約10メートルのモチノキを剪定しました。

剪定前



剪定後



普通はモチノキを刈り込み剪定する事が多いですが…

これだけ大きなモチノキは透かし剪定した方が作業が早いし綺麗です。

今日は全国的に雨予報でしたが…

都内は朝方少し降っただけで1日曇り空で涼しく剪定しやすかったですね。

なので…

明日まで予定していた剪定作業を今日1日で終わらせ、明日の本降り予報に備えました。

朝から忙しく剪定した甲斐があり無事に終わり「ホッとしています」

自分で「庭師になろう!」と決めてから5年 独立してから3年を過ぎましたが…

「本当にどっぷり庭師です」

庭師の定番 仕事 「剪定・手入れ」

今の時期と10月後半から年明けまで個人のお客様だけで剪定の予定がうまってしまいます。

冬は伐採

剪定・伐採の合間に庭造りを掛け持ちして…

自分で決めた事に対して真っ直ぐ突き進む性格は子供の頃から変わりませんが…

自分の趣味の時間が一切なくなりました。

今は庭師が趣味&仕事ですかね!!

「おっ 趣味が仕事って…」

賛否両論あると思いますが…

人生で仕事をしている時間が1番長いんだから私は「goodです」






このカツラの剪定も3年目になります。

私の剪定を気に入って頂き毎年ご依頼ありがとうございます。

剪定前



剪定後



これでも枝を結構 伐っています。



違う カツラの剪定前



剪定後 

一見すると中の枝だけを伐っただけに見えると思いますが…

簡単そうに見える事ほど簡単ではないんです。



場所を変えて続いては シマトネリコの剪定前



剪定後



今年の冬はシマトネリコがやられましたね

枯れるまではいかないにしろ お客様から「葉がポロポロ落ちて枯れるか心配」と連絡がありました。
このシマトネリコも同じ内容の連絡がありました。

シマトネリコは本来 沖縄などの暖かい地方の樹木なのでこちらの冬の寒さには弱いんです。
植え込んで最初の冬を乗り越えればある程度安心できますが…

その年の冬の状況によって雪で枝が折れたり 寒さと乾燥で弱ったり、枯れたりする年があります。

しかし枯れていなければ春には元気になります。



まあ自分家の木だと心配になるのは私も同じです。

庭木の日々の変化を心配して調べたり、聞いたりしながら数年経てば その庭木の事が分かるようになる。

家の近所では自家栽培 野菜の話題が尽きないのが分かります。

何でも分からない事が分かると まだ知らない人に話したくなりますよね!!

私も同じです。







1番下の娘がこの間2歳になりました。



他人の子供の成長はやたら早く感じますが…
自分の子供も早いですね



今はまだ人に通じるようには2語分しか喋れませんが…

あと1年もしたら会話が成立するぐらい喋っているんでしょうね

妻が作ってくれた「ケーキ」



「シフォンケーキ」は甘いパンの味でしたが…
チオビタドリンク(愛情)が加味されていたので美味しかったですね。



おじいちゃん・おばあちゃんも次の日に泊まりに来てくれ、いっぱい子供達と遊んでくれました。





2年生の息子は

学校が近いとすぐに家に着いちゃうからつまらない!!と言っていたのに…

今では「学校が近いのはいいね!」に変わりました。



まだ5月なのに気温が連日30度を越していますね。
梅雨前なのでじめじめの暑さはこれからなので 今の暑さは清々しい。

エゴノキ





アオハダ



木々の花も派手さはないけど可愛く咲いています。

子供達も派手さはないけど、可愛く咲いています。

学校が近い我が家は日中 網戸にして涼しい風を感じていると、校庭から子供達の元気な声が聞こえてきます。

風・音は 見えないけど季節を感じるには充分ですね。

目で新緑を!肌で風を!耳で鳥や子供達の声を!

「俺は明日死ぬのかな?」(笑)













今日の「おみやげ」



ブラシノキが満開に咲いていたので

妻にLINEで画像を送信



「いる?」

妻「yes」



剪定して



妻「綺麗〜」



果実だったり切り花だったり!

