今日は普通サイズの松の手入れです。



最初は1日かかっていたこの黒松も今日は半日で終了



早くてもクオリティは同じ。

こっちも半日で終了



昔の植木屋さんは「歳だから剪定に時間がかかるようになった・・・」

なんて言い訳をして毎年同じ剪定&年々時間がかかるようになっていく。

これが普通とされています。



私は逆です。

普通を疑う

普通に安心感を持たない

そもそも普通なんてない

伝統的な職人仕事も時代と共に進化して普通ですよね(笑)



今年は涼しくて仕事が快適です。

去年の猛暑を考えれば、雨の方がまだましですね。

小雨の中 桜の剪定

隣の家にはみ出ている枝を短くするのと高さも低くする依頼です。



剪定後







剪定する事より枝葉をトラックに積み込む為に木登りも数回、登り降り。

猛暑だとヤバい作業です。

そして今日はユンボで残土処理





私は何度も言っていますが・・・

便利なユンボ(機械)最高!!



もしユンボ(機械)のオペレーターで仕事が大変と言う方がいれば、楽な仕事に慣れてしまい楽な事も大変に感じてしまったのかも知れませんね。

あとは機械操作が嫌いか!!

人はキツイ仕事も慣れる、逆に楽な仕事も慣れてしまう。

慣れというのは人が生きていくうえで非常に重要な事ですが、出来る事ならキツイ事に慣れて仕事をしている方が後々は良い結果に結びつくと思います。

日々1人で作業する事に慣れてきて、

去年まで二人でやっていた事がだいぶ楽をしていたな!

なんて実感しています。





今日は桜(ソメイヨシノ)の剪定です。



お客様のご要望

「駐車場側・後ろの家側にはみ出さないように、全体的に小さく、そして 花を楽しみにしているけど、この際だから枯れない程度に短くして欲しい」

剪定後



色々と樹木について説明させて頂き、喜んで頂きました。



お客様 「こうやって切るんだ!?」



お客様の御主人は瓦職人。

お客様 「やっぱり植木は植木屋さんに切ってもらうのがいいね」

有難いお言葉を頂きました。



剪定して出た枝葉はその場で粉砕



かなりの量があったのに1時間程でかなり減量



そうそう!!

この間 チッパーを買い替えました。



形は同じでも中身はまるで違う!

新しく開発されたチッパーです。

私も使っていて、改善して欲しいと思っていた箇所が改善されています。

メーカーもユーザーの声を聞き商品開発している事が1回使っただけで良く分かります。

やはり最新の機械は最高です。













梅雨の雨が降らない曇りの日

カツラを自然に剪定です。

ここのカツラを剪定させて頂き4年経ちました。





最初はカイガラ虫がびっしりついていたカツラの木





今日剪定していてまったく虫がついていませんでした。

勿論 消毒なんてしていません。





やはり住宅街の植木は剪定の良し悪しで虫がつくんですね。





4日間の予定が2日間で終わりました。





今日は1人でケヤキを伐採



片付けのユンボを配置



2時間程で





ケヤキは無かった??



