お客様から電話があり「佐野さんタケノコ掘るか?」

私「いいんですか!!行きます」

仕事の後 現地集合で子供達を呼んでお客様の竹林へ



お客様「何本でもいいから掘れるだけ持ってって」





去年も掘らせてもらいましたが、子供達には良い経験です。





30本位掘ったかな!!

来月はこの竹林を管理に伺う事を約束して タケノコを有難く頂きました。

本当に感謝です。

そして次の日 妻がタケノコ料理を作ってくれました。



「うまっ」

掘ってきたタケノコを食べるっていいね〜




道路沿いで通行人から苦情がでていたコナラを伐採しました。

伐採前



伐採後



伐採前 別角度



伐採後 別角度



こういった場所は防犯上よくないですね!!ゴミを捨てる人達もでてくるし。
今回 地主様に依頼を受けて伐採中に

通行人1「この木を切ってくれるんですか!!ありがとう!」

通行人2「明るくなってよかった」

通行人3「ご苦労さまです」

など… 何人もの人に感謝の言葉をかけて頂きました。

地主様も色々と言われていたみたいです。

伐採中



道幅も狭くトラックを横付けしてカゴ(クレーン)で伐るにも交通の邪魔になる為 木にのぼります。



高所作業車を使って伐る電力会社の人達や造園会社はありますが…

木にのぼって伐れる業者が中々いないと地主様も言っていました。



私にとっては電線があろうが「のぼって伐るのは簡単ですが…」



この幹を撤去するのが大変です。



また家の畑に大量の幹が追加されました…



これで一先ず今シーズンの伐採は終わったかな!!

ただ木を伐るだけですが…一つの現場が終わるごとにスキルアップしているのが自分でも分かります。

やはり始めは誰でも素人!!

諦めない事と考える事でいつの間にかプロフェッショナルになっていますね。








連日の伐採で疲れがたまっている為、今日は休みにしました。

そこで 春休みから子供達と約束をしていた

映画「ドラえもん・南極〜」を見に行ってきました。

1番下の子はまだ映画をじっと見ていられない為、妻と買い物

そして私が二人の子供を連れて映画鑑賞

息子「お父さん寝るね!」

私「多分…」

ドラえもんの映画は子供が出来てから何回か見に行ってますが…意外と大人も楽しめる内容です。

しかし

ドラえもん&のび太達が絶体絶命のピンチを乗り切る1番のシーンで…

娘「とうちゃん・トイレ…」

私「我慢できないの?」

娘「うん!もれる」

1番のシーンを見れなかったですね

ジュースを氷までガチャガチャ食べてるから「こりゃトイレ いくね!」

と思っていましたが…

「ここでか〜」

そんなんで私は寝ずに映画を鑑賞できました。

帰りがけに 天気が良いし子供達を外で遊ばせようと立ち寄った

「狭山湖」



私が高校生の頃 体育の授業でこの場所を走った思い出があります。



あの頃はまだ舗装もボロボロで水溜まりがあったような記憶がありますね。



あれから23年



色々と整備されて 散歩コースに良い所になりましたね





妻と「この辺がトトロの森付近だよね!」

私「そうじゃん」

私「そう言えば 七国峠って青梅市の花木公園のほうにあるけど… サツキって本当にメイを探して走って行ったんかな?」

「20キロぐらいあんじゃね〜」

妻「作り話でしょ!」

何て どうでも良い話しをしながら散歩しました

交通手段の発達していない時代は産まれてから死ぬまで市内を出た事がない人が沢山いたと私のお婆ちゃんに聞いた事を思い出しました。

今は日本中どこでも行けます。

いやいや 世界中どこでも行けます。

後 50年後には他の惑星に旅行できるようになっていれば、人の考え方・価値観など全て広い視野になっているんでしょうね。





伐採をすると大量にでる枝葉&幹



1日がかりで後かたづけ…

枝葉はチッパーで粉砕して幹は積んで置きました。



薪ストーブを持っているお客様や近所の人や たまたま知り合った人など数人に声をかけさせて頂き「薪なら無料であげますよ」と持って行ってもらうように話しをしていますが…



