外構仕事は時間がかかります。



時間がかかっても一つ一つ丁寧な作業が結果的には早く終わらすコツです。



続いてブロックの1段目



ブロック積みは基礎&1段目を丁寧に仕上げる事で2段目以降が早くなります。



1段目終了



長さは約20メートルです。



「さ〜て! ここからはスピードアップです」



ブロック塀が完成した時には見えなくなる 基礎&1段目 非常に重要です。

何でも目に見えない部分を丁寧にやる事で目に見える部分やその後の耐久性・品質に多大な影響を及ぼします。

「見えなくなるから適当でいいよ!」

↑「ダメよ!ダメダメ」







どうにか休みを作れた日の朝方 布団の中で妻と…

私「最近 下の二人が滑り台好きだからローラー滑り台行く?」

妻「GO〜です」

青梅市の花木公園のローラー滑り台は何回か行っているので違う場所でないか?

ネットで検索して

「小川町にある仙元山見晴らしの丘公園」

に行って来ました。



見晴しの丘公園だけあって眺めが良いですね。





そしてローラー滑り台



「えっ 有料なの?」





結構スピードでるし危険だから係員の人をつけないと安全性に問題がでるんだろな!

人を配置するって事は人件費がかかるし有料になるんか!

↑自己完結して納得。



有料なので数回滑った後は芝生で



子供達は滑ればどこでも楽しめますね。



そしてこちらは無料のアスレチック





3歳の娘も1人で出来る事が増えてきました。



天気の良い春先

子供達と外遊びするには絶好な気候です。



仕事が忙しくても 子供達と遊ぶ事は今 1番重要な事だと私は思います。

仕事も重要ですが…時間を無理にでも作り子供達と接する事を最優先にしている私は肉体的に体力を維持していかないと厳しいですね。

昔 「実業団で走っていた肉体が今非常に役にたっています」

やっぱり「人生無駄な事は一つもない」

母からの言葉です。







世間は3連休で高速道路が大渋滞。

私は渋滞とは逆方向にトラックを走らせ、植栽現場に向かいます。



1週間前に下見に来た時はまだ外構工事は全くされていなかった現場は、土間コンクリートを打ってから間もない状態まで進んでいました。

しかし予定より大分遅れているのは明らかです。



現場監督から「養生をしっかりすれば作業に入っていいよ」と言われていたので、少しも汚さないように気をつけて作業に取り掛かります。



土もトン袋に入れて持ってきて汚さないようにします。



日曜なのに作業の遅れを取り戻すべくブロックを積む外構業者さんと一緒に作業です。



建築現場は色々な業者さんとの兼ね合いがあるのと、作業の遅れ&予期せぬ現場状況にふたを開けてみないと分からない状態なので私は嫌いです。

「たいした仕事じゃないのに時間がかかり・やたら気を遣います」

しかし受けた仕事はしっかり時間内に綺麗に終わらせねば!!

たまにやる こういった仕事も勉強ですかね。






今日から庭施工に入りました。

先ずは斜面の整地から



切り株や岩が草に隠れていました。



相変わらずユンボは凄い!



人力ではとても大変な作業でも ユンボさえあれば 「あっという間」



機械大好きな私ですが…その中でもユンボはアタックナンバーワンかも知れません。

まだ始まったばかりの庭施工。

およそ1ヶ月で終わらせなければ!


明日から庭施工が始まるので準備に追われています。

仕入れた(シャクナゲ)(ゲッケイジュ)



準備とは資材(セメント・砂・砂利等)
    材料(レンガ・ブロック・石等)
    植物(植木・草花等)
     