庭師は妻への手土産が豊富ですね



春になると毎月のように剪定管理させて頂いていた庭に1年ぶりに伺うと…

「意外と伸びてないじゃん」

もっと暴れてる(伸び放題)と思いきや



お客様に事情があり来年また剪定に来れるか分からないお庭ですが…



しっかり剪定管理させて頂きます。





やはり剪定も見てくださる人がいるからこそ「喜んで頂きたい気持ち」で剪定できますが…

空き家の剪定管理は、住んでいるお客様の注文や視線がない分 気楽に作業できますが…

私としては物足りない気持ちです。







何年も前から剪定させて頂いているお客様で2件目ですかね。

playgreenとしては 新たなお客様が毎年増えているので仕事に影響はないにしても、植木剪定の技術を成長させてくれたお庭がまた1件…


やはり全て始まりがあれば終わりがある。

出会いがあれば別れがある。

生きていくうえで避けては通れない道ですね。











幼稚園の入園式に制服を着なかった娘。

「こりゃ〜卒園式まで着ないかな?」

なんて期待していましたが…



早くも制服姿を披露してくれました。





毎日 幼稚園に行く事で

「私は幼稚園に行かないといけないんだ!と」

自覚したのか?

「しょうがないな!と」諦めたのか?

娘にしか分からないけど…

親とすれば娘の心身共に成長した事は嬉しいですね。

下の娘の方が毎日 「ルンルン」で幼稚園の送り迎えに付き添います。



この間の遠足も行ってくれたし!



子供の頃は男の子より女の子の方が成長が早い分、 適応力もあるのかな?

「いやいや本人の性格でしょ」

子供達のちょっとした成長でも嬉しく思えるのは 子育ての醍醐味かも知れませんね。

あれから連日 剪定作業に追われています。

今日は午後から時間が取れたので「家の庭も剪定しなくちゃ」

カツラ 剪定前



カツラ 剪定後



シラカシ 剪定前



シラカシ 剪定後



コナラ・ヤマボウシ 剪定前



コナラ・ヤマボウシ 剪定後



その他 ハナズオウ・スモークツリー 剪定後



私の剪定は自然樹形を崩さず一見「何処を伐ったの?」と樹木に優しい剪定です。

画像だとさらに何処を剪定したか分かりづらいです。

普通の人は「どうせ すぐに伸びるんでしょ!!」と思われるかも知れませんが…

バッサリ伐った方が樹木が乾燥から身を守ろうと必死で伸びます。

てな!訳で 樹木に優しいだけでなく人間にとっても良い剪定なんです。



最近は私の剪定を気に入って依頼してくれるお客様が増えてきました。

まだまだ (剪定=バッサリ短く刈り込む) という お客様も沢山いますが…

近い内に時代が自然樹形の剪定を求めてくると思います。

ヤマボウシの花 ?



剪定したヤマボウシの花 間近で見ても綺麗ですね!












5月に入り庭師にとっては剪定シーズンになりました。

これから7月までほぼ剪定です。

この黒松を皮切りに剪定の感覚を取り戻します。

剪定前



剪定後



剪定中



枝が混み合う所は木にのぼったほうが剪定しやすいです。



これだけ大きい黒松は依頼するお客様も「クレーンあるの?」と始めに聞かれます。

無くても剪定は出来ますが…余分な日数がかかり料金にも影響します。

松・マキのような周りから剪定する樹木は高所作業車はかなり重要なアイテムです。




クレーンが無ければ依頼すらなかったかも知れません。




なにはともあれ 今回で2年目の剪定でした。

お客様「また来年もお願いね」

有難いお言葉!!

来年も綺麗に早く仕上げる為にクレーンの置く位置や、何処の場所から剪定すれば早く剪定できるか!

昨年の剪定でこの芽吹き方!!来年の枝葉はどう伸びるか?



同じ黒松でも私が剪定する度に「私の個性・センスが徐々に現れます」



1人で2日間かかりますね。

剪定も仕事となると時間です。

「どうにか1日で終わらせたいな〜」






ゴールデンウィーク最終日

竹林の整備です。  

整備前



整備後



昨日 草刈りをして 今日は竹の間は引きです。



崖を何度も登り降りするので足場を作りました。



整備前と比べると大分違いがわかりますね






しかし 昨日は暑かったですね!!

2人で整備するには肉体的に疲れますね。

せめて崖でなければ…



まあ〜ケガなく無事に終わり お客様に喜んで頂けたので良かっです。

今年のゴールデンウィークはほぼ仕事でした。
明日からも勿論 仕事です。

やらされている仕事ではなく自らやっている仕事なので全く苦ではないんですが…

仕事が忙しいと、遠くに旅行に行きたくなる性格なので 今から夏の逃避行の計画をたてるかな!!



ドライブ好きなのでわざわざ遠くまで出掛けますが…

1番身近に新緑があります。





年々 良くなる樹木達



上からの景色はまるで雑木林



私達夫婦は好きな庭ですが…

お客様「私の自宅にも同じ感じの庭を造って下さい」

非常にありがたい依頼を受けました。




やはり緑は癒されますよね