子供達の夏休みが始まりました。

大人になるに連れすっかり忘れてしまう夏休み。
子供が学校に通う頃にまた思いださせてくれます。

そんな夏休みのはじめ 家の子が通う幼稚園の建て替えに伴い古い校舎を解体する日がきました。



解体間近の校舎には卒園生やら沢山集まっています。



『好きな所に落書きをして良いですよ』



色々な所に思い思いの言葉が並びます。



さすがに『夜露死苦』などの落書きはありませんね (笑)



なんかドラマのシーンを見ているみたいで!『ジーン!』ときます。

構造物は生きていなくても人それぞれの思いが蓄積され、まるで生きている樹木のような存在感を出しますね。



その後 

ときがわ町の山田屋さんにかき氷を食べに行きました。



混んでいるけど…すぐに店内に入れます。



やっぱ35度ある日は かき氷 ですね。



かき氷を味わった後はすぐ下を流れる ときがわ町の都幾川で散策



『ちょっと寄ってみよーか!』



ちょっとで済まないのが子供。

何でも 『ちょっと…』『少し…』

からの…

『ちょっとまって~』『まだいいでしょ~』

『早くしなさい!!』『もう帰るよ!!』

毎回毎回のやり取りに父ちゃんは…

父ちゃん『先行ってるよ~』

子供『ちょ・ちょっとまってよ~』

『キムタクか!!』

そんな夏休みの始まりです。





今日は普段あまり見かけない樹木「クマシデ」を剪定しました。



ビールのホップに似た花が一面に垂れ下がっています。



私は好きな樹木ですね




剪定後

どれがクマシデか?

1番太い奴です。



ここのお庭は他に大きいアオダモなども植えられていて、とても雰囲気の良い庭です。

しかし…

理想は剪定後の画像ですが…実際は草が生い茂り人が気軽に入っていけない程 放置されていました。

庭の良い雰囲気を保つ為には人為的な管理は欠かせませんね。
庭師が忙しい訳です。

そしてようやく梅雨明け宣言されて…「い・い・今更ですか!!」

「もう夏は終わってくれ!」

外仕事の人は大半が思っていると思います。

最近の気候からしてゴールデンウイークが明けたら夏でいいんじゃないの??










最近 剪定をすると必ずと言って良い程 蜂の巣を見つけます。

今日も見つけました。



今年は蜂が多いのは関東地方に雨が少ないからかな?

蜂の巣駆除も庭師のサービス!!

庭師は蜂・ブヨ・チャドクガ・ツツガムシなど 生命の危険を脅かす虫がいる中での仕事だという事を世間の人に知ってもらわないと…

それはそうと!!

この間の丸沼高原ドライブ帰りに寄った 

『農産物直売場』



『谷川茸!?』

『谷川岳じゃなくて…』

そんな茸あったんだ!!




ダジャレ好きな日本人は本当なのか!嘘なのか!

一見 分かりませんね。

『エリンギとバイリングを掛け合わせてできた品種を地元の谷川岳に改めて生産している』

なんて書いてありますね!

やっぱね!!


炎天下での仕事が続き…いい加減 丸一日の休みを取ったほうが身体のために良いな!!

なんて考え予定を組み直しました。

休みといっても家でのんびりする訳ではなく自然のクーラーを体感しに 

わざわざ『丸沼高原』へ行きました。



良い場所を見つけて昼飯の準備





子供達には

『親の目の届く場所で遊びなさい』



私は汚い足を投げ出し短い間でもウトウトする事ができました。



そして妻は子供達のお迎えに



2年前丸沼高原にキャンプに来た時は作りかけだった『ツリーアドベンチャー』は昨年オープン



息子と妻がチャレンジです。



下の子 二人はトランポリンに夢中



ツリーアドベンチャーをしなくても楽しめるアイテムが設置されてます





夏の丸沼高原は私達には魅力的です

この間ディズニーランドに行った時より長居している私達はやはり自然派家族!



そんな自然派 家族は世の中 沢山いますね。

週末の丸沼高原は野生動物も近寄れない程の賑わいです。



私達がキャンプをする時は人が少ない平日にしよう

人が少ない丸沼高原キャンプ場の夜は野生動物が賑わいを見せてくれます。

そういう自然の姿も子供達には感じて貰いたい大事な要素です。




勿論 自然と言っても人間が管理している範囲の自然ですけど…



今日はウッドデッキの塗装です。

塗装前



塗装後



塗料の選別を悩みましたが…

塗ってみて確信「同じ色だ!!」

この段階で8割は成功です。



1度塗ってから乾かして2度塗りです。



たまに違う作業をすると神経使います



お客様に「綺麗になったね〜」と言われ無事に終わる事ができました。

色々な事を仕事にすると楽しいですが…

毎回 失敗の許されないプレッシャーとの戦いです。





今日も暑かったですね!!