「個人レベルでは持って行くにもたかが知れていますね」

軽トラック1台分持って行ってもらっても「全然減らんの〜」

「むしろ増えている…」



ここで宣伝させて頂きます。

「薪が欲しい方は 無料 で差し上げます」

ただ取りに来て頂く事が条件ですが…



コナラ・クヌギ・エノキ・銀杏・みかん・梅・ヒマラヤスギ・カキ・桜など 樹種は様々で、伐り方も不揃いで品質は良くないですが…

それでも宜しければ「どんどん持っていって下さい」






家の庭にタンポポ



吹くよね〜



この前咲き出したアオダモの花もそろそろ満開

香りが凄い



シジミバナ



ハナズオウ・フォレストパンシー



ヤマボウシにコナラの新緑



巾着田の菜の花&桜



花を見て「ホッとする」乙女だね〜

見た目はゴッツい!おじさんだけど…


私の持論では人は見た目と中身(性格)は逆と思った方がええですよ。

七割ぐらい当たりますよ。。






ノーマルタイヤの溝が減り交換時期になったのを口実に…

「ホイールも変えていい?」

妻を説得しました。

交換前



交換後



ホイールは(MKWー46 GB )

タイヤは(BFグッドリッチ・AT KO2)



デリカD5にとっては定番のホイール&タイヤかもしれません。

私個人的にはインチアップしてもっと太いタイヤを履かせたい所ですが…

良く行く コストコ&IKEAの立体駐車場に入れなくなるので断念です。

まあルーフボックスを外せばいいんですが…



私は今も走り屋系の車が好きなんですが…

家族がいてライフスタイルが変わればゴツいRV車がいいですね。

妻「いやいやワンボックスでしょ!!」

私の趣味半分・家族の事半分で デリカD5 です。

久し振りに経費にならない高額商品を買いました。

また家族でドライブに行くのが楽しみになりました。






先週から始めた木登り職人。

今日は1日で9本伐採して2本透かし剪定しました。



スルスル登り1本伐採するのに画像ぐらいの木なら30分かからない位です。



お隣さんに「伐りグズを掃除させていただけますか?」と声をかけに行くと…

お隣さん「クレーンも使わずに上手に伐るから、家の大木もお願いできるかしら?」

私「ありがとうございます。出来ますよ!」



近所の人達は見ていますね。

私にとっては自らの作業が良い宣伝です。

住宅街でクレーンの届かない場所の高い木、私ならあっという間に伐りますよ。













まだ3日ですが…伐採は肉体的に疲れますね。

「木登り職人か!!」自身に突っ込みを入れたくなります。i









実際は木に登り伐る時間より 伐った枝葉・幹をトラックに積み込む時間のほうが長く重労働。

枝葉積み込みに同業者から手伝いに1人きてもらい非常に助かりましたが…

私の憶測が間違っていた事により予定していたより進みませんでした。

「幹が重た過ぎ…」



人が持って運べる重さってせいぜい60キロ。

30〜50センチに刻んでも100キロ。

1個1個 小型ユンボで運ぶのは時間がかります。

次回は作戦を練り直さねば…








今日からは伐採作業です。

東京都の住宅街に大きなお庭の雑木林です。



庭の周りに新しい新築が建ったので迷惑にならないように隣敷地にはみ出そうな大きな木を伐採します。



先ずはコナラから



このコナラは菌にやられています。




あっという間に1本 伐るのは終了



伐るのは早くても この幹をトラックの停めてある場所まで移動するのに時間がかかります。



今回はユンボを持ってきて運び出す事にしました。



続いて2本目のコナラ



こっちも太い



ある程度 短く伐ったら根元から伐ります。



「ドスーン」振動がするぐらいです



上の方も太い



今日はまだ初日 今週・来週と伐採が続きます。



もう水分の吸い上げをしている樹木は伐ると涙(水)が出てくるし 重たいですね。





庭のクロモジが花を咲かせて始めました。



高級爪楊枝の材料として使われるクロモジ。


そしてアオダモの花



アオダモはこれから徐々に開花していき半月後には満開になると思います。

満開なのなる頃には香りが漂うので鼻で開花を感じられます。



そして満開を過ぎた 寒緋桜


ハナズオウ・ホレストパンシー の花芽



ツルニチニチソウ



春は花の季節。

家の娘が入園式を迎えました。



入園式の前からずっと言っていた

娘「せいふくなんてきな〜い」

ホントに1人だけ制服を着ないで参加しました。



制服を着ない入園式も良い思い出

これから成長するに従い制服を着れるようになるのも良いし!
ずっと着ないで卒園するのも良し!!

大人から見れば凄く小さい事なので本人の意思に任せます。

同じ兄弟・姉妹であっても、また他人の子であっても一人一人個性があるのが普通です。

なるべく一人一人の個性を大事に成長を見守って行ける大人でありたいですね。