今日は雑木林にある、枯れたクヌギの伐採です。

画像が横向きですが、下からだと20メートルはあります。



先ずは色々とロープを張り巡らしてから、上半分をロープで吊り伐りです。



直径70センチぐらいあるので、枯れていても私が登ったぐらいでは簡単には倒れません。



上半分を伐った後は チルホール(手動ウインチ)を使い引っ張って倒します。




伐採後






さてさて午後は後片付けです。





伐採は後片付けも非常に疲れる作業ですが…

無事に終わったことに感謝です。






今回の体調不良も長引きました。

やはり仕事をこなしながら治すので仕方ないのか!?私の体質の問題か!?

とりあえず体調回復したので一安心。

私はこれから伐採シーズン突入です 体調不良で木登りは危ないですからね。

先ず足慣らしに小さいカシワの木を伐採して感覚を取り戻します。



やはり頭で理解し身体で覚えた事は忘れませんね。



何回 木に登っても 緊張します。

慣れてはいても同じ状況の伐採はないので、毎回 緊張です。

緊張を取り除く為に現場確認&スマフォで撮影した画像を眺めては、イメージトレーニングや
段取りを考えています。

この緊張感を乗り越え安全に現場が終われば得る物は計り知れないですね。

auのCMで流れている「やってみよう」歌(WANIMA)

歌詞で「やってみよう!始めは誰でも初心者なんだから♪♪」私の好きな言葉ですね!!

この前向きな歌詞はまるで「俺のこと?」

私の仕事は全て「やってみよう〜♪♪」から始まりました。



「デッキひろっ」



まだ 更に広くなります。

良くここまで1人でやったもんだ。

この現場が終わったら当分 ウッドデッキはお腹一杯です。




朝晩 大分寒くなりましたね。

そんな季節の変わり目は体調を崩しやすいので注意しなければ…

だけど私は11月に入りずっと鼻水タラタラ!腹痛&だるさに悩まされています。

丸1日ゆっくり休めればいいのですが!!休めなくしているのは自分です。

そんな中 梅の木を移植&抜根・整地・剪定作業です。

整地前



整地後



梅の木を移植します。






仮置きしてからの…



植栽



移植の合間に みかんの木 剪定前



剪定後 お客様のご要望もあり スカスカに剪定しました。



庭木を移植したり・抜根したり・剪定したり 

作業事態は何の問題もないのですが…

たまにくる腹の激痛!そして鼻水タラタラ!!

「あ〜 金より時間より!やはり健康が1番」

なんで 私は健康を3番目にしてしまうんだろう?

他人に言ったり!文章では書けるけど 

仕事(時間・金)私の場合(趣味もプラス)

そっか!!

趣味=好きな事

だからか!!










庭師・植木屋・造園業にとって剪定シーズンに突入しています。

庭師の私は個人宅や会社を経営されている方や病院などで公共は一切ありません。

そして得意の透かし剪定を気に入って頂けるお客様だけになりつつあります。

カシノキ剪定前



カシノキ剪定後



そして石田君が透かし剪定したキンモクセイ

剪定前



剪定後



その他 モッコクも透かし剪定



都心の交通量がある道路沿いに面しているので 目立ちますね。



一見 控え目を装っていますが…実は目立ちたがり屋な私…

自信のある事は「皆〜見て!見て」



なんて…内心思ってます。

どんな大きさの樹木でも透かし剪定出来ると自信過剰な私。

打ちのめされる日はすぐそこかも知れません。









人感センサー・明暗センサー・LED 見た目はレトロ調だけど…

機能はバッチリなガーデンライト





インターホンと門のライトも新しく



ライトを付けると雰囲気が一段と良くなります。





今日はもみの木に電飾取り付け作業です。



取り付け中



こういった作業はクレーンがあると助かりますますね

一番上も楽々取り付けできます。




カゴからの眺め




取り付け後



一応 電灯させて確認。

お客様に『OK』頂きました。


庭師だけど…

電飾取り付けも…

たまには…

やるかも知れません。






10月は雨が良く降りましたが…

11月に入り秋晴れが続いていいですね

祝日の今日は欅の剪定です。

剪定中 画像右側が剪定前です。



一回り小さくしました。
画像で比べれば小さくなっているのが分かると思います。

剪定後 



私は剪定しませんが…街路樹のケヤキが可哀想な姿にされているのを良く見かけます。

『樹木はどこから切ってもすぐに伸びる』

この間違った考え方が変わらない限り街路樹のケヤキは少しづつ枯れていきます。



ここのケヤキも可哀想な姿から良くここまで復活してくれました。

人の出入りが多い場所は色々な人がいるので、植木に対する考え方も様々です。

全ての人達に理解されるには時間がかかります。






私の妻は仏像好き…


私『仏像の何がいいの?』

妻『仏像美!』

妻『仏像の芸術性がいい!』

妻は大学生の時に仏教美術を専攻していた程…

そんな訳で数々の寺院や仏閣に仏像を見に行く旅行には結婚前に良く行きました。

そして…そんな仏像達が東京・上野の博物館に集結される(運慶・系列だけですが)

妻『い・い・行きたい!そして出来れば人が少ない平日に』

そんな訳で平日に『運慶展』に行ってきました。




妻『めちゃくちゃ混むからね』

私『仏像好きな人ってそんないんの?』



『なめてました…』

年齢層は高めですが…平日だというのに1時間待ち。

私達は予想して開園1時間前から並び最前列で ゆうゆう 見れました。




いまだに私には仏像美は良く分かりませんが…

鎌倉時代に作られた仏像が現代人にこれだけ受け入れられている事は凄い作品だと思います。

美術品は現在の人達に理解されなくても、次の世代の人達に受け入れられる事が重要だと私は思います。



植栽や庭施工・剪定なども一緒で次の世代に受け入れられる庭を作る・剪定をすることが庭師が生き延びる術だと日々感じています。

仏像という私にはまあり理解出来ない分野ではありますが…参考になる事は沢山ありましたね。



私が行きたかった『東京モーターショー』には行かず『運慶作品』を見に来た事は良い選択だったと思います。







文句を言っても仕方ない事ですが…また雨ですね。

多少雨が降っても剪定はできるので、お客様の心遣いを「平気ですよ」と…

いや「雨降っててしっかり剪定できんの?」という心遣いかも知れませんが、どちらにしても「平気ですよ」と剪定作業を行います。

コナラの剪定前



コナラ剪定後



その他 カツラ・イヌシデ・ヤマボウシ・シラカシなどの剪定前



剪定後



ここのお庭は3年前に私が植栽させて頂いた庭です。

3年経ってとても良い雰囲気に樹木が成長してくれています。



樹木の根元はお客様自作のデッキがあり木陰を楽しめる感じです。



雑木林の庭にしたいと依頼を受けて植栽したお庭です。

年数が経つに連れ樹木の成長が良い雰囲気を作ってくれplaygreenとして1番の宣伝です。

まだ数件 雑木を植栽したお庭があるので良い雰囲気になった所で当社のホームページに掲載していきたいと思います。


住宅地の大木を伐採もしている私ですが…

住宅地であっても樹木を1本でも多く植える事は「大事」と私は考えます。