今日も猛暑。

夏だね~



午前中1件目の剪定に



何処を剪定したか?

画像では分からない剪定。

実際に見ると分かります。

梅雨明けして猛暑日が続くと



蜂が元気になります。



今シーズン2回目

そして本日2個目



35度を越えると蚊がいなくなるが、蜂が旺盛に・・・



そして2件目の剪定へ



これだけ暑いと・・・



すぐさま車内へ避難。



30分程で小降りになり



無事に剪定終了。



一雨降るとだいぶ涼しく感じます。

殺人的な猛暑・ゲリラ豪雨による水害。

地球様に生かさせて頂いていることを実感する今日この頃。




「北海道の気温23度ぐらいだったな~」

「激暑い・・・」

何を思っても涼しくはなりません。



松の葉が道路に落ちれば、すぐに枯れる



今日は40度ぐらいあるね・・・

無風だし・・・



1日中 炎天下

剪定前



剪定後



雨にめげて・風にもめげて・暑さにまいり・寒さにも弱い・・・



こんなんでも外仕事を20年以上続けています。





暴風雨で足止めを食らった北海道。



マイナスもプラスに考え、函館周辺で行った事のない観光地へ



パン屋さんへ



貸し切り家族風呂へ



そして北海道バイバイ



3年前に来たけど、休館日だった

「青森県立美術館」



センスを磨く為に芸術作品をじっくり観察







良い作品は何が良いのか?



深いね~



仕事・プライベート 全てに大事なセンス



忙しくても良い作品を見てまわらないと、センスがなくなり 硬い頭になってしまう・・・

今回の旅行も硬くなった頭をリフレッシュする良い旅になりました。



そして 埼玉に戻れば・・・

梅雨明け



温度計で39度。

私の嫌いな真夏日に突入してます。









子供達が夏休みに入り、混むお盆休みを避け 最北端へドライブ。



運転好きな私は一気に 青森県 へ



ウニの貝殻をゲッツ



大間からフェリーで約1時間半





函館へ



2泊目はキャンプ場で車中泊



予約なしで突然行って 1泊 320円



ゴミを捨てられ、トイレ完備。

無料だけど・・・気を使う道の駅より

キャンプ場いいね!!



積丹半島



サロベツ湿原



無人駅







北海道ならではの景色



最北端の水族館



ここまで来れば田園も港も岬も何でも最北端!!



片道1540キロ





人混みとは無縁なドライブ旅行。

ほとんど人がいない最北端までの道のりも至るところで 「コロナ対策」



コロナの影響 凄い。

日本人ならではのルールを守ることに安心感を得る民族。

感染を防ぐことより共存する事を宣言し、経済と感染の両立を図る為に1人1人の意識改革が必要かも知れません。


明日からどの道を通って帰ろうか??

旅行しながら明日の予定を決める。

スマフォのお陰で、ツアーコンダクターも年齢層を高めに設定し、必死なことがうかがえます。



気ままなドライブ旅行は教科書では教えてくれない発見をし人間力を高めてくれます。

この後 台風から熱帯低気圧に変わって北海道に上陸した、暴風雨の影響でフェリーが欠航する事態に・・・




7月も最終日。

とうとう梅雨があけずに8月入りです。



「何だこの実は?」



-青ツヅラフジ-

不思議な実です。



7月31日は山の斜面を手入れ中

右側が手入れ後

サッパリ刈りました。

ではなく・・・斜面の崩れを防止する意味もあり斜面を覆う草木を残して、山の斜面を剪定です。






やはりうっそうとした斜面に、いない訳がありません



今シーズン 初 刺され




蜂に刺されて身体を動かし続けると毒がまわりどんどん腫れてきます



今年は蜂が少なく蚊が多い長雨気候

それでも刺される職業、庭師&山師 その他の職種・・・

私が一つでも多く巣を除去すれば刺される人が1人でも減りますよね?

そんなモチベーションで毎年10個ぐらいは蜂の巣を駆除しています。



午後から多少晴れ間があり、これからくる梅雨明けを感じさせてくれました。















今日も雨降り。

そして日曜日。

息子を連れて剪定へ



雨で家にいるよりは 「チョキチョキ」 する方が楽しい。



飽きたらコンビニで 「好きな物買ってきな」



日曜なので下の子達を連れて昼飯を持ってきてくれました。



そこで 庭師になれるか??

