ほぼ毎日庭木の手入れにまわっています。



マキの透かし剪定





1年を通し仕事の大半は手入れ。



毎日の作業でも常に考えながら剪定しているので、かなり早く剪定できるようになってきました。

当たり前ですが・・・ 「早くて綺麗」

遅いけど綺麗

早いけど雑

どちらが掛けても職人技ではないですね。。

何年たっても何度同じ事をやっても意識して考えて鋏を入れる姿勢は変わりません。

職人ですから(笑)









お客様 「1年で良く伸びるね~」



リセット




刈り込まれた庭木はぐんぐん伸びます。


お客様が喜んで頂ける事が一番なので、これも良し。

次回の剪定日を決めさせて頂き

「また来年!」

午後は現場打ち合わせへ



山の整備 追加作業



職人だけど、経営者。

現場からの打ち合わせ。

仕事があるから職人がいるのか?

職人だから仕事があるのか?

私は職人だからだと信じています。

まあ~どちらにしても仕事依頼がくることは嬉しいの確かです。
















今日は朝早起きして渋谷区で剪定でした。

ビルの合間で生きるエンジュ。

街路樹のエンジュは可哀想な形にされていますが・・・

自然らしく剪定



エンジュの上から



東京都では珍しく「プミラ」に実がついています。



実際にプミラの実を見るのは私も初めてかも



そのプミラを剪定



東京では冬の寒さで枯れてしまうはずの

「ランタナ」

横浜や海沿いでは1年中咲いているのは見掛けますが、都心でもビルの合間で霜があたらないのと暖かい日射しのお陰でしょう。



インスタ映えに影響がないように剪定です。

都心の樹木はコンクリートジャングルの中で生きているので、優しい剪定が健康維持の秘訣です。

来年はどんな成長をしているか??

毎回楽しみなお庭です。



この間の大雨台風で山道に落ちてきた切り株を撤去する作業です。



重さ500キロ位かな?



エンジンウインチを使い滑落してこない平らな場所まで引き上げます。



エンジンウインチ凄い!!



この間 エンジンウインチを使った時に手伝いに来てくれた同級生が 

「俺 生まれ変わったらエンジンウインチになりたい(笑)」

なんて言ってましたが・・・



今月からplaygreenで働きたいと、毎日来ている原島君も 「俺も生まれ変わったらエンジンウインチになりたい (笑) 」




エンジンウインチ様様


撤去前



撤去後



この後 まだまだ デカイのを随時撤去していきます。



playgreenでは山仕事の依頼も承っています。







晴天の日曜日



娘2人と日和田山へハイキング



下の子も4歳になると登るのが早い



娘 「崖を登るの楽しい~」



さすが我が子



家から40分で登頂



ちょっと休んで



次の場所へ





カップ食べて折り返すか!





今から登ってくるハイカーが次々に



家が見えればラストスパート



2時間半足らずのハイキング。

その頃 兄貴はサッカーの練習中



「僕は幸せだな~」 by 加山雄三 (笑)




今日は数年手付かずの庭をお客様と相談して不要な庭木は根元から伐採して、残した庭木を剪定する作業です。




剪定後



キンモクセイをメインに残し透かし剪定



今回の剪定&伐採で3トンダンプに山積み2台分 枝葉幹を処分しました。





通りかかりの人に 「サッパリしますね」 と声をかけられ、予定通り1日で終了できて一安心。

もし終わらなければ自分の休みがなくなりますから・・・





柿の木の伐採。



カーポートの屋根からにょきにょき



お隣さんの敷地にトラックを停めさせて頂けたのでクレーンを使えて助かりました。





吊りながらなるべく大きく枝を伐り、そのままダンプの荷台へ



3時間程で無事に終了。





長い年月をかけて成長してきた樹木ですが、伐採作業は「あっという間に」に終わってしまいます。









今回は葉を少なくめに剪定



正月に向けて体裁良く。





かしの木が寒そうに見えるかな!!



道路沿いで目立つ場所にあるので、見た目は重要です。

しかし・・・

次回からは春の剪定はこんな感じに、冬はもう少し葉を残す剪定に変えようと思います。



12月は予定に空きがあるので、新規のご依頼お待ちしています。

至急の伐採も対応できます。







11月の最初は地元の飯能祭り



子供の頃は友達と祭りをブラブラした後は飯能河原で焚き火をしていた事を思い出します。



そしてついこの間お囃子を初めた息子が初陣。






子供が4人いるので妻1人で面倒を見ていると、帰ってきて妻がぐったり・・・



仕事を休みにした2日目は私も見に行くことに



お囃子をやったことのない私は、山車にのり扇子を振って踊る人達が眩しく見えます。



まさか!息子が眩しく見える日が来るとは。



飯能祭りも一時期は人が少なくなったような気がしていましたが・・・

私が見た子供の頃と変わらず大盛況ですね



自治会やお囃子保存会など色々な人達が努力してきたからこそ、今のお祭りが盛況に存続しているんだろうと、全くお祭りに無関係だった私でも感じます。



小学生は18時まで。

迎えに行けばすぐに



祭りの楽しみ「屋台」

大人になると屋台で買いたい物がない・・・

子供の笑顔に投資するだけで満足。

これから毎年祭りに関わる息子。

私とは違う生き方が既に始まっています。







数年前に施工した庭の手入れにお伺いしました。





現在



しげってます。





カモミールが覆い尽くし





シルバープリペットが程よく成長



グランドカバーも覆い



私的にはいい感じ

成長したシモツケ





ヤマモモ・ヤマボウシ・シマトネリコは剪定





年に2回だけお伺いしている手入れ。

それ以外にお客様が豆に手入れしている事は

「一目瞭然」

既に私が植えたハーブ苗は植え替えられ、植物の成長具合に応じて人為的に変えながら手入れをするお客様。

最初に庭師が造る庭は「庭いじりをする」きっかけに過ぎないですね。