広い場所の伐採は作業しやすいので助かります。



機械を使い効率良く作業できると「スッキリ」した感じになります。

人力だと「ぐったり・・・」

人力を経験しているから、機械の有り難さが良く分かる

明日からまた雨予報なので、早く終わって良かった。

今週はポツポツ雨が降ったりやんだり・・・

真夏の炎天下よりは多少の雨は外作業日和です。

先ずは毎年お伺いしている、カシノキの剪定から



1人でも2時間程で終了です。

1人作業にも大分慣れてきました。

そして今日からはソメイヨシノを間引き伐採です。



3本だけ残して伐採します。



広い場所なので掃除にはユンボ導入です。



ユンボは凄い



手作業だと、精神的にやられる作業でもユンボがあれば指先だけで綺麗に片付きます。



そしてチェーンソー

枝は新ダイワのトップハンドル



根元はスチールの50ccで。





今日1日で4本伐採



私の大好きなユンボ・クレーン・チェーンソーを使える現場は神経は使いますが、肉体的にはだいぶ楽に作業できます。

4日間予定していたけど、3日で楽に終わりそうです。



playgreenは現在 従業員が1人もいません。

仕事は毎日あります。

公共事業をメインにやっている普通の造園屋では学べない事を沢山やってます。

将来 独立や技術を身に付け稼ぎたい方。手に職を付け将来の不安を解消したい方。

大企業や公務員が安定していると錯覚している若者。

自分の身は自分で守らないと国や会社は守ってくれません。

自分の安定収入を決めるのは自分にしか出来ない仕事です。  

誰にでも出来ることは間違いなく高収入は望めません。

技術は数年では身に付きません。
世の中は厳しいです。

と、次の高木剪定&伐採の後継者を望む私の嘆きでした。






今日はイチョウの剪定



剪定後



最近は親父に掃除してもらい。

数十年ぶりに親子で仕事をする事が増えています。



親父も70過ぎ、掃除だけでも肉体的に厳しいと思います。

早く従業員を見つけないと・・・

午前中で銀杏の剪定が終わったので、次の現場へ



枯れた桜を伐ります。



山なので、長いまま斬り倒しっぱなし



ただ伐るだけでも、剪定より何倍も疲れます。

先ずは現場までの山登り・・・

斬り倒す準備

失敗の許されないチェーンソーなど

庭師だけど、林業も本業の一つ。

スキルアップの為 伐れそうな木は自ら伐る

見ていては何も進歩しませんから。












今年は梅雨らしい梅雨。

ザーザー雨が降ります。

そんな雨の中「黒松の伐採」です。



雨が降ったりやんだりの中、ダラダラ作業していては 集中力が途切れて作業効率が落ちます。

早く終わらせるには3トン車2台に枝葉・幹が1度で積みきるか??



枝葉が大量にある松を1台に積む事ができ一安心。



後は幹だけ



クレーンが届くので雨が降っていても、半日で終了。





次の日はもしもの時の予備日にしていたので休みにして。。





「筑波宇宙センター」



雨予報だったので、雨でも平気な場所。





そこで見つけた本を購入

「宇宙授業」



小学生の息子に読んでもらいたくて。

私は知らない事を知る事が大好き。

大人になった時に大きい視野で物事を見て欲しい願望もあり

私を知る旧友は私の事を

「どんだけ上からみてんだよ?」

私 「宇宙」 (笑)



私の愛読書「Newton」

愛読中 何度かまぶたが重くなり まぶたにかかる重力と格闘しながらも 「科学ってスゲーなー」と関心しています。

もし庭師でなかったら 科学者になりたかったかも(笑)







自宅を目隠しする為に植えてある

「ハナズオウフォレストパンシー」

「スモークツリー」

剪定後



木陰&目隠しを損なわないように自然な感じで。



「カツラ」も剪定した感じを出さずに剪定



毎年 剪定して思うような樹形に仕立ています


和風庭園の植木を剪定して仕立てるのではなく自然樹形の雑木を剪定して仕立てる。

普段剪定をしている庭師&造園業者さんには分かると思いますが、センスが肝です。



体調が悪いと雑になり、気持ちがのらないと雑になり、意識して切らないと雑になり、これといった決まりもなければ、1本1本 同じ樹種でも違う樹形をした雑木。

几帳面過ぎてもダメ

大雑把でもダメ

いい加減ではなく、良い加減でバランス良くセンス良く。

奥が深い剪定。

私は性格的にも向いていると思います(笑)








2月から施工していた庭が終わりました。



既に植物が成長して石を覆いだしています。



夏前に終わらせないと芝生の植栽時期を過ぎてしまうので、予定していた剪定を延期させてもらい




駐車スペースも広々砂利を敷き



最初に造ったドックラン



お客様には大変喜んで頂き無事に終了できました。



数年後 植物の成長が楽しみな庭になりました。

?playgreen 従業員募集中