技能検定

11尺(3.3メートル)の脚立の天辺に立つ。





小学5年生



小学1年生



幼稚園児 年中



1番下の1歳児はまだ早い・・・


11尺の脚立の天辺に立てれば大半の庭木レベルは届きます。

これ以上 高い木は登って中から剪定。

とりあえず我が家は体幹が普通にありそうです。


じきに妻から庭師デビュー予定。











本当に雨ばっか



諦めて雨降りでも手入れ・剪定に



雨でも剪定した松は綺麗



そんな日も世間は連休中

街中を車で移動すれば・・・

お祭りか??

自粛規制が解除されれば自己責任!!




まあ 世間がどうであれ私達は庭の中



そして剪定を早めに終わらせ来月施工の庭資材を取りに市場へ





雨でも自粛でもGO TOでも

庭師は庭に入り浸り中










庭師の通常業務は「剪定」

庭木を元気よく爽やかに剪定します。



ただ切れば良い訳ではありません。

考え考え考えてきる。



言葉で説明して教えてできるようになる剪定ではありません。

出来ないことを悩み、遅いことを悩み、ひと枝切る度に悩み。

悩まずにきっている人はそれだけで一流とは無縁。

何年経っても考え考え悩み鋏を入れる。



1日があっという間に過ぎる通常業務(剪定)





重要な仕事が一段落した土曜日の朝

「ザーザー降り」

予定していた剪定を延期させて頂き、従業員は休日に。



私はテラスにタープを広げチェーンソーの整備から



そして次の作業の準備の為 材料を仕入れに行き・・・

数年前に庭を施工させて頂いたお得意様から

「雨続きでレンガのスロープが滑るからどうにかならない?」

とメールを頂き。



すぐ駆けつけました。



今年は雨が多いのでウッドデッキにもコケがはえる程 じめじめ。



高圧洗浄機で磨きあげようと思いましたが、梅雨明けは、まだ先。

ひとまずゴムマットを敷いて梅雨明けしてから高圧洗浄機でコケを落とすことに。



それにしても良く成長した樹木



徐々に完成形に近づいて来ました。

そして今日の夕飯は同級生が営む料亭へ





子供達ものんびりできるように一番広い座敷を用意してもらいました。



大人な料理に子供達は

「俺も大人の仲間入り?」



私 「今登ってきた階段が大人の階段だよ」(笑)

私達の年代でないと伝わらないネタ。

子供 「えーまだ大人になりたくないな~」

妻 「階段降りればまた子供だから平気」

子供 「お父さんとお母さんは?」

私 「もう子供には戻れないから平気だよ」

意外な心配をする子供。

そんな会話の後は お座敷遊び(笑)



階段のぼったんだけど・・・



「ご馳走さまでした」

絶品料理の数々さすが料亭。

今度は大人だけで来たいですね。







今週は剪定・伐採ウィーク

先ずは さいたま市盆栽町へ



剪定後



そして 国分寺市へ

ヒノキの伐採





下で枝を片付けている従業員が・・・

従業員 「蜂がいっぱい飛んでます」

私 「何匹?」

従業員 「3匹ぐらいです」

私 「3匹ぐらいなら花の櫁を吸いにきてるだけだから平気」

「5匹ぐらい飛んでいたら教えて」

従業員 「5匹以上飛んでます」

私 「はっ?」

  「あっ 巣が見えた!」

  「そうーと慌てずゆっくり離れて!」

従業員の頭の周りをスズメバチがブンブン

私 「刺されなかった?」

従業員 「痛くないから平気だと思います」



次の木に登るとまたもや遭遇



今年は雨が多いから蚊はいっぱいだけど・・・

蜂が少ない。

そんな話しをしていた最中。

誰も刺されなかった事が幸いです。



とは言いながらも次の木を登り



数本伐採して強剪定

あっという間にトラックには枝・幹・葉が満載





3日間を予定していた現場を2日で終わらす。

クヌギには夏を感じるカブトムシが数匹





連日 降ったり止んだり ラジバンダリ(笑) 

もういい加減 雨はいいかな。

しかし夏の晴天を思い出すと・・・

まだ雨の方がいいかな!!