庭をリフォームする作業が終了しました。

作業前



作業後



作業前



作業後



作業前



作業後 (同じ角度からの画像を撮り忘れました)



2人で5日間。

職人が二人だったので効率的に早く仕上げる事ができました。





錆び砂利の下には防草シートが敷いてあるので草もはえずらく、出来るだけ手間のかからない庭にリフォームしました。



お客様も「綺麗にしてくれてありがとう!!」

嬉しい一言を頂きました。

勿論 お金の為に作業していますが…

お客様に喜んで頂く事でモチベーションが上がり細かい所まで丁寧に作業する意欲が湧いてきます。

お金だけど…

お客様には「お金を払って良かった!」と思って頂ける事が次に繋がると信じ 「早く 丁寧 適正価格」 まるで牛丼屋のように作業しています(笑)






毎年1度は訪れる「三峯神社」

今年もお参りにきました。



雪がパラパラ降ってきて





秩父市内と気温差がありますね



来る度に見上げる杉



この杉を見る為に来ているようなもんです。



大木になると、どんな樹種でもオーラのような気を感じる木。



そりゃあ 誰でも触りたくもなります



伊勢神宮の大木も人の手で触られ、高さ1.5メートル付近はテカテカでした。



私にとって毎年来る度に この杉が小さく感じるようになっているのは 高木剪定の成長の証



最近はツリークライミングが日本でも流行りだしそうな気配ですが…

私は流行っても仕事でなければ登りません(笑)




今週は人工垣根&アーバンフェンス設置作業です。

先ずは樹脂垣根から



既存の垣根やらを撤去してからの





人工樹脂垣根設置





明日はアーバンフェンスの柱を設置



今週中には全て終わらす予定です。

今月から同業者の中里さんに手伝ってもらってます。



外講工事をメインにやっていて、何でも器用にできる中里さんは私にとって心強い助っ人。



playgreenでは助っ人に来てくれる同業者さんも募集中です。








以前 バッサリ切られ 弱ってしまった サカキを剪定しました。



切り口から枝を繁らせ、光合成しようと必死だった事が伺える枝葉の伸び方をしています。

剪定後



光合成や生育に必要な枝葉は残し、自然な形になるように剪定しました。



剪定後だけを見れば普通の人はどこを剪定したの? と思うかも知れません。



木にとって良い剪定は人間にとっても良い剪定。
地球環境の事を考えれば必然的に木を大事にすると思います。



いづれ、子供も大人も誰もが 透かす剪定をプロの剪定 と認識してくれる日を願っています。






2日間かかり御神木の楠を剪定しました。

剪定前




この御神木は参拝者が抱きついたりお辞儀したりする姿を見かけているので、剪定後にそんな参拝者さんにガッカリされないように最善の注意をはらい剪定させて頂きました。



剪定中

1番高い所は登って剪定です。



私1人で剪定しているので1日で半分



そして…

剪定後









参拝者さんも下から眺めるであろうと!下からの眺めを意識して剪定しました。



神社関係者さんにも「切った感じがしなくて良い感じです」と嬉しい一言。



普通に見れば透かし剪定できそうにない大木でも、諦める前にplaygreenにご相談下さい。






今日は娘二人を私が…

兄貴と一番下を妻が面倒をみる段取りです。

兄貴は近所で行われたマラソン大会へ



私達は近所の山をハイキング







私が小さい時の遊び場だった山





休憩をしながら





3歳の娘には丁度良い距離

5歳の娘には少し物足りない距離



兄貴は無事に完走したと画像が送られてきて




その頃には帰宅




3月は低山ハイキングにはとても良い季節ですね。



明日は雨が降ってもすぐにやみますように!!








1年前に依頼頂き…色々あり先伸ばしになっていた植栽、ようやく作業する日を向かえました。



簡単な植栽でしたが…ここに至るまでの気苦労は大変でした。



子供達も手伝いに来てくれて



作業は2時間程で無事に終了



お客様には大変喜んで頂きましたが…

長らく待たせてしまった事が気がかりで、こちらとしては喜んで良いものなのか?

まあ~1つ気がかりな事が終わったので、気持ちに晴れ間が見えました。



次の日は子供と近くの河原へ



私が外で機械整備をしていると…

娘 「じてんしゃにのりたい」

最近はしょっちゅう熱い視線を感じます。

明日も自転車で散歩を余儀なくされるでしょう(笑)



1番可愛い時期なんですけどね!!







今日も雨か!!

1月?2月はほとんど降らなかった雨。

3月に入り季節は一雨ごとに春に向けて。



そんな雨降りの中、ブルーシートを広げ屋根を作り…



培養土 作りです。



自作の道具を使い1トンほど振るいます  



雨で湿った土は振るいづらく、手でゴシゴシ



土の後は植木を積み込み…

「1本足らない…」



急遽 1時間ほどトラックを走らせ卸し屋さんに仕入れに…



「欲しい植木が沢山ある…」

今度はここで仕入れよう!!

思わぬ収穫。

わざわざトラックを走らせた甲斐がありました。

庭の材料は自分で探すのが1番だと、改めて感じた雨の日でした。





毎年 剪定しているヒノキの剪定です。

樹高 約15メートルぐらいでしょうか!

剪定前



剪定後



花粉が飛ぶ前に剪定して飛散量を少しでも抑えます。



この木を剪定するのに2時間半ぐらい。

早く終わらせお客様の他のご依頼にも対応。

3月はplaygreenにとっては年明け最初の剪定シーズン。

次は5月6月

続いて10月11月。

ほぼ1年中 剪定してる感じ。

毎回 考え意識して剪定しているので 早く綺麗に仕上がるんです。

職人は経験年数や師匠に習ったなんて思われていますが…

私は違うと確信しています。

経験年数だったらおじちゃんが上手い。

師匠に習ったなら時代の変化に対応できない場合もあります。


少ない経験の中で考え考え考え自分の性格に合うやり方(コツ)をいち早く掴むか。

世の中 大半のことは考え方一つでどうにかなるもんです。











雨上がりの花粉が飛びまくりの本日は果樹園の剪定枝を粉砕する仕事です。



何坪あるか?



ここは東京とは思えない広大な農地



冬から春にかけて毎月1回は剪定のご依頼を受け、実のなる剪定の勉強をさせて頂いている 東京の果樹園。

お客様 「今日10時半から小学生が社会科見学で来るから、散らかってる枝の所を避けて粉砕しといて下さい」

お客様 「何かやらせないと、いけないみたいだから枝を片付けるのを手伝って貰おうかと…」

社会科見学か!!

小学生の頃に行った社会科見学って全く覚えてないけど?
私の時代にもあったのかな?
 



小学生 「こんにちわ~」

元気なあいさつ!



家の子は消防署に行ってたかな!

小さい子供に色々な仕事を見せるのは良い取り組みだと思いますが…

深く考えると意味がないような気がします。

私の偏見では子供は外で友達と遊ぶのが1番の勉強!!

家の子には「いっぱい遊んで来いよ!」しか言いません

自分が子供の頃を思い返すと遊んだ記憶しか残ってませんから (笑)