の準備なんですが、やはり植物が1番重要ですね。



既に水分の吸い上げを始めている植木をいち早く抜いて置かないと、植えても枯れる可能性が生じてしまいます。



今回 抜いた植木(主にナラ類)は5月頃 植栽予定です。



playgreenで造る庭の大半は落葉樹を主体とする庭です。

冬は落葉樹の移植時期であり市場に出回る時期でもあり、playgreenの庭施工で使う1年間分の植木を準備する季節です。

他の仕事がある中 植木を準備する日にちを確保して置かないと後々困ります。



私の父が市場で「安かったから…」と適当に仕入れてきた植木達。

格安で父から仕入れられるので助かってはいますが…

適当に詰めて植える為、畑の植木は間延びして 抜く時もユンボのバケットが入らないぐらいに

「狭い…」

それでも私が毎年コツコツ植栽する事で畑の植木達もだいぶ減ってきましたが…

父「また仕入れといてやるよ」

私「…」

私「樹種は指定するよ」

市場大好きな父の趣味を取り上げるのは可哀想…

元気で長生きしてもらう為にも「父から植木を買う」事は継続していったほうが良さそうですね。






今朝 息子が朝起きてきて庭を見て一言「もりじゃん!!」



昨日私がお客様の庭に植栽する為に準備した植木。



次に3歳の長女が起きてきて一言

「かあちゃん これ〜 やりすぎだね〜」



1歳の娘は…「どぅ〜」「ちゅっちゅ〜」まだ日本語にならず親にしか分からない言葉で表現。


親にとっては朝から癒しの言葉。

庭の変化に気づくだけ良いですね。





イチゴの季節だしテレビでも海外から日本のイチゴは甘くて評判とやっていたので「イチゴ狩り行きたいな〜」なんて話しをしていたので…

この前 秩父市にイチゴ狩りに行きました。



ホームページ等あり宣伝に力を入れている イチゴ農園は午前中で その日に収穫できる赤いイチゴが取り尽くされてしまい 店じまい なんて情報をキャッチしたので 穴場を探して行ってきました。



予想が的中して昼過ぎに着いてもすぐにイチゴ狩りができました。



30分間食べ放題で大人1人1,500円 「高くない?」少し悩むも 「滅多に来ないしいいよ!」と子供を含めて5,300円払い いざ食べ放題!!





本当に「甘〜い」





食べ放題が終わる頃には「1,500円は安いかも!」「イチゴ狩りにハマる人の気持ち分かるわ」

家族で80個位は食べたかな??イチゴでお腹一杯なんて中々経験しないですね

ハマりはしないものの「また来たい気持ちが湧いてきました」





そして 今回 秩父市に来た目的は「三峯神社に厄除けです」



友達からのラインで今年は厄年だと気づかされ「厄除けしとく!!」と妻と2人で厄払いをしました。

三峯神社はデカイ檜・サワラがあり雰囲気がとても好きですね。



まだ雪が残る境内。

子供達は雪を踏みにいきますね



同じ埼玉県でも奥秩父は雰囲気が違いますね

厄払いも 何かあれば「厄年だからだ」なんて後付けしますが…何事もなく過ぎれば気づかない事だと思います。妻は気づかないで厄年が過ぎました。

まあ〜人それぞれの考え方ですが…

厄払いをしときながら「信じていません」

説得力なしですが…






約8〜10メートルあるコナラを6本剪定しました。

剪定前



剪定後



前回まで剪定していた造園屋さんは寸胴伐りにしていたのでplaygreen得意の剪定に変更です。



毎年の剪定ではなく数年に1度の剪定らしいので…

「寸胴伐りではなく・伐った感じを出さない剪定ではなく・サッパリした感じでお願いします」

と…ご注文頂きました。



コナラのほとんどが背を低く先端を短く伐られ・枝先を短く伐られた剪定ばかりなので…

お客様に私の剪定を理解して頂く為の説明をして…

いやいや 1本剪定して実際に見て頂き納得いただいてからスピードを上げて剪定しました



コナラ等の雑木林の樹木を自然樹形に剪定したいと思っていたので…良いきっかけになれば良いと思います。



この大きさで枝先まで剪定するとツリークライミングでないと危険ですね



伐採・高木剪定とツリークライミングを習得しといて 命もそうですが…仕事の幅でもホント助かってます。



お客様に「こういう樹形の剪定なんだ!!」と驚きのお言葉をいただき無事に剪定を終わる事ができました。



1本立ちで数メートル間延びしてしまい「短くしたいけど…どう剪定するんだろう?」「自然の樹形が好きなんだけど…」とお困りの方。

自然樹形に剪定できる業者をお探しならplaygreenに問い合わせください。



今回も事故やケガなく無事に終わった事に感謝です。








竹林から自然に生えてきた エノキを伐採しました。

伐採前 孟宗竹の竹林から頭ひとつ飛び出ているのがエノキです。



伐採後 あまり変化がありませんが…15メートルはあるエノキがなくなっています。



伐採中 根本から伐り倒す自信がないので上を3分の1ぐらい刻みます。





そしてロープで下に降りて…



チルホール(手動ウインチ)で引っ張り倒します。





倒してから玉切りにして 薪で欲しい方にあげます。



根本は根がしっかり張った株ですね。





仕上げはブロアー(エンジン送風機)で…



この他に小さいエノキやニッキなんかも伐採しました。

この程度の伐採は全て終わるのに2人で半日ですね。



今回も安全に早く終わった事に感謝です。





うちの息子は棒が好きです。

どこに行っても棒を見つけては拾ってきて「剣をイメージして振り回します」



下の娘も最近は真似をして「たかいしよ〜ぜ」と棒を拾います。

私「戦いだろ!」

娘「たたかいっていったよ」



勿論 私が子供の頃も棒が好きでした。

何度も友達をケガさせた記憶があります。

私も同じだったから「ダメとは言いませんが…」

息子「持って帰りたい」

私「…」「隠して置けばいいんじゃん!」「秘密の場所考えてさ〜」

息子 ニヤニヤ 笑「いいね〜」

妻「そんな馬鹿さ加減がかわいいね」

私「確かに!笑」

本当 遺伝って凄いです。