。

この時期に適切に剪定すれば、ほとんど伸びずに年末を迎えてくれます。

それは…

春にしっかり成長させてから、夏の強い日射しから樹皮を守れるように葉を残し剪定すれば余計な成長はしません(私の持論)

庭師にとっても忙しい年末に剪定するより仕事を分散できて良いです。

今年も残り10日。

そのうち8日間は剪定。

そして1日は枝葉の粉砕。 

残りは1日は機械の整備。

年が明けたらのんびりしよう!!





今年も無事に伐採が終わりました。

約20メートルぐらいでしょうか?

カシノキ&ヒノキを2日間で伐採です。



下からの画像



この2本を片付けまで入れて2日2人で終わらす…



先ずは枝葉を伐ります。



そしてチッパーで粉砕



ここまでで1日目



2日目はヒノキを午前中 2時間程で伐採してからの



ユンボで幹を回収&枝葉はチッパーで粉砕





こりゃあ4人は人手が欲しい…



1人二役で休憩&昼メシ無し…





2時間程でここまで…



「もう根元から倒せるっしょ」



傾きとは逆方向へ伐倒



小さいけど、ユンボで引っ張り倒します。



「ふ〜」





ユンボで運び出せる重さに刻み



これでも1個200キロ前後



16時を過ぎ薄暗くなった頃にはダンプに山積み



今回も忙しかったけど…

予定通り2日間でケガや事故なく安全に伐採が終わりました。



しかし疲れる…

寒いはずが、汗ダラダラです。




今日は朝雨が降っていて テンション ガタ落ち…

雨でも終わらなくなるので仕方ない。

モミジバフウの剪定です。



カゴで届くので雨が降っていても滑らない。

朝9時には雨も上がり日中は上着がいらない程 暖かく 作業に入っといてよかった。



順調に剪定していき 14時には予定していた 8本が終わりました。



お客様のご要望で「自然な形なんだけど小さくする」

葉が落ちた今の時期は切り口が見えて剪定した感じが分かりますが…

春に葉が茂れば切り口が見えなくなり自然樹形に見えるようになります。



自然樹形の剪定はやっていないと簡単には出来ない剪定です。

丸く刈り込む剪定より植木にとって良い剪定です。

今も多少植木に興味がある人からは綺麗に丸くなっているのが剪定技術がある!!

勘違いされています…

playgreenのお客様もご要望であれば



丸・丸 モリモリ



やっています (笑)







今日はすぐに終わる伐採



このヒノキを伐採するまでに3トン車2台分の伐採やら枝葉を片付けしたので、最後の1本がこのヒノキです。



爪(木登りスパイク)を履いて登ります。



下枝を伐りながら上へ



あっという間に登れない太さの幹まで到達



トップカット(1番上を切り落とす事)



そして降りながら短く刻んできます



太い所まで刻んでチェーンソーを交換







この辺からは幹をトラックに載せるのも重くクレーンで吊った方が早いので…





全て終了するのに2人で1時間




この位の伐採は楽でいいですね。


当たり前なんですが…デカイ木を伐採しているから楽に感じるのであって普通は大変な作業かも知れません。


来週はこのヒノキの倍くらいのカシノキ&ヒノキを伐採します。

年末まで剪定&伐採…

休みが欲しいですね。