天気予報で34度になると言ってました。
そんなやる気を失うような炎天下の中 コニファー(ゴールドクレスト・コノテガシワなどの針葉樹の総称)を5本 抜根(ばっこん)しました。

抜根前



抜根後



抜根中 先ずは上部分を伐採します。



そして重機械(ユンボ)が入らない場所の為 チェーンブロックを使って抜きます。



暑い!そしてチェーンブロック凄い



久々に使うチェーンブロックは「こんなに力あったっけ!!」



しかし手作業が大半な為 34度で穴掘りは熱中症との戦いです。



剪定してからの抜根作業。

明るい内に終わって良かっです。

チェーンブロックは凄いけど… 

「やっぱユンボがいいな〜」






この間 キイロスズメバチに刺されたばっかりで、今日はオオスズメバチの巣を発見



こいつに刺されたらヤバいですね。

デカイし…

石田君が『蜂がいます!』

刺される前に報告があり!

私『何の蜂?』

石田君『クマンバチ?』

私『クマンバチは違うだろ!』

石田君『デカイ奴です』



通常買うと値段が高い蜂用のスプレーも秋には値下げされているので、去年2本買っといて良かった。




このスプレーは直線的に噴射されるので、攻撃してくる蜂を狙い撃ちできます。

大群で攻撃してきたら『逃げる』

ですが…数匹の攻撃なら『シュッ・シュッ』

オオスズメバチが攻撃してくるタイミングは他の小さい蜂よりゆっくりかもしれません。



今まで刈り込み剪定されていた 仕立て物のマキを透かし剪定しました。

剪定前



剪定後



結構 透かしましたが…一見あまり変化が分からないの角度を変えて下から見ると



上から見ると



この剪定のほうが、直射日光を葉で受けて光合成ができ 日が当たらない箇所の枝葉を無くす事で風通しが良くなり 人工的に仕立てられた植木にとって 良い剪定です。



ただ刈り込み剪定の倍以上の手間(時間)がかかります。

その他の植木も全て透かし剪定。

剪定前



剪定後





私の得意な透かし剪定を気に入って依頼くださるお客様が年々増えて来ました。

透かし剪定は技術よりセンスが重要です。
何十年も剪定している庭師さんでも出来ない人が沢山います。

車の運転を何十年していてもドリフト(車を意図的に滑らせて走行)が出来ないのと一緒かも知れません。

そして、サツキの低木を植え替えて欲しいと依頼を受けて

植え替え前



植え替え後



こちらもセンスが重要です。



お客様のご要望通り!いや!それ以上のセンスで植え替えないと…

私はこっちはあまり自信がないですね!

この規模は自分で考え植栽しますが…

基本的には妻と相談して植栽計画を練っています。







木に登り伐採をする時に毎回 新品の手袋(軍手)を使います。

なぜなら…



新品が2日間使用でこんな感じです。

勿論 手袋の商品により差はありますが、

頑丈な手袋は滑るし、細かい作業の時イライラするので却下。

滑らずにグリップがあり手首の所を締める物が着いた手袋が好きですね。

手首の所を締める物がついていないと、木を強く握る時に木の皮に引っかかり脱げてしまいます。



見てる人は「簡単そうにやってるな〜」なんて見える作業も実はガシガシです。



剪定は7日間位でボロボロ



庭施工は5日間ですかね



作業内容により手袋を使い分けているのは私のこだわりです。

しかし最近の手袋は色々な商品が売っていて

ワークマンの軍手売り場だけで30分は居られますね。

ワークマンで売っている軍手もほぼ使ってみたかも知れません。


庭師の剪定に刈り込みは欠かせません。

刈り込みとは…



枝先を丸く切り揃える事です。

小さい木は勿論 大きい木も刈り込みをする木があります。

私 個人的には刈り込みをする木は病気や虫が発生するので…好きでないし お薦めしません。 

しかし お客様の移行や場所・木の種類・剪定料金・時間短縮などの事から刈り込みは欠かせません。

そして刈り込みを行う鋏は



刈り込み鋏と言っても、樹種によっていろな形の刃があります。



でも 最近は鋏は使いません。



電動バリカン(トリマー)

マキタやリョービなどの電動工具メーカーが出した商品



個人の庭はこのトリマーがあれば刈り込み時間が大幅に短縮できます。

規模が大きくなれば エンジントリマー を使います。(エンジンは重いので疲れる為めったに使いません)

そして最近導入したトリマーがこちら



前から存在は知っていましたが…

『いらないっしょ』

と 思っていて導入しませんでした。



だけど…何でも実際に使ってみないと分からない!!



『いいね~』

かなりの時間短縮になります。



たまに『道具があるから綺麗にできるんでしょ!!』

なんて質問を受けますが…

鋏で綺麗に刈り込みが出来ない人がトリマーを使っても綺麗に刈り込みできません。

道具は使える人が使う事で『スゲー便利』と感じるものです。

逆に考えればトリマーで綺麗に刈り込み出来れば鋏でも綺麗に刈り込みできます。

トリマーは庭師にとって時間短縮の便利なアイテムなんです。


時代と共に便利な道具はどんどん防虫です。

(笑) 